【レビュー】ダイキンのエアコンは新型がお得でも取り付け工事前に確認する事があります

・エアコンの取付工事

使用中のエアコンがさすがに古くなりダイキンの新型エアコンに入れ替える事にしました。最新の機能や取付工事の際の注意点などを含めて書いていきます。

・DAIKIN AN40YRS-W

今回取り付けたのはダイキンのエアコン、うるさらXRシリーズ型番はAN40YRS-Wでサイズは14畳用、電源は単相100Vです。このエアコンは2021年製の新型でリモコンが使いやすく大きく改良されています。


今回取り付けたエアコン


ダイキンのAN40YRS-Wです

・使用していたエアコン

これまでは東芝のエアコンを使用していてフィルターなどの自動洗浄機能付きの初期のモデルです。冷暖房機能共に不具合はなかったものの部屋の大きさに比べて少しパワーが足りてませんでした。このエアコンを取り付けた時にはこのサイズ以上だと200V電源に変更する必要があったため取り付けられるエアコンで最大のものを選びました。


東芝のエアコン


自動洗浄機能付きです

・取り付けサイズ

本体サイズはメーカーのページなどで確認出来ますが、取付可能な箇所については記載されておらずメーカー側も販売店まかせのようです。しかもオンラインショップ系で調べても取り付け可能な上部の間など記載されている内容が違うので、実際に工事を仲介してくれる販売店などに聞いた方が確実です。サイトによってはエアコンの上に5~10cmの間が必要とありますが、実際には天井までの間隔が3cmもあれば取り付け可能でした。カーテンレールがある場合などはルーバー部分が下へ開く分の余裕が必要です。


天井ギリギリですが取り付けられます


天井までは3cmも開いていれば取付可能です


同時期に取り付けたパナソニックの調光調色シーリングライト

【レビュー】パナソニックのLEDシーリングライトで調色と調光をしたらテレビの写りまでよくなりました

・外気入れ替えと空気清浄機能付き

ダイキンのエアコンの最大の特徴は窓を締め切った状態で加湿や暖房やをかけながら空気を入れ替えてくれる換気機能がついている事で、これはダイキンだけの機能です。他には給水をせず加湿が出来たり、ストリーマ空気清浄機能やエアコン内部を洗浄する機能がついています。


電源のLEDと右は対人センサー部


ストリーマのロゴ

・室外機のダクト

エアコンは窓用以外は室内機と室外機にわかれていてそれを繋ぐパイプを通す必要があるのをご存知かと思います。ダイキンエアコンは空気を入れ替える機能がついてるため通常のエアコンのダクトに1本追加されているため他のメーカーより太くなっています。直径6cm以上の穴が必要なので室内機、室外機の設置場所以外に必ず事前に穴のサイズを確認しておきましょう。


ダクトの取り付け径に注意

・専用電源

エアコンを大型家電店で購入する場合もオンラインなどで注文する場合も別途取付工事を頼む人がほとんどかと思います。以前は近くのコンセントにさせばエアコンの取付もしてくれましたが、今は店舗によってはエアコン用の専用電源がないと工事を受け付けてもらえない事があります。その場合は別途ブレーカーから電源コードを引く必要があるので工事の担当の方などと相談するとよいでしょう。


ケーブルが短く出ています


エアコン専用のコンセント



・進化したリモコン

セールで販売されているるエアコンはどれも大体1年落ちのモデルでほとんどのエアコンは前年度型で問題ないと思いますが、ダイキンの2020年のエアコンはリモコンの使いにくさから不評だったため2021年モデルでリモコンの使いやすさを改善させているのでできれば2021年以降のモデルを選ぶとよいでしょう。


専用リモコンはかなり大きいサイズです


壁掛け可能です

・本体がよく話す

このダイキンのエアコンのスイッチを入れるととにかくどのモードで運転しているなどよく話します。このエアコンから聞こえる声があまりにうるさいので、設定をリモコンで変更して音声をオフにしたら”音声をオフにしました”的な事を大声で言われ、そこは黙ってオフでよいでしょうと日本製品なところをみせてくれます。


ガラケーのようです


明るいLED表示です

・使い勝手は

除湿機能は素晴らしく立ち上げ時と運転時を問わずパワー十分で今までエアコン効果が出るまで時間がかかっていたのが一瞬で部屋がカラッとなります。更に真夏にクーラー機能を試したら追記しようと思います。

・追記

気温30度以上の暑い季節になり除湿と共にクーラー機能を使いだしました。さすがの最新型だけにクーラーの立ち上がりはよく部屋の気温が短時間で安定します。以前使用していたクーラーは10畳用だったのもありますが、比べるととにかく風量が大きく違い室内の空気を入れ替えるスピードが全然違います。風が大きく出るだけに風の音がかなりするので座る位置からは出来る限り離したほうが快適です。対人センサーが搭載されているので基本設定はオートでよいかと思います。

・新型がお得

真夏なら別かもしれませんが、エアコンは最近あまり売れ行きがよいとは言えないので新型でも割引率が大きくお買い得感があります。工事もこのダイキンのエアコンを注文した時も週末問わずいつでもいけますと言われたくらい空いていました。現在使用中のエアコンが壊れてしまったのであれば時期は選べませんが、可能であれば夏以外のエアコン工事が混んでない時に新しいエアコンを購入するとより値引き率も高いのでおすすめです。





【レビュー】貝印のちょっと高級な爪切りと毛抜きにしてみました

・高級な爪切りと毛抜き

爪切りや毛抜きなど大手のドラッグストアに置いてある安価なもので十分なクオリティな事もありまず買い替えなど考えていませんでしたが、あまりに長く買い替えていないのと高級なものはどれだけ凄いのか興味が出てきたのもあり貝印の少し高級な商品を試してみる事にしました。使い勝手や旧商品との違いなどを含めて書いていきます。

・貝印の爪切りと毛抜き

続きを読む 【レビュー】貝印のちょっと高級な爪切りと毛抜きにしてみました

【レビュー】エレクトロラックスのエルゴラピードはハンディにもなりこれ1台で十分なコードレス掃除機です

・エレクトロラックスのコードレス掃除機

充電式の掃除機もかなり豊富に揃い電池性能もかなり上がってきたので、通常の掃除機をコードレス掃除機に入れ替える事にしました。エレクトロラックスのエルゴラピードにしたので使い勝手などを含めて書いていきます。

・Electrolux ERGORAPIDO ALLEGY

続きを読む 【レビュー】エレクトロラックスのエルゴラピードはハンディにもなりこれ1台で十分なコードレス掃除機です

MacBook Pro Intel版の新しいmacOS Big Surへの移行はあっさり過ぎるくらいに完了しました

・新しいmacOS

M1 Macの発売と共にmac OS 11 Big SurとなったもののIntel版のMacBook Proで使用する際に対応していないソフトなどがありそうだったので様子見をしていました。そのBig Surもかなり安定して使用しているソフトも対応しているようだったので、今回macOS CatalinaからBig Surにアップデートしてみました。実際にBig Surにアップデートしてみて注意点など含めて書いていきます。

・Intel版MacBook Pro

続きを読む MacBook Pro Intel版の新しいmacOS Big Surへの移行はあっさり過ぎるくらいに完了しました

楽天モバイルのSIMカードが幅広いiPhoneに対応したので試してみました

・楽天モバイルをiPhoneで使用する

楽天モバイルのSIMカードを対応しているAndroidスマートフォンで使用していましたが、iOSの更新によって設定無しに多くの機種で使えるようになったので古いiPhoneで使用してみました。現在使用する状態によって設定の必要があるので設定時の注意点など含めて書いていきます。

・古いiPhoneに対応

続きを読む 楽天モバイルのSIMカードが幅広いiPhoneに対応したので試してみました

【レビュー】バッファロー無線LANルーターWSR-2533DHP3-BKでドコモ光のV6プラスに接続してみました

・IPv6とV6プラスで接続する

ドコモ光のインターネットで1Gbpsの速度で接続出来るようになり、次は対応ルーターでV6プラス接続にしました。これでインターネット回線のアップグレードは終了ですが、無線LANルーターの設定や使い勝手などを含めて書いていきます。

・Buffalo WSR-2533DHP3-BK

続きを読む 【レビュー】バッファロー無線LANルーターWSR-2533DHP3-BKでドコモ光のV6プラスに接続してみました

フレッツからドコモ光にしてIPv6とV6プラス対応になり劇的に通信速度が速くなったものの工事費やプロバイダー選びには注意が必要です

・インターネット回線を1Gbpsにする

フレッツの100Mbpsのインターネット回線を使い続けてそれほど問題がなかったものの時間帯によって特にテレワークが増えるであろう時間に回線速度がとても低速になる事が増えてきました。Netflixも導入しようと思っていたところなのでこの機会にIPv6対応の1Gbpsの回線にアップグレードする事にしました。工事や導入するにあたっての注意点や実際に使用してみた回線の安定度などを含めて書いていきます。

・ドコモ光とプロバイダー

続きを読む フレッツからドコモ光にしてIPv6とV6プラス対応になり劇的に通信速度が速くなったものの工事費やプロバイダー選びには注意が必要です