【レビュー】色違い特別仕様のエネループプロでアウトドアグッズからゲームコントローラー用の充電池まで全てを入れ替える

・充電池を入れ替える

乾電池を使用可能な機材は可能な限り繰り返し可能な充電池を使用しています。アウトドア用のライトなどの電池が古くなってきたのもあり入れ替えると共にスペアのエネループを追加する事にしました。

・Panasonic eneloop

今回購入したのはパナソニックエネループで単3エネループプロ(BK-3HCD/4SA)、単4エネループプロ( BK-4HCD/4SA)、単4エネループ(BK-4MCC/4SA)でどれも4本セットです。Amazonで購入したのでバルクパッケージですが、カラーが特別仕様になっていてケースが付属します。


エネループプロとエネループの合計12本


説明書や注意書きは読んでおきましょう

・単3エネループプロ

単3のエネループプロは2500mAhと大容量で長時間使用したい機器に使用するのに向いています。繰り返し使用出来る回数が通常版より少ないですが、短期間に何百回も充電することはないので気にしなくてよいでしょう。単3サイズは使いみちも多く懐中電灯やXboxのコントローラーに使用出来ます。

強烈に明るい18650電池のLED懐中電灯の記事はこちらです


2500mAhの大容量です


ケースが付属します

・ロゴが特別カラー

Amazon版のエネループはロゴは通常版のメタリック(シルバー)と違いマットホワイトになっています。色が違うので通常カラーの分と組み合わせれば入れ替える時に間違えて混ぜてしまう事もなく管理しやすくなります。


ロゴがホワイトのオンラインストア仕様です

・通常版エネループ

家電量販店などで手に入る通常版エネループはホワイトボディにブルーロゴでエネループプロはブラックボディにシルバーメタリックロゴです。通常版とオンラインストア版はロゴのカラーが違うだけで電池の容量などのスペックは変わりません。

通常版エネループプロの記事はこちらです


通常版のエネループとエネループプロ

・単4エネループプロ

単4エネループプロもAmazon版なのでロゴが同色の白になっています。単4サイズはアウトドア用の小型LED懐中電灯などに使用出来ます。


単4エネループプロの容量は930mAhです


ケースが付属


単4サイズもロゴはホワイトです

・単4エネループ

単4サイズのエネループの通常版はホワイトボディにブルーロゴですが、Amazon版はホワイトボディにブラックロゴです。こちらもプロの930mAhに比べると750mAhと若干容量が少ないですが、繰り返し使用可能な回数が多くなっています。


容量は750mAhです


こちらもケース付属


黒ロゴ仕様です


エネループプロとエネループ

・オリジナルエネループ

エネループと言えば三洋のヒット商品で以前は電池にeneloopのロゴでしたが、パナソニックに吸収されてからはパナソニックのロゴに変わってしまいました。パナソニックはエネループのブランド自体は残していながら(今でも海外版はeneloop表記のまま)、同じ様な内容のエボルタもパナソニック名義で出していたり(しかも充電型も通常の電池も同じ名称)といまいち理解に苦しむ方針です。この辺のAppleがスパッと切ったNewtonのように決定を下せずグダグダしてるところがまさに日本企業っぽくもあります。


右はオリジナルのサンヨーエネループ

【裏技】サンヨーeneloopロゴのエネループはまだ新品で手に入ります

・専用充電器

充電器はエネループとセットになっていたBQ-CC85を使用します。パナソニック純正の充電器は充電池のエラーチェックが可能なので古い充電池も安全に使用する事が出来ます。初めてエネループ充電池を購入する場合は充電器とのセットにするとよいでしょう。

エネループ充電器セットの記事はこちらです


専用充電器を使用しましょう

・アウトドア用ライト

釣りや山登りなどのアウトドア用にいつもリュックには救急グッズ用ポーチを入れていて中には傷に塗る軟膏、バンドエイドや腹下しの時の薬の他にミニLED懐中電灯やホイッスルなどを入れています。暗くなるとLEDライトを手持ちするのも危ないので必ずMAMMUTのヘッドライトも持っていっています。山登りなど日没近くなると街灯などもなく本当の暗闇になるのでヘッドライトは忘れずに持っていきましょう。アウトドアアクティビティの時はホイッスルも必須で、血液型やIDなどを記入した用紙を入れておけるホイッスルが便利です。


アウトドア用の救急ポーチ、マムートのヘッドライト、LEDトーチx2とホイッスル

・LEDライトの電池を入れ替える

これまでアウトドア用にはオリジナルの三洋エネループを使用していましたが、今回全てエネループプロに入れ替える事にしました。フル充電したエネループプロに全て入れ替えてライトが点灯する事を確認したらファーストエイドポーチに装備します。スペアの電池も同じエネループプロにしてこれでより長時間の使用が可能になりました。


オリジナルロゴのエネループを使用していました


エネループプロに入れ替えました


ファーストエイドポーチに入れました

・ゲーム用コントローラー

Xboxのコントローラーは以前から単3電池を2本を使用する事が出来るのでエネループで長期間使用しています。(充電式にも出来ますしUSB接続の場合には電源は不要)Xbox 360からコントローラーは本当に優れた形状で、現在はPCゲームにXbox Oneのコントローラー、据え置き機にはXbox Series Xのコントローラーとどちらもエネループプロで使用しています。スペアのフル充電したエネループプロの2本をいつも電池ボックスに入れているので長時間プレイで充電切れに悩まされる事もありません。

Xboxコントローラーの記事はこちらです

・パナソニックの血圧計

こちらもパナソニックの商品でリスト型の血圧計(EW-BW10)を愛用しています。使用する電池は単4サイズなのと長時間使用や屋外で使用する事はないので白いエネループを使用します。パナソニックの血圧計や体重計などは低価格のシンプルなモデルがあり使いやすいです。

パナソニック血圧計の記事はこちらです


血圧計にもエネループ

・ケースに入れて保管しよう

電池の本数が増えてくるとつい引き出しなどにそのまま放置してしまいがちです。通常の乾電池や充電池に限らず電池を雑に放置するとクリップなどの金属などと+と−が背色ショートして発熱し最悪出火して火事になる可能性があるので必ずケースに入れて保管しましょう。もしケースが足りない場合は端子部分をマスキングテープや絶縁テープで絶縁しておくとよいでしょう。

電池ケースの記事はこちらです


電池専用ケースです


安全に保管しましょう







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。