【レビュー】初代iPad AirからiPad Air第3世代の整備品にしました

・iPad Airをアップグレード

初代iPad Airを長く使用していて速度的にはそれほど不満はなかったのですが、ストレージが16GBなのはさすがに辛くiPad Airの第3世代に買い換える事にしました。新品ではなくApple認定整備済製品にしたので、使い勝手や整備品の詳細などを含めて書いていきます。

・iPad Air第3世代

今回購入したのはApple iPad (アップル アイパッド)64GB スペースグレーです。iPad Airの第3世代になり購入はAppleのサイトから整備品を購入しました。第2世代まではiPad Air 2と言う製品名でしたが、第3世代はiPad Air (第3世代)とナンバリングはなくなり2019年モデルとなります。SoC(CPUなどは別体ではなく1チップ化された物)はApple A12になるので世代的にはiPhone XSと同等になります。

メーカーによる技術仕様はこちらです


充電池の注意書きがあるボックスで届きました


Lightning-USB-C(Thunderbolt 3)ケーブルも同時に注文しました

・Apple認定整備済製品

Apple認定整備済製品とはAppleに返品された製品などをメーカーが整備確認して新品同様にして再度販売している物で、通常の製品保証もあり新品となんら変わりありません。整備品の在庫はAppleのウェブ上で随時更新しているので、タイミングが良いと欲しいモデルが割引価格で手に入ります。いつどのタイミングで出てくるかはわからないのと同じ商品がすぐ出てくるとは限らないので、特に注文時にカスタマイズ可能なMacBook Proなどで欲しいスペックの商品を見つけたら早めに購入する事をおすすめします。

Appleの整備品の詳細と在庫はこちらです(Appleの公式サイトです)


整備品は箱にApple Certified Refurbishedと記載されています


パッケージの後ろ側

・返品可能もいつまでか

Appleの製品はアメリカ企業らしく返品可能なため通常より返品される数が多くあるのだと推測します。しかもMacBook Proなどの整備品を見ると通常ではありえないほどスペックを上げてカスタマイズしてあるモデルがかなりあります。これは返品可能なのを良い事にフルスペックで注文してYouTubeでレビューしたら返品する行為が行われていると考えられていて、その手のハイスペックな構成の物はYouTuberモデルなどと呼ばれています。この手の行為もやりすぎると規制が入るかもしれないので、必要な物だけ注文するようにしましょう。

・ラッピングに進化あり

Appleの商品に限らずビニールでくるまれたラッピングはどれも剥がしづらいですが、iPad Airの箱にはピールする矢印が表記されていて簡単に開封出来るようになっていました。これは最新のMacBook Proも同じでした。


ラッピングを剥がします

・開封する

Apple製品と言えばシンプルなパッケージングでこのiPad Airも同様です。本体とは別にアクセサリーなどは新品(のはず)の物が付属しています。


開封しました


ケーブルと充電器が付属します


整備品でも新品と変わりないです

・本体を見てみる

本体はスペースグレーでかなり濃い目の色です。Appleのスペースグレーは実は変わっていて販売年やモデルによって全然色が違います。同時期にMacBook Pro 2019も購入したのですが、こちらはシルバーなのかと思うくらいに色が薄く同じ年の製品でもカラーはマッチしません。理由は謎ですがデザインが重要な社風ですしカラーマッチングよりは個々本体が格好良く見えるカラーを選んでいるのかもしれません。

【レビュー】MacBook Pro 16インチを最新型はまさにIntel版の完成形です


液晶が大きくなています


かなり濃い目のスペースグレーです


イヤホンジャックが有り背面カメラは1つです

・Apple Pencil対応

iPad Air(第3世代)はApple Pencilが使用出来るので画などを描く方にはうれしい機能でしょう。ただ、このiPadに対応するのはApple Pencilは第1世代のみとなっています。他にはApple純正のSmart Keyboardなどが接続可能です。


横にはSmart Keyboard接続用の端子があります



・付属品

箱から本体を取り出すと付属品が現れます。付属品はLightningケーブルとiPad用の充電器になります。PCとガジェット関連のUSB-C化を進めていて、ちょうどAukeyのPD対応の充電器とUSB-C – Lightningケーブルも購入していたので純正の付属品は今回使用しません。


手前がLightningケーブルです


奥に充電器が入っています


充電器が出てきました


iPad用のワット数が高いタイプの充電器です



・初代iPad Airと比べてみる

初代iPad Airと比べるとiPad Air(第3世代)はディスプレイが9.7インチから10.5インチになっているのもあり本体は一回り大きくなっています。大きな違いとしてはロックボタンが廃止になって指紋認証が付いた事でしょう。あとは両方ともにイヤホンジャックがあり充電するのもLightningケーブルです。


右が初代iPad Airです


初代iPad Airのカラーはシルバーです


カメラとボリュームボタンです


カメラ数は一緒ですが初代にはロックボタンがあります



・イヤホンジャック有り

地味に嬉しいのはイヤホンジャックが搭載されている事で、ちょっと確認したい時にワイヤードで接続出来るのは気軽でいいです。これはiPadで音楽制作をする方が多くいるからモニター用か、防水の必要もなく筐体のスペースも十分広いから付けているのかもしれません。


イヤホンジャック付き


同様にイヤホンジャック付き


ステレオスピーカーとLightningポート


こちらも同様ですが音は新型の方がよいです

・電源を入れる

本体上の右側にあるボタンを押して電源を入れます。このあたりはiPhoneと同様なので特に困る事はありません。iOSデバイスに限らずスマートフォンやタブレットの凄さは説明書を読まずにつかえてしまう事でしょう。


電源を入れました


立ち上がりました

・クイックスタート対応

毎回セットアップの度にApple IDなどを入力するのが面倒でしたが、新機種だけにiPhoneかiPadを近づけるだけでサインイン出来るクイックスタートと言う機能が導入されていました。この機能はBluetoothがオンになっていてiOS 11以降になっているデバイスであれば使用出来ます。


クイックスタートの画面


iPhoneから設定しました

・セットアップする

セットアップは今まで使用していたiPad Airのバックアップからも復元で設定も出来るのですが、私はiOSデバイスもMacBook ProもTimeMachineからの復元など使わず1からマニュアルで新規に設定する事にしています。それは無駄なデータやゴミでエラーが出るのを避けるためと、新しく設定すると無駄なアプリなどをインストールする必要がなくなるからです。各アプリのセーブデータも今時クラウドにありますし困った事はありません。


無事にセットアップは完了しました

・Apple TV 4Kの登録を忘れずに

Appleの製品を購入するとApple TV 4Kのライセンスが1年間無料になります。Apple TVと言ってもデバイス名ではなくAppleが提供する映像のストリーミングサービスです。これは整備品も対象なので購入したら登録すると4Kの映像が楽しめます。デバイスの設定が終わるとどのみち登録するか聞かれるのでそのまま進めるだけで登録が終わります。ただ、2台目を購入しても期限は伸びず1年が限度のようでした。Apple TVを4Kで再生するおすすめの機器はXbox Series Xと4Kテレビの組み合わせです。

【レビュー】LG 4K 有機ELテレビOLED55C9PJAはHDMI2.1対応の全部入りでPS5/Xbox Series Xにも最適です

・USB-Cライトニングケーブル

MacBook Proも同時期に買い換えて各ガジェットの脱Mirco USBとUSB-C化を進めているので、USB-C to Lightningケーブルも購入しました。Macを使用してWifi経由でiOSデバイスのバックアップなども出来ますが、充電も出来ますしデータの管理の時にはiPad AirをMacに直接つないで行う事が多いです。


MacBook Pro用です


パッケージの後ろ側

・実際に使ってみて

やはり新型になると全ての速度が全然違いパワーが必要なアプリはよりスムーズに動くようになり、画面の大きさも映像などを楽しむ時に違いが出てきます。iPhone同様に指紋認証はホームボタンを押すと同時にロックが解除されるのが楽でいいです。ストレージは16GBでやりくりしていたのもあり64GBでは余裕があります。音楽はストリーミングをメインにしたのもありストレージデータ量を圧迫する事もなくなり当分不満が出る事はなさそうです。

・まとめ

iPad Air(第3世代)はタブレットとしての機能も性能も十分で絵画などをメインにしない限りは映像もゲームも高速に十分楽しめます。iPad(無印)と共に高価格過ぎずに必要十分な性能を備えているので、新品でメインで使用するにしてもiPad Air(第3世代)は非常におすすめのタブレットです。整備品はタイミングが重要ですが、もし気になるiPadが在庫に表示されたら悩まず購入してしまう事をおすすめします。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA