【レビュー】LG 4K 有機ELテレビOLED55C9PJAはHDMI2.1対応の全部入りでPS5/Xbox Series Xにも最適です

・有機EL 4K TV

テレビが地デジに以降して今は4Kチューナー内蔵のテレビが多く揃ってたのもありLGの有機ELテレビに入れ替える事にしました。液晶テレビから有機ELテレビにする際の気をつけるべき点やハードディスクの接続でテレビ録画をする方法などを含めて書いていきます。

・LG OLED55C9PJA


今回購入したのはLG製有機EL 4K TVで型番はOLED55C9PJAです。同じ大きさの液晶テレビは非常に安価ですが、有機ELテレビもかなり価格が下がってきました。


設置しました

・設置サービスを使用する

有機ELテレビに問わず大型家電は設置と古い製品の引取をしてもらうと非常に楽です。このサービスからも大型家電は大手のストアから購入する事をおすすめします。地震の揺れなどで本体が動かない様に本体を固定するジェルシートを使用しました。ジェルシートは付属品ではなく別途購入したものです。


揺れ防止のジェルをシートを使用しました


前後左右に使用します

・超薄型

液晶テレビとの大きな違いは画像の綺麗さや性能だけではなくとにかく画面部分が薄い事です。画面部分は本当触るのも怖いくらいに超薄型です。


画面部分はとても薄いです

・運ぶ際の注意

今回は設置サービスを使用したので自分でテレビ本体を持ち上げていませんが、もしご自分で設置する際には一人では持たず特に画面部分に手をかけるのはやめましょう。画面部分は非常に薄いので手で支えると折れてしまう可能性があります。それが理由に今は有機ELテレビの配送を拒否する運送会社が出てきています。もしもうすぐ引越すなど予定がある場合は引越してから有機ELテレビを購入される事をおすすめします。

・アンテナを接続する

今まで使用していたアンテナ線を有機ELテレビにそのまま接続しなおします。地上デジタル放送(地デジ)とBSのスプリッターを通しているのでそれぞれに接続します。アンテナ線は確実に安定した接続が出来るように良い品を使用しましょう。


地デジとBSのアンテナを接続しました

・BS 4Kを確認する

地デジは今までと同じですが、4KチューナーはBS波を使用しているのでBSで通常のBSと4Kが映るかを確認します。地域によってはチャンネルの再設定などする必要が出てきます。


背面の接続パネル

・とにかく黒が綺麗

有機ELの最大の特徴は映像の黒の締りが素晴らしい事でしょう。これは液晶テレビと画像を表示する方式が根本的に違うからで、特に部屋を暗くして映画やゲームを見ると大きな差が出てきます。もし映画好きだったりストリーミングサービスに加入を考えているのであれば有機ELテレビは若干割高だったとしてもおすすめです。

【レビュー】PS5 DEとXbox Series Xと比較してみるとDualSenseコントローラーの進化が凄かった

・有機ELの弱点

有機ELも画像は美しいですが完璧ではなく、弱点として同じ画像を映し続けると焼付きやすいところにあります。ピクセルシフトなど焼付きにくくする機能がついてるテレビなどもありますが、これが理由で同じメニュー画面などを表示する事が多いPC用モニターには液晶が使用されています。最近同じLGから32インチ有機ELのPCモニターが発表されたので何かしら焼付き対策がとられていると思われます。あとしいてあげるのでれば有機ELテレビは液晶テレビより消費電力が高い事でしょう。

・HDMI機器を接続する

ブルーレイプレイヤーを使用していたのでHDMIケーブルで接続します。HDMI2.1まで対応しているので、PS4やXbox Series Xを4K 120Hzで使用する事が出来るまさに次世代スタンダードなテレビです。


本体右側のHDMI接続部分


HDMIケーブルととアンテナ線を接続しました

・今まで使用していたテレビ

これまではソニーの32インチ液晶テレビを使用していました。地デジ対応で十分なクオリティで動作も全く問題なかったのですが、解像度が720PまででHDRに対応していないので買い替え時でした。フレームの倍速表示などとても品質はよかったですが、番組表などのインターフェイスがとにかく使いづらい機種で今回はソニーのテレビを選ぶのをやめました。そもそもどこの有機ELテレビもLG製のパネルを使用しているので、使いこなしも含めて純正LGが一番でしょう。


以前使用していたソニーの32型液晶テレビ

・マジックリモコン対応

LGのテレビは何と言ってもマジックリモコン対応な事でしょう。これが非常に優れものでWiiリモートのようにリモコン自体を動かしてカーソル移動させて操作します。これで面倒な十字キーで行ったり来たりする事もなくなり楽になりました。おすすめの設定としては録画リストを表示やテレビに戻るなどよく使う動作をチャンネルの数字ボタンの長押しにアサインするととても使いやすくなります。


マジックリモコン本体


にぎりやすい形状になっています

・唯一の残念な点

機能も充実していて映りも非常に素晴らしいテレビなのですが、唯一残念なのは番組表を閉じてからの動作です。例えば地デジを見ている時に番組表を開いてBS 4Kの番組表が表示されてりる状態で番組表を閉じてリモコンでチャンネルボタンを押すと地デジを見ているにも関わらずBS 4Kのチャンネルに変更されてしまいます。

・テレビ録画機能を使う

最近販売されているテレビのほとんどは録画機能が付いています。使い方は簡単でPC用の外付けHDD(ハードディスクドライブ】をテレビ本体に接続するだけです。PCのデータのバックアップ用に使用しててもう使用していない外付けHDDが何台も余っていたのでテレビ録画用にリサイクルする事にしました。


バッファローの1.5TBの外付けHDDです

・接続出来ないHDDもある

バッファローの暗号化対応のHDDの暗号化をはずせば接続出来るかと思いましたが、接続しても認識されませんでした。これはかなり特殊な例なので通常のHDDであれば問題なく使用出来るはずです。


暗号化対応HDDでした


接続不可でした



・他のHDDを使用する

1.5TBの暗号化HDDより前に使用していた通常の1TB外付けHDDがあったので、こちらを録画用にする事にしました。こちらは暗号化機能もなく通常のPC/Mac用のHDDなのであっさりとテレビで認識がされました。


同じくバッファローの外付け1TB HDDです


ホームダッシュボード画面です


無事にHDDが認識されました

・転送速度に関して

テレビ録画用は4K番組だったとしてもそれほど転送速度は必要ないのでUSB2.0のHDDでスピードは十分で2番組同時録画も問題なく出来ます。このテレビは2番組の裏録画が出来ますが、4K番組を録画中には4Kのチャンネルは固定され変更する事が出来なくなります。HDDはバッファロー製が安定しているのでもし新規に録画用に購入する場合はポータブルHDDを選べば別途電源も必要ないですしとてもおすすめです。

【レビュー】Buffaloの外付けHDDと東芝のポータブルHDDを2台同時に入れ替えました


USB2.0の外付けHDDです



・インターネットに接続する

テレビも今では内蔵アプリが入っていたり高機能化されファームウェアなどのアップデートなどの必要があるので無線LAN(WiFi)には接続しておいた方がよいでしょう。特に今はストリーミングでの映像サービスが豊富でこのテレビでもNetflixやAmazon PrimeやApple TVなどのアプリが内蔵されていてシームレスに再生可能なのでテレビとネットをつなぐのは必然となっています。

・無線LAN設定の注意

海外製品ですと日本で使用されているWiFiのチャンネルが制限されているのに合わせて5GHzですと接続出来なず、WiFiの設定でチャンネルの固定が必要になる場合があります。Amazon FireStick TVなどで2.4GHzにしか接続出来ない理由はこれだったりします。確実にインターネットに接続するのであればLANケーブルで有線接続するのもよいでしょう。

・NetflixとDolby Atmos対応

テレビ内に動画系のアプリが入っていてリモコンにNetflixボタンとAmazon Primeボタンがあるので通常のテレビの様にストリーミングサービスが使用出来ます。Netflixは最初の契約月では4Kコンテンツを追加料金なく利用出来るので4Kの映像とDolby Atmosのサウンドが楽しめす。まだまだ数は多くはないですが、Dolby Atmos対応の4K映像は非常に迫力があります。そしてLGからはDolby Atmos対応でオーディオで有名なMeridian社が監修したSサウンドバーSN7CYも出ててこのテレビとの相性もよいのでサウンドをアップグレードしたい方は同じLGのサウンドバーを選ぶとよいでしょう。

・4Kストリーミングを無料で楽しむ

ストリーミングサービスに入っていない場合でも内蔵のYoutubeアプリで4Kか8Kで検索すると迫力の映像が見る事が出来ます。テレビ放送のように音声フォーマットなどに大きな制限がないため実はYoutubeのサウンドは非常に迫力があります。それかAppleのiPhone、iPadやMacBook Proなどの機種を購入(整備品を含む)するとApple TVのライセンスが1年間無料になります。Apple TVはオリジナル作品中心で4K対応なので綺麗な映像を楽しむ事が出来ます。



・ゲーム機と接続する

せっかくの大画面有機ELテレビなので手持ちのゲーム機を接続してみました。テレビ購入時に所有していたPS4 Slimを接続してみました。やはり大画面の迫力と黒の締りがよいので画面がとても映えます。現在は4K対応のゲーム来のXbox Series Xを使用しています。

【レビュー】Xbox Series Xの静音性は素晴らしくゲームパスと共に最高のゲーム機です

【レビュー】PS4 Slimは今こそ買いでゲーム購入費などを安くするお得な裏技など


プレステ4と接続しました

*追記:PS5 DEに入れ替えました

・ブルーレイをを再生してみる

4Kアップスキャン機能のあるBDプレイヤーを4Kでは無いテレビで使用していたのでやっと機能を確認する事が出来るようになりました。BDやDVDなどディスクメディアは購入しなくなりましたが、もしこれからプレイヤーを購入するのであればUltra HD Blu-rayプレイヤーにするかゲーム機本体に内蔵されているPS5(プレステ5)かXbox Series Xにするとよいでしょう。


BDも問題なく表示されました

・まとめ

LGの有機EL 4K TV OELD55C9PJAはHDMI2.1対応ですし、内蔵アプリも豊富でBS 4KからNetflixなどのストリーミングサービスまでシームレスに楽しめます。最新のゲーム機などにも4K 120Hzで対応していますしまさに次世代テレビのスタンダード機と言える仕様と性能です。お手持ちのHDDを接続するだけでテレビ録画も出来ますし、もしテレビの買い替えを検討しているのであればLGの有機ELテレビを候補にしてみてはどうでしょうか。

* 現在は新型のOLED55CXPJAからOLED55C1PJBへ型番変更されています





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA