【ギター改造】Fender Duo-Sonicのボリュームノブをストラトタイプに変更する

・ノブを交換する

Fender Duo-Sonicは弾きやすく音も良く素晴らしいギターなのですが、ノブがメタルの筒型でそっけなく目盛りもないのでストラトタイプのノブに交換する事にしました。

・Fender  Duo-Sonic

使用するギターはFender Player Duo-Sonic(フェンダープレイヤーデュオソニック)です。メキシコ製で全体的な作りもよく何よりショートスケールなので弾きやすくそして音が最高で気に入っています。ただ、ノブはプレベなどに似たメタルの筒型で見た目がいまひとつなだけでなく、ボリュームもトーンも数値がいくつを指しているのかもわかりづらくDuo-Sonicで数少ない残念な箇所なので改造してしまいます。

Fender Player Duo-Sonicの詳しい記事はこちらです


メタルノブです

・コントロールノブを揃える

ボリュームとトーンの2つのノブが必要になるので各種カラーを2つずつ揃えました。サードパーティ製のストラトタイプでVolumeとToneと表記があるよく見かけるタイプのノブの色違いです。ホワイトに文字のカラー違いとピックガードのカラーに合わせたミントグリーンも1セット選びました。サイズはインチとミリの兼用でどちらでも取り付けられるようになっています。クリアのノブはギブソン系のハットとバレル型のインチサイズ用を各4つずつでGibson Les Paul Standard Blueberry Burst用に揃えたものになり今回は使用しません。


左ギブソンタイプ、右ストラトタイプ


ストラトキャスター用のノブとスイッチレバー


Gibson Les Paul Standard用に揃えたハット型とバレル型ノブ

【レビュー】Gibson Les Paul Standard Blueberry Burstは仕上げの美しさか何から素晴らしいギターです

・セレクターノブは使用不可

ピックアップの切り替え用セレクタースイッチ(トグルスイッチ)のノブと交換しようとしたら全くサイズが違いました。Duo-Sonicのセレクターノブのネジ経は揃えたインチサイズのノブよりかなり大きくまた後日サイズの合うパーツを探す事にしました。


全くサイズが違いました

・ノブを取り外す

どのカラーのノブがDuo-Sonicに合うか決める前にFender純正のノブを取り外してしまいます。ノブはメタルノブなので横から固定しているイモネジを緩めて両方のノブを外します。いつでも出荷状態に戻せるようにノブなど細かいパーツはなくさないように小さい袋などにパーツ名を記入した上で保管しておきましょう。


どのカラーが合うか楽しみです

・シャフトのサイズが違う

ノブをはずしてみるとストラトっぽいピックガードなので通常のCTSポットなどと同じサイズでシャフトの先端もスプリットかと思ったら、Duo-Sonicのポットはサイズも小さいミニポットでソリッドシャフトでした。音は良く気に入っているので取り急ぎポット類は改造はしませんが、ガリなどが出たらインチサイズの通常のCTSポットにポイントワッシャーを付きで入れ替えたいところです。

ポインターワッシャーに交換した記事はこちらです


Duo-Sonicからノブを外すとポットのサイズが小さいです

・似合うノブを選ぶ

先に書いてしまうとインチミリ兼用のストラトキャスター用のノブはソリッドシャフトでも強めに入れれば取り付けが可能です。4色のボディや文字のカラー違いのノブをそれぞれボディに置いて色味を比べていきます。ホワイトノブの文字カラー違いはどれも良さそうで、ピックガードのカラーを合わせるのであればミントグリーンで金文字のノブがヴィンテージっぽくもあり良さそうです。


ホワイトにゴールド文字


ホワイトにブルー文字


ホワイトにオレンジ文字


ミントグリーンにゴールド文字

・ノブを取り付ける

普通にミントグリーンのノブにしようと思いましたが、まずはより目立つホワイトにオレンジ文字のノブにしました。Fender系のギターにはやはりストラトタイプのノブが似合います。これでボリュームとトーンも使いやすくより弾きやすくなりました。


ノブを取り付けました






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。