【レビュー】iPhone 7 Plus海外版の良いところと気になるところとSIMフリー化について【Apple】

        

Twitterで最新情報をお届け

・Apple iPhone 7 Plus

発売日から使用していたiPhone 6もさすがに古くなってきたのもあり、新型に入れ替えを考えていたらタイミングよくiPhone 7 Plusが手に入りました。海外版iPhoneの良さと手に入れるにあたっての注意点など含めて書いていきます。

・海外版SIMフリー端末のiPhone

今回手に入れたのはUK(英国・イギリス)版のiPhone 7 Plusでカラーはブラックです。型落ちではありながら現在でも販売されている人気機種なので普通に使用する場合に性能的には問題は出ないと思われます。SIMフリー端末と書きましたが手に入れた時点では実はSIMフリーではなかったので、SIMフリー化の方法も書いておきます。


本体前面


本体後ろ側

・本体を見てみる

iPhone 7 Plusからはカメラが2つとなりポートレイトモードに対応しています。海外版のiPhoneはカメラのシャッター音を消せるので日本版の大きなシャッター音に悩まされる事はなくなります。充電端子は6と同様にLightningなのでアクセサリー類はそのまま引き継げます。6からの大きな違いは7から防水防塵対応になった事でしょう。これはアウトドアをやる方にはうれしい変更です。


カメラ部分


Lightning端子側

・iPhone 6と比べてみる

iPhone 6と比べてみると基本的な形状などはほぼ一緒なので同一の世代の機種だと言う事がわかります。Plusなので本体が大きくなりこれは慣れる必要がありそうです。6ではブラックの選択肢がなったので7以降のブラックとジェットブラックは非常にうれしいオプションです。iPhone 6はかなり長期間使用したのもあり、Lightning端子の接触が悪くなり液晶の上の方も色がおかしくなっていました。

iPhone 6 SIMフリーの記事はこちらです

iPhone 5C SIMフリー海外版の記事はこちらです


右側がiPhone 6


本体後ろ側


Lightning端子側

・電源を入れてみる

充電をして電源を入れるとあっさりと電源が入りました。ただ、ここからすぐに使えるようになったわけではありませんでした。


充電して電源を入れました

・アクティベーションが出来ない

手に入れた時点で初期化されていたので、ドコモ系のSIMを入れてアクティベーションをしようと思ったらアラートが出て先に進めません。これはおかしいと思って調べてみるとどうもSIMが対応していないようです。

・SIMフリー端末ではなかった

実は手に入れた時点でSIMフリーではなくイギリスのVodafoneのSIM専用にロックされていました。ここで焦ってはおしまいなので対応を考えます。

・VodafoneのSIMを用意する

以前使用していたVodafoneのSIMを使用してアクティベーションだけ済ませる事にしました。これは日本Vodafone(現Softbank)ではなくUK Vodafoneの物です。これはかなり古い物でSIMも今では見かけないフルサイズのSIMです。


Vodafone UKのSIM


懐かしいフルサイズのSIM

・SIMをカットする

iPhone 7 PlusはNanoSIMと言うMicro SIMより更に小さいサイズのSIMのみの対応となるので、このVodafoneのSIMをカットする事にします。これは専用の工具のSIMカッターを用意します。これはiPhone 5C用のSIMをカットした時に使用した物と同様です。通常のカッターでテンプレートに合わせて切り取る方法もありますが、SIMカッターは簡単に切り抜く事が出来てSIMを壊してしまうリスクも減るので用意した方がよいでしょう。

SIMカッターの記事はこちらです


SIMカッター本体


Nanoサイズの部分に差し込みます


Nano SIMサイズになりました

・認証までは進まない

ここまでいけばWIFI経由でアクティベーションロックくらいいけると思ったら甘かったです。結局UK Vodafoneの契約のままだとUK Vodafoneの古いSIMを使用してもロック解除まですすめませんでした。これも使用中のSIMであればもしかしたらロックまでは進めたかもしれません。そもそもこの状態でロックを外してもDOCOMOのSIMをが使えなかったでしょう。

・SIMフリー化をする

ここまで来ると本体自体をSIMフリー化するしかないので一旦アクティベーションは諦めてSIMフリー化を進めます。焦っていない理由にイギリスでは販売してから1年以上経った端末はSIMをフリー化しないといけない法律があります。なので以前使用していた方がVodafoneに連絡を取ればロックが解除されます。必要な情報はモデル名とIMEI番号だけでウェブサイト上から申し込むだけです。完了まで5日間かかると言われましたが翌日にはあっさりとロックが解除されていました。


無事SIMフリー化されApple IDを入力して完了です

・設定をする

iPhone 6のバックアップからiTunes(現在の最新版MacではiTunesの必要なないです)経由で復元しようとしたのですが、最後のところでエラーで落ちてしまうので手動で設定し直す事にしました。ほとんどのデータがクラウドにありますし、もう使用していないアプリや無駄なデータを削除する事が出来るので新規端末にした時はこの方法の方がよいかもしれません。

・指紋認証が速い

iPhone 7 Plusで大きく変わったのが指紋認証のスピードです。iPhone 6ですとホームボタンを押して画面表示させてから更に指紋認証の時間がかかりましたが、iPhone 7 Plusだと本体を傾けると自動で画面がオンになりかつ指紋認証自体の反応もかなり速くなっています。iPhone 6だと手を洗った後に少し指が濡れていると認証しませんでしたが、iPhone 7 Plusだと少しくらい指先が濡れていてもそのまま指紋認証が通ります。

・カメラが快適

使用する場所によってはカメラのシャッター音を消音したい時があるかと思います。以前も海外版のiPhoneを使用していましたが、このiPhone 7 Plusもシャッター音が消せて快適です。カメラ性能自体もかなり高性能になっておりポートレイトモードなども使用出来ます。Live Photo対応なのでファイルが大きくなりがちなので、この辺は設定などで通常のカメラだけにすると解消されます。

・Suicaが使えない

これでやっとスイカが使えてカードレスと思ってSuicaアプリを立ち上げたら使用出来ませんとアラートが出ました。スイカはiPhone 6Sから対応していますが、海外版iPhone 7Plusは日本のFelicaに対応していません。Felica対応は日本版iPhoneのみの仕様なのでスイカを使用する事が絶対の方は日本版iPhoneを選択した方がよいでしょう。Apple Watchを使用すれば海外版のiPhoneでもスイカが使用出来るのでその方がスマートでしょう。


Suicaアプリ非対応

・まとめ

iPhone 7 Plusを長期間使用してみて機能的には一切不都合はなくスマートフォンもMacやPCなどと同様に成熟期に来たと感じます。本体と画面の大きさは慣れてしまえば快適ですし、海外版であれば大き過ぎるシャッター音に悩ませる事もなくなります。唯一海外版iPhone 7 Plusだとスイカが使用出来ないので、そこを選ぶかどうがで日本版にするか決まってくるかと思います。機能的にはまだまだ使え最新iOSにも対応しており、何より本体価格もかなり安くなりコストパフォーマンもよいのでこれから選ぶにしても最高の1台の1つでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA