楽天モバイルのSIMカードのみの契約にして自分のスマホに設定するには気をつける点があります【追記】iPhoneにも対応

楽天モバイル

Motorola g8 Plusの本体のみを手に入れて携帯回線の契約をしていなかったので、楽天モバイルのSIMカードのみを契約して設定しました。SIMカードのみの契約の時に気をつける点や設定などに関する事などを含めて書いていきます。

SIMカードのみの契約

今回選んだのは楽天モバイルのSIMカードのみで、契約プランはRakuten UN-LIMIT VI(楽天アンリミット6)です。契約時にはRakuten UN-LIMIT VIのみが選択可能でSIMカード単体だけが送られてくるプランなので、所有しているスマートフォンにSIMカードを取り付けて設定などを自分でする必要があります。スマートフォン本体をお持ちでない方は組み合わせによってはスマートフォンとセットがお得になり設定などの必要もなくなります。

*iPhoneの旧機種の多くが楽天モバイルのSIMに対応したので追記しました


専用の箱で届きました


無駄に大きい箱でメール便でよさそうな中身です

・SIMカードのみ

楽天ハンドとeSIMとのセットなどにしてもよかったのですが、これ以上機材が増えてもと思い今回は手持ちのスマートフォンを使用する事にしてSIMカードのみの契約にしました。電話番号も新規で取得して転用のためのナンバーポータビリティーの必要もなくシンプルな契約内容です。


説明書とSIMカードです


SIMカードのみをまず使用します

・eSIM対応

楽天モバイルではeSIMとNano SIMが選択出来るようになっています。スマートフォンの機種によっては物理SIMカードの必要がないeSIM対応の機種があるので、もしeSIM対応機種の場合は申込時にNano SIMではなくeSIMを選択するようにしましょう。もし間違えてNano SIMで注文したとしても到着後に無料でeSIMに変更出来るようですが、使用可能になるまでに時間がかかってしまいます。


日本のSIMは返却の必要があったりするので付属品などは保管しておきましょう

・海外のサービスに近い

SIMカードの発行で手数料を取るのは世界広しと言えども日本くらいだと思います。海外でプリペイドのSIMカードは携帯ショップへ行けばまず無料でもらえますし、海外旅行の際に空港でSIMカードを契約しても手数料を取られる事はありません。楽天モバイルはSIMカード発行の他に各種手続きを無料にしていて海外のサービスに近くしようとしているのはとても素晴らしい取り組みだと思います。


旅行などで増えていくSIMカード類

・Nano SIMカード

SIMカードを開封するとNano SIMのみかと思ったら通常のSIMカードサイズ、マイクロSIMと切り抜きが可能になっています。楽天モバイルのSIMカードは比較的新しい機種でないと対応していないので、マイクロSIMが挿せるスマホだとまず動かないと思います。試しに古い機種であるAsus Zenfone Laser 2にマイクロSIMアダプター経由で楽天モバイルのSIMカードを入れてみたもののさすがに認識すらしませんでした。


マイクロSIM、ナノSIMに切り抜けます


Rakuten Handがこのカラーだったら買っていたかもしれません

・モトローラ moto g8 Plus

モトローラmoto g8 Plusは楽天モバイルに対応しているのを確認して手に入れたので問題なく今回のSIMカードで動くはずです。ただしmoto g8 Plus本体は2020年6月以降のアップデートに更新されていないと楽天モバイルに対応しないので注意が必要です。android 9であれ10であれ最新版になっていれば楽天モバイル対応になっています。

【レビュー】motorola g8 plusは楽天モバイルにも対応で価格と性能のバランスがよいAndroidスマートフォンです


moto g8 Plusは低価格なのに使いやすくておすすめの機種です


コズミックブルーです


SIMカードが入っていない状態です


・SIMカードを切り抜く

moto g8 Plusで使用するには一番小さいサイズのNano SIMにする必要があるので、SIMカードを切り抜きます。説明書には端子を汚さないように手袋をするように記載されているので、手袋をするか端子を触らないように気をつけながらSIMを切り抜きましょう。


一番内側の線の部分で切り抜きます


Nano SIMに切り抜きました

・SIMカードを抜くピンが必要

スマートフォンからSIMスロットを取り外すには専用のピンが必要ですが、楽天モバイルのSIMカードには付属していないので、スマホを購入した時などに付属しているSIMピンを別途用意する必要があります。もしSIMピンが無い場合は事前に用意しておくとよいでしょう。


SIMピンを用意します


本体左側上の方にSIMトレーがあります

・SIMカードを入れる

SIMピンを本体右側にある穴に入れて押すとSIMトレーが出てきます。楽天モバイルのSIMにカードの向きを間違えないようにSIMトレーにはめてから本体に戻します。


SIMトレーをはずしました


SIMトレーにNano SIMをはめました


SIMトレーを本体に戻します

・反応しません

モトローラmoto g8の出荷時のOSはandroid 9で最新にアップデートされていれば楽天モバイルのSIMカードを挿すだけで設定の必要がないはずで、SIMカード自体は認識しているものの全く接続が出来ず電波をつかみません。手動でAPNなど設定したりシステムをアップデートや再起動も試しても全く変わりません。これはどうにもならないと仕方なくandroid 10にもアップデートしましたが状況は変わらずです。


楽天モバイルのSIMカードを入れても反応しません

・放置する

楽天モバイルのSIMカードを申し込んで翌日には届いたもののMy楽天モバイルアプリをみてもまだ発送すらしていない表示(これもどうかと思いますが)になっています。楽天モバイルのSIMカード自体はmoto g8 Plusの設定を見ると認識していて製品自体の不良ではなさそうですが、SIMカードの設定のところに電話番号が表示されずこれは楽天の内部で処理が終わってないのではと思いそのまま放置する事にしました。


アンテナが立ちません

・いきなり開通する

2日ほど経ったあとに楽天モバイルよりSIMカード(とっくに届いている)を発送しましたとのメールが着ていたのでmoto g8 Plusを見てみると、放置した状態のままでアンテナが立ち知らない間に開通していました。本来は楽天モバイル内で開通処理をしてからSIMカードの発送をすべきなのでしょうが、うまく連携は出来ていないようです。WiFiを切った状態で開通すると大量のデータ通信をしてしまう可能性があるので、放置する時はWiFi接続のままにしておき通信データ容量制限の設定もしておくとよいです。


Rakutenの表示とアンテナが立ちました

・My楽天モバイルアプリを確認する

メールが届き開通もされたのでMy楽天モバイルアプリを見てみるとまだ準備中ではあるもののお届け中にステータスが変更されていました。さらに詳細を見てみるとお申し込み回線のところが開通済みになっていました。どうやらこの状態になっていれば開通処理が終了しているようなので、このステータスになった事を確認してからSIMカードの設定をするのがよさそうです。

*SIM到着と開通を確認してから1ヶ月以上いまだにお届け中と表示されています


準備中でお届け中です


開通済みになっています

・Rakuten Linkアプリ

楽天モバイルの無料通話やSMSなどはRakuten Linkアプリ経由のみなので必ずインストールして設定しましょう。通信状況や契約の情報はMy楽天モバイルアプリで見られるのでこちらもインストールしておきましょう。アンドロイドスマートフォンで通信データ量が気になる方は本体の設定にある通信データ量の上限を設定しておくとよいでしょう。


楽天モバイルの2つのアプリ

・追記: 古いiPhoneにも対応

限られた機種のiPhoneのみが楽天モバイルのSIMカードやeSIMに対応していましたが、iPhone 6S以降の機種であれば楽天モバイルが使用可能になりました。iPhoneで楽天モバイルのSIMを認識させるにはiOS14.4以降にアップデートが必要でアップデート後は特にAPNの手動設定もなく自動でSIMカードを認識するようになります。

楽天モバイルのSIMカードが幅広いiPhoneに対応したので試してみました

・追記:プロファイルの削除が必要

iPhone 7 Plus(海外版)でもあっさりと楽天モバイルのSIMカードが使用できるようになりましたが。IIJ Mioなど格安SIMを使用してiPhone本体に構成プロファイルをインストールしている方は手動でこのプロファイルを削除が必要になる場合があります。これは海外旅行などで旅行者用のSIMカードを使用する時にも必要になる場合がありますので、いつも使用しているSIMと違うSIMカードをiPhoneで使用する場合は必ずプロファイルを確認しましょう。ちなみにiPhone 7 Plusで使用していた格安SIMをAndroid機であるモトローラmoto g8 Plusの楽天SIMと入れ替えたらあっさりと認識したのでデュアルSIMでも使用可能でしょう。

・自分で出来るならおすすめ

格安SIMが高く感じるほどの料金プランで提供している楽天モバイルですが、設定に関してや今回の楽天モバイル側の連携不足からくる開通がスムーズに出来ないなど完璧にはほど遠い状態です。安く話せるなら両親に持たせないなど思う方もいると思いますが、現在の手持ちの機種に手動で設定する場合は面倒かつ無料通話などには専用アプリの必要があり自分で全部出来ない方にはおすすめ出来ません。もしどうしてもご家族等に渡したい場合は楽天ハンドなど回線とセットになっている契約にして、家族との連絡はLINEのみなどにするとよいでしょう。

・サポートには期待しない

別件で楽天モバイルのチャットサポートに連絡をした事がありますが、1通の返信に5日かかるのは当たり前で下手すると数週間放置されますので、とにかくサポートには基本的に期待せず自分でなんとかする方向で考えた方がよいでしょう。もしお近くに楽天モバイルショップがあるのであればそちらを利用する方が対応は早いと思います。

・とは言え

これでいいのかと思いたくなりますが、他の携帯会社が追従出来ないような1GBまでのデータ通信、通話やSMS送受信を無料で提供して各手続きに手数料がかかならいのは魅力的に感じる方も多いと思います。機材の設定などに詳しい方はSIMカードのみの契約でも問題ないでしょうし、心配であれば設定無しで使用出来るスマホと回線のセットで購入して実店舗でサポートしてもらう事をおすすめします。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA