【レビュー】HAKUBA Luxxeグリッドライトショルダーバッグをミラーレスカメラ用にしました

・小さめのカメラバッグを探す

ミラーレスカメラと交換用レンズに加えてジンバルで動画撮影をしていますが、気軽にカメラだけ持ち運ぶ時にちょうどよい小さめのカメラバッグを追加する事にしました。

・HAKUBA LUXXeグリッドショルダーバッグ

LUXXe(ラグゼ) グリッド ライトショルダーバッグのサイズ はSでカラーはブラックで型番はSLX-GLSBSBKとなります。カラーはブラックの他にカーキ色っぽいコヨーテがあります。


作りのよいバッグです

・スーツケース対応

バッグにはスーツケースのハンドル部分に差し込めるようにバンドがついています。海外を含めてカメラを持って行く場合はそのまま飛行機に手荷物として持ち込めて、現地でもそのままカメラバッグとして使えてしまいます。


スーツケースのハンドルに取り付けられます

・底面の素材が違う

撮影時に持っていくカメラバッグだけに外にそのまま置けるように底面が撥水と汚れに強いターポリン素材になっています。


底面は汚れに強い素材です

・肩パット

ショルダーバッグでカメラなど重量のあるものを入れる用途だけに肩パッドはバッグのサイズの割には厚めで立派な作りになっています。通常のミラーレスカメラのボディとレンズを持ち運ぶには問題ない作りです。


ショルダーストラップは長さ調整が出来ます


ショルダーパッド


パッドの裏側

・カメラクッション入り

カメラや交換レンズを安全に持ち運べるようにバッグ内部にはクッションがあり、カメラとレンズを入れる部分は取り外しが出来るようになっています。クッション内部の仕切りはベルクロで付いているので機材に合わせて調整する事が出来ます。クッション自体を取り外してしまえばより多くものを収納する事ができるのでカメラを持ち運ばない時は通常のショルダーバッグとしても使用出来ます。


トップのファスナーを開けました


レンズなど分けて入れられます


クッションを取り出しました


カメラクッションの仕切りは調整可能です


よく見るとロゴがあります

・三脚取り付け用バンド

バッグには底面に三脚を取り付けるためのバンドが付属しています。店舗で購入する場合などは付属品があるか確認してから購入するようにしましょう。


付属のバンドはバッグ内に入っています


三脚を取り付けるバンドです

・HAKUBAのロゴは無し

実はハクバはカメラバッグのシェアが30%前後とトップのメーカーです。それだけにバッグには力を入れていて、普段使いも出来るようにHAKUBAのロゴまではずしてあります。ブランド名と素材名のロゴが小さくあるだけで好感がもてます。


LUXXEブランドのロゴ


SPECTRA FIBERのロゴ


素材名など

・サイドはボトルが入る

バッグの両サイドにはボトルなどが入るポケットがありますが、コンパクトな作りのためにペットボトルなどを入れるとかなりキツめです。サイドポケットはボトルを気軽に出し入れするのには向いていないので小物を入れる程度にしておいた方がよいでしょう。


サイドポケットがあります


ボトルを入れました


かなりキツめです


両側にペットボトルを入れました



・ハクバのトートバッグと比べてみる

同じHAKUBAのプラスシェルシティ04トートバッグと比べてみると、大きめのジンバルも余裕で入るだけにかなり大きさが違い使い分けるにはちょうどよいサイズです。


ハクバトートバッグ


両方ともによい素材です


トートバッグは深さがあります

【レビュー】HAKUBAのトートバッグはカメラバッグには見えないのに機能的です

・カメラを入れてみる

バッグにカメラと交換レンズを含めて入れてみました。まだまだバッグ内は余裕がありSサイズとは言えカメラを持ち運ぶには十分な容量です。

– FUJIFILM X-T30 II
– FUJIFILM XF 18mm F2 R
– SIRUI Anamorphic 50mm F1.8
– HAKUBA ジャンボブロワー


カメラと交換レンズとジャンボブロワー


まだまだ余裕があります



・三脚を取り付ける

付属のバンドを使用すると三脚をバッグの底面に取り付ける事が出来ます。サイズSのバッグだけに三脚を取り付けるとバッグ内の容量を確保が出来ます。


バンドを取り付けました


三脚をバッグに取り付けました


どこから見てもフォトグラファーです

・クイックリリース

三脚の雲台を小型なボール雲台に交換するとかなりの軽量化になり、カメラの取り付けもクイックリリースにすると取り外しがとても楽になります。


SLIK Compact IIの雲台をカスタマイズしました


Ulanzi F38クイックリリースです


UTEBITのボール雲台です



・ジンバルを入れてみる

比較的大きいジンバルのZhiyun Weebill Sをバッグ内のクッションを取り外して入れてみました。ジンバルを入れてもバッグ内はまだ余裕があり楽に持ち運べます。


Zhiyun Weebill Sは素晴らしいジンバルです


ジンバル本体があっさり入りました

・ジンバルを取り付けてみる

三脚を取り付けるバッグの底面にジンバルを取り付けてみました。問題なく運べますがジンバルは精密機器なのもありおすすめの方法ではありません。


ジンバルをバッグに取り付けました

・カメラバッグを使ってみて

HAKUBAのカメラバッグは通常のバッグで使えるようなデザインにしていて開けるときっちりとカメラを守る構造になっているのが素晴らしいです。ショルダーバッグSはSサイズと言いつつもカメラと交換レンズを持ち運ぶ事を考えて十分な大きさになっていて、気軽にカメラを入れて出かけるにも普段使うにもちょうどよいです。機材や荷物の量に合わせてトートバッグと使い分ける事にしました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。