【黒化計画】Fender Japanのプレベのネックプレートをブラックにする

・ネックプレートを交換する

Fender系のギターやベースの調整や改造でまず手をつける部分がネックを取り付けているネックプレートです。パーツの黒化計画を進めているのもありブラックのネックプレートをブラックのネジで取り付ける事にしました。

・Fender Japan Precision Bass

使用するのはFender Japan P-Bass(プレベ、プレシジョンベース)です。カラーは80年代の限定版であったカプリオレンジでピックガードとボリュームとトーンのノブはブラックに変更してあります。


カプリオレンジのプレベのパーツを黒化しています


背面のパーツはまだシルバーのみです(この後に黒いペグに交換しました)

・ネックプレート

ネックプレートは単純な鉄板なものからFender系のチューニングパーツとして有名なFreedomのハイマスネックプレートなどあります。今回はSCUD(Gotoh)のネックプレートと取付ビスのセットとバルク品(Gotoh製と思われる)のネックプレートを用意しました。


SCUDのネックプレートNP-3B


取り付けビスが付属しています


NP-1(同じGotoh製かも)


バルク品の方が仕上げが綺麗です

・ネックプレートを取り外す

ベース弦は高価なのもあり毎回パーツ交換のために切るのはコストがかかりすぎるので緩めてヘッド側だけはずします。弦を外したらネックプレートのネジを外します。


弦を先にゆるめてからです


ネジを緩めました


ネックプレートを取り外しました

・ネックをはずす

このまますぐにブラックのネックプレートを取り付けてもよいのですが、ネックを取り外してネックやボディの普段手の届かないところまでクリーニングをします。Fender Japan P-Bassはトラスロッドの調整もネック根元から行うので調整が必要な場合はこの際に済ませてしまいましょう。


シムはなく取り付け精度は高いです



・クリーニング

クリーニングはボディはラッカーではないのでタートルワックスを使用するとピカピカつるつるになります。ローズウッド指板にはジムダンロップのレモンオイルで清掃と保湿をしてネック裏はギブソンのポンプポリッシュで磨くとさらさらつるつるになり演奏時の手の移動が楽になります。


ボディを磨くにはタートルワックス


ネック裏のサテン塗装にはギブソンポンプポリッシュ


ローズネック指板にはジムダンロップレモンオイル

・ネックプレートを比較

SCUD、バルク品、そしてFender Japan純正品を比べてみると形状は一緒でブラック同士は少し仕上げが違います。SCUDのは焼き色が強いのもあり今回はバルク品を使用する事にしました。


SCUD製、バルク品、Fender Japan純正

【黒化計画】Fender Japanのプレベにブラックのハイマスブリッジを取り付けると音が締まります

・ネックプレートを取り付ける

SCUDの付属のブラックの取り付けネジはUSAサイズのようで、Fender Japanのネックプレート取り付けネジよりサイズがかなり小さいので、Fender Japanのシルバーのネジをそのまま使用する事にしました。ネックジョイントのネジは対角線順に均等に締めてからネックの根元からヘッド側へときっちりと締めると音が締まります。手持ちのギターやベースのプレートがスタンダードでもきっちりとネジを増し締めするだけで音が変わります。

*この後にサイズの合うブラックのものに交換します

ブラックのSCUD付属の取り付けはUSA用でFender Japanサイズより小さいです


ビス頭もサイズが違います


Fender Japanのネジでネックプレートを取り付けました


また1つパーツがブラックになりました

・黒いネジを探す

ネックプレートがブラックなのにシルバーの取り付けネジは味気ないので、ブラックのネジを探しました。Fernandes(フェルナンデス)はかなり細かいギターやベースのパーツをバラ売りしていて日本の楽器メーカーなのでサイズがミリなのでFender Japanのベースに合うサイズが多くあります。その中でもフェルナンデスのネックジョイントビスがほぼまんまFender Japanのネックプレート取り付けビスと同サイズでしかもブラックもありました。モントルーもFender Japan対応のビスなどを数多く出していてネックジョイントビスは完全同じサイズなのですが、残念ながらブラックがありません。


フェルナンデスのネックジョイントビス


ブラック4本セット


右がフェンダージャパンのネジでねじサイズは一緒です


フェンダージャパンの方がヘッドは少し大きいです


元のネジは保管します



・黒ネジに変更する

これまでのFender Japanのシルバーのネジからフェルナンデスのブラックのネジに交換します。ネジを入れ替える時はきっちりとネック根元からヘッド側へ隙間を無くすイメージで最後きっちりと締めると取り付け精度が上がります。プレートの違いもありますが取り付けをきっちりとすることで弦からボディへの無駄な振動が減り音がクリアかつ振動が直に来るようになります。ネックプレートのカラー変更と共にネックの調整とクリーニングをして各パーツを増し締めしてみてはどうでしょうか。


シルバーが目立ち過ぎます


ブラックビスだと締まります






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。