【レビュー】View Bladeの明るいミラーレンズのゴーグルをクリアレンズと比べてみました

        

Twitterで最新情報をお届け

– View  Blade V121MR

View Bladeのクリアレンズのスイミングゴーグルを長く使用したので、今回はミラーレンズのモデルにしてみました。ミラーレンズは暗めの物が多く室内プールで使用しづらい事もありますが、光の透過率を調べた上で高いミラーレンズを選び、通常のクリアタイプのレンズと比べてみました。実際に使用した上でのレビューやストラップの組み立て方なども含めて書いていきます。

– 明るいミラーレンズ

View(ビュー)のゴーグルはレース用のBlade Zero、通常のクリアレンズのBladeを使っていました。Viewのウェブが更新されレンズ別の光の透過率が表示されどのレンズが明るく、どのレンズが暗いかわかるようになりました。室内プールで暗めのレンズだと泳ぎづらいので普段はクリアレンズのカラーAMを使っていましたが、これで明るいミラーレンズを間違いなく選ぶ事が出来ます。今回選んだゴーグルの型番はV121MR、そのミラーレンズの中でも1番明るいカラーはLVP((レンズカラーLV:ラベンダー、ミラーカラーP:ピンク)を選びました。

View Blade ミラーレンズ V121MRのメーカーのリンクはこちらです


パッケージ


説明書、ゴーグル本体、サイズ別の鼻ベルト、長さ調整用のパーツ、ストラップ

– 組み立てる

View Bladeを使えるようにするにはストラップをゴーグルに取り付けて組み立てないといけません。難しい事はないですが、ストラップを長さ調整用のパーツに入れるのがわかりづらいかもしれません。もしノンクッションタイプのゴーグルを初めて使用する方は、最初のフィットとストラップの調整には時間をかけるようにしましょう。


まずストラップを前から後ろに通します


レンズに傷がつかない様にシールは貼ったままにしましょう


ストラップを長さ調整用のパーツに通します


先端は両端に重ねて通します(横に切れ込みがあるので後からでも差し込めます)


ストラップの長さを調整して引っ張ります


完成しました

– クリアレンズとの比較

View BladeのクリアレンズはAMカラーで光の透過率は42%です。今回のミラーレンズのレンズカラーはLVPで光の透過率は63%とクリアレンズのAMより明るいレンズになります。LVPの方はベースのレンズカラーがラベンダーなのでミラー加工がなければ光の透過率が78%ととても明るいレンズになります。

View Blade クリアレンズ V121のメーカーのリンクはこちらです


View Blade クリアレンズ AMとの比較

丸ひもを取り付けたView BladeのクリアレンズAMのレビューはこちらです

– レンズの見え方

光の透過率と言ってもプールの底はライトブルーなので、実際のレンズの明るさだけでなくレンズカラーの組み合わせによって見え方がかなり変わってきます。実際にミラーレンズのLVPの方はラベンダーカラーがベースですが、ミラー加工との兼ね合いで泳いでいる時に見える色は少し茶色よりの黄色味がかかった落ち着いた色になります。前面の平面な部分以外のサイドの部分はラベンダーの色が強く出てピンクよりのカラーになり、室内プールでのライトの反射がレンズ内に見えます。このゴーグル内の反射は明るめのミラーレンズのスイミングゴーグルではよく起こる事で、アリーナのアクアフォーススイフトの明るめのミラーゴーグルでも同様です。

アリーナのアクアフォーススイフトゴーグルのミラーレンズのレビューはこちらです

– 実際に泳いでみて

ViewのBladeとBlade Zeroは両方とも長く使用していますが、日本のメーカー製なのでアジア人の顔の形に合うように作られてるのが大きな強みだと思います。実際に他のゴーグルと比べてもフィット感がとてもよく、ストラップを緩めにしていてもズレたり水が漏れてくる事もありません。レンズの上側の形状が低く抵抗が少なく、他のゴーグルだと外れてしまうような状況でもまず外れる事はありません。以前の同じBladeやBlade Zeroよりくもり止めの効果も上がっているようで、かなりの回数を使ってもくもってきません。

View Blade Zeroのレビューはこちらです

– イヤープラグ

ゴーグル用に取り付けられる耳せんと言えばSWANS(スワンズ)の商品が一択でしたが、Viewが耳せん(VA1201)の新製品を出したので、同時に使ってみる事にしました。Viewの耳せんSWANSの耳せんとは違って取りはずし可能なので便利です。

Viewの新製品の耳せんのレビューはこちらです

SWANSのイヤープラグのレビューはこちらです


Viewの耳せんと組み合せました

– キャップと合わせる

スピードのトリコットキャップの新作カラーと合わせてみました。最近は長距離の練習する時はBlade Zeroとトリコットキャップの組み合わせが多く非常に泳ぎやすく気にっています

スピードのトリコットキャップのレビューはこちらです


新作の水玉カラーと合わせました

– まとめ

View Bladeはノンクッションゴーグルとしての完成形と言われるくらい装着感がよく、1つだけゴーグルを選べと言われたらView Bladeにすると思えるくらい素晴らしいゴーグルです。実際にオリンピックや世界水泳に出場している日本競泳陣(池江璃花子他)の多くが使用しているのが、このView BladeとBlade Zeroですので泳ぎやすさはお墨付きでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA