【レビュー】Arenaのシリコンキャップとアクアフォーススイフトゴーグルを長期間使用しました

        

Twitterで最新情報をお届け

– Arenaの水着と合わせて

アリーナのUroko Skinに合わせてアリーナのノンクッションゴーグルのアクアフォーススイフトと新しく出たシリコンキャップを購入しました。購入してから数ヶ月経った現在も使い続けているので、気になる点など含めて書いていきます。

– セットで揃える

今回購入したのはシリコンキャップ、ゴーグルで、手前の小さな箱はSWANSのゴーグルに装着出来るイヤープラグです。
arena_swift_goggle_cap_001
今回揃えたセットのパッケージ

– シリコンキャップ

アリーナの新しいシリコンキャップがいつも行くショップで入荷していて試着したらいい感じだったので購入しました。モデル名はARN-4400となりメーカーのリンクはこちらです。

arena_swift_goggle_cap_002
シリコンキャップのパッケージ

– ロゴが小さい

アリーナのアクアフォース3Dソフトキャップとの比較してみます。アクアフォースの方は買ってすぐに破れたので今回は長持ちする事を期待しています。色は両方共に同色のネイビーとなります。いつもアリーナの商品は物は良くてもロゴがでかくて格好悪くしていましたが、今回はついにロゴも小さくなり、いいぞアリーナと心で叫びました。

シリコンキャップが破れた件の記事はこちらです

arena_swift_goggle_cap_003
アクアフォース3Dソフトキャップとの比較

– と思ったら

ガックリ何故かロゴが2ヶ所にありました。要はロゴは前でなく左右になります。ロゴが2ヶ所あると大会では使用出来ないのでお気をつけを。

arena_swift_goggle_cap_004
ロゴは左右にあります

– Arenaのシリコンキャップを使用してみて

最初は前後にロゴって変だなと思って使っていたのですが、メーカーのリンクをみるとロゴは耳の上なのでロゴを左右にしてかぶるようです。実際使ってみるとアクアフォース3Dソフトキャップよりさらさらで伸びる素材なのとキャップ自体が大きめに作ってあるのでかぶりやすいです。キャップの上の方に向かって線があり少しデコボコになっていますが、これでかぶりやすくしているようです。1時間泳いでもとくにズレませんし、長時間の練習用、髪が長くてまとめないといけない方、他のシリコンキャップはキツすぎると感じている方にはとてもお勧めできます。現在3ヶ月で20回以上使用しておりますが、今のところ破れてもいません。

– Arena Aquaforce Swiftゴーグル

アリーナのアクアフォーススイフトゴーグルです。競泳選手の北島康介選手が以前使用していましたが、今は同じアリーナのコブラウルトラを使用しています。瀬戸大也選手と入江陵介選手は今でもこのアクアフォーススイフトを使用しているのでこの辺はクッションありとなしの好みでしょう。

とてつもなくゴーグルを綺麗にしてくもり止めをより長持ちさせる方法記事はこちらです

arena_swift_goggle_cap_005
アクアフォーススイフトゴーグルのパッケージ

– ゴーグルを開封

レンズカラーはクリアでミラーはオレンジのタイプです。モデル名はAGL-130Mでメーカのリンクはこちらです。レンズの色はいいですが毎度のアリーナ商品はロゴが大きいです。これはViewやミズノのように下の端の視界に入らないところに移動した方がいいでしょう。

arena_swift_goggle_cap_006
アクアフォーススイフトゴーグルのパッケージと付属品です

arena_swift_goggle_cap_007
サイドのロゴ

– ストラップを取り付ける

付属のバンドは透明っぽい薄いブルーですが、今回は水着に合わせてオレンジのバンドにします。これは以前使っていた同じアリーナのタフストリームゴーグルのバンドです。タフストリームはプレミアムアンチフォグの曇り止めで30回以上特に曇る事もなく問題なかったです。バンドの通し方はメーカー指定の逆にして留め具が下にくるようにします。(ゴーグルの裏ワザはこちら)

アリーナのタフストリームゴーグルのレビューはこちらでです

arena_swift_goggle_cap_008
オレンジのストラップと合わせます

arena_swift_goggle_cap_009
ストラップを通します

– 耳せんを取り付けます

ここでいつものスワンズの耳せんの登場です。私は使用しているゴーグルには全てこのスワンズの耳せんをつけています。つけておけば泳ぎに行く度に耳せんを無くす事もないのでおすすめです。

スワンズの耳せんのレビューはこちらです

arena_swift_goggle_cap_010
スワンズの耳せんです

arena_swift_goggle_cap_011
耳せんを取り付けました

– ストラップの通し方

ゴーグルのストラップの通し方がわかりづらいと言う方が多いのでアップの写真です。ノンクッションタイプのゴーグルは慣れるまで掛けづらく感じるかもしれませんが、慣れるとかなり緩く付けてもズレませんとにかく視界が広いのでお勧めです。

arena_swift_goggle_cap_012
ストラップの通し方

arena_swift_goggle_cap_013
一度通してしまえばあとは調節するのみです

– Aquaforce Swiftゴーグルを使ってみて

パッケージには曇り止め処理をしてあるように書いてありましたが、商品が古い在庫だったのか最近の商品とは思えないほど曇りました。一度使って綺麗に洗ったら少し改善しましたが、最近はスワンズの曇り止めを塗って使っています。(曇り止めの比較レビューはこちら)ゴーグル自体は形状も顔に合っているのか、かけやすくいい感じです。残念なのがレンズのミラーの反射の光がレンズ内でかなり大きく泳いでいる時に気になります。私は明るめのクリアかブルーのレンズが好きですが、暗めのレンズが好みの方は同じゴーグルでも違うカラーにするといいと思います。

ゴーグル専用洗浄液でのクリーニングと曇りどめ加工の記事はこちらです

arena_swift_goggle_cap_015
Uroko SkinマスターズSP水着と合わせてみました。(Uroko Skinのレビューはこちら)

– 追記その1

100均のゴムひもでアクアフォーススイフトゴーグルを改良したら非常に使いやすくなりましたので、こちらの記事もご覧下さい。

– 追記その2:オリンピックと世界水泳

リオオリンピックに続いてハンガリーのブダペストで行われている世界水泳でもこのアリーナのアクアフォーススイフトを装着している選手を見かける事が出来ました。アリーナの契約である個人メドレーとバタフライの代表である瀬戸大也選手や背泳ぎ代表の入江陵介選手が装着しているゴーグルがこのアリーナのアクアフォーススイフトです。

【レビュー】Arenaのシリコンキャップとアクアフォーススイフトゴーグルを長期間使用しました」への2件のフィードバック

  1. その、ゴーグルのオレンジのゴムはどこに売ってるのですか?

    1. このアリーナのタフストリームゴーグルのブルーに付いてきた物で、別売りのアリーナの替えベルトには無い色だったかと思います。
      http://www.animalracer.com/arena-swimming-set/3/
      SWANSがオレンジも含めてかなりの色数の替えベルトを出していて、水泳用品専門店や大型店舗に入っているスポーツ専門店などに売っています。
      お近くに店舗が無い場合はオンラインショッピングでも購入することが可能なので、”スイミングゴーグル バンド”などで検索をかけてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA