東芝マイクロSDカード128GBをコンデジに使うと凄い事になります

・高速SDカード

これまでアウトドア用デジカメであるオリンパスTG-6にはスペックの低いSDカードを使用していたのでmicroSDXC UHS-I対応のマイクロSDカード128GBへアップグレードする事にしました。

・TOSHIBA M203 UHS-I 128GB

今回購入したのは東芝のマイクロSDカード M203 128GBで海外版となります。UHS-I対応の最大転送速度100MB/s対応になります。


2つ購入しました

・SDカードアダプター無し

東芝のマイクロSDカードはSDカードアダプターが付属しているのと無しのがありますが、今回はアダプター無しでした。別途購入するほどのものでもないので、SDカードアダプターが必要な場合は付属している物かSDカードを選ぶ方がよいでしょう。


容量は128GBでSDカードアダプター無しです


海外版です


本物の証のホログラム

【レビュー】東芝マイクロSDカードのSDアダプター付きをまとめて耐衝撃ケースに入れて運用する事にしました

・開封に注意

マイクロSDカードは小さいので適当にパッケージをやぶって開封すると飛んでなくしたり破損させたりするので必ずパッケージに記載がある通りに開封をしましょう。


必ず説明通りに開封しましょう

・東芝のマイクロSDカード

以前同じ東芝の32GBと64GBのマイクロSDカードをまとめ買いして安定していたのもあり今回128GBを追加する事にしました。32GB、64GBもM203だったので全く同じで容量だけが多くなります。


マイクロSDカードでアダプター無しです


端子側です


128GB、64GB、32GBと揃いました

・SDカードアダプター

デジタルカメラに使用するためSDカードアダプターが必要です。以前購入した同じ東芝のSDカードアダプターが余っていたので使用する事にしました。


SDカードアダプター


UHS-I対応です


向きを合わせて差し込みます


装着しました



・計測してみる

読み込みははかなり速く書き込みは高速とは言えないですが通常のコンデジでの使用で4K動画も撮れそうな速度です。


Mac用のベンチマークソフトで計測

・オリンパスTG-6

水中やアウトドア用コンデジのオリンパスTG-6を使用します。これまでスペアのGREEN HOUSEのSDカード32GBを使用していましたが、クラス6で低速なため4K動画撮影が出来ていませんでした。


オリンパスTG-6、UNのレンズカバーとラスタバナナのストラップが付いています


静止画撮影には使用出来ています


32GBでも撮影枚数は5159枚とかなり多いです

【レビュー】防水デジカメのOlympus TG-6は泳ぐ時だけでなく顕微鏡カメラとしても楽しめます

・SDカードを取り出す

元々SONY RX100やNEX-5のスペアに使用していたSDカードなのでスペック的にもかなり古くこの機会に壊れる前に引退させる事にしました。


SDカードを取り出しました


32GBと当時ではかなり大容量でした


マイクロSDカードで大容量で高速かつ低価格とは凄い進化です

・東芝マイクロSDカードに入れ替える

オリンパスTG-6に東芝のマイクロSDカードを入れました。TG-6は防水用にバッテリーとSDカード用の蓋が二重ロックになっているので忘れずにロックします。


東芝SDカードを入れます


電源が入りました

・凄い容量

撮影可能枚数が写真を最大で画質をFINEにしてもカンストして振り切って9999枚になりました。4K動画の設定で動画も約2時間40分と普通に使用していたらまず使い切れない容量になりました。ダイビングで動画を回しっぱなしにする人には嬉しい大容量です。


枚数が9999枚と振り切りました

・SDカードケースに入れる

SDカードやマイクロSDカードは端子部分がむき出しなので、そのままポケットやカバンに入れたりすると破損する場合があります。何よりマイクロSDカードは小さいので紛失のリスクがあがりますので、SDカードの保管と運搬用には専用のケースを使用しましょう。


各SDカード用ケース


マイクロSDカードとSDカードアダプターのセット用ケース


SDカードサイズのケース


トランセンドのSDカードケース


グリーンハウスのSDカード専用高耐久ケースで管理する事にしました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。