【レビュー】アイリスオーヤマの超静音シュレッダーは静音性能が高く長時間使用も可能ですぐれものです

・シュレッダーを入れ替える

今まで使用していたシュレッダーが突然動かなくなり、アイリスオーヤマの消音機能が高いシュレッダーに入れ替える事にしました。これが想像以上に静かでモーターの長時間駆動も可能で一気に効率があがったので、機能面や使い勝手などを含めて書いていきます。

・アイリスオーヤの超静音パーソナルシュレッダー


今回選んだのはアイリスオーヤマのシュレッダー、型番はP6HCS-Wでカラーはホワイトとなります。静音を売りにした小型シュレッダーで自宅やスモールオフィス用の商品になります。


パッケージにも超静音とあります


保証書などです


本体を取り出しました


同時にプリンター用ペーパーも注文しました

【レビュー】ブラザーのインクジェットプリンターを新型のDCP-J577Nに入れ替えました

・本体を見てみる

最近すっかり格安で布団乾燥機などの良い品を出す良いイメージがあるアイリスオーヤマですが、このシュレッダーも十分な質感とクオリティがあります。本体カバーの素材もよくホームユースであれば全く問題ない作りです。


本体前から


本体上から


本体左から

・シュレッダーのすすめ

自宅でシュレッダーを使うのかと思われる方もいると思いますが、日々届くDMに書いてある住所や、クレジットカードの明細など様々な個人情報が書かれています。それをそのままゴミに出すのはどこの銀行を使ってどこと契約しているなど自分の個人情報と居場所をこちらから教えているようなものです。現に海外ではゴミから個人を特定出来るかの実験番組などがあり、それでは見事に細かいところまで身元を特定していました。ちなみに日本のクレジットカードはクレジットカード会社の封筒で届きますが、あれはありえないくらい危険な送付方法です。


2つの裁断用の取り入れ口があります

・ペーパーとメディアの裁断に対応

このアイリスオーヤマのシュレッダーではA4サイズまでの紙の他にブルーレイやDVDなどのディスクの裁断も可能なのでテレワークなどで機密情報を扱う方にはとても良い機能です。本体と説明にはありませんが、クレジットカードの裁断も可能なはずです。


左の溝が紙用で右がメディア用です


BDやDVDのメディアを裁断可能

・ダストボックス

裁断した紙はダストボックス(トレー)にたまり前面から引き出すと開閉が出来ます。トレーには窓が付いているので中を確認が可能でゴミの量がわからないとか満杯であふれるといった事を防げます。


本体前面で開閉します


トレーを開けました


透明のパーツはメディア用です


裁断した紙の量がわかります

・使用前の確認

トレーを取り出すと注意書きが出てきます。トレーをにゴミやカスがついているのを中古品などと勘違いされるからか、裁断テストで使用したから正常ですと記載されています。これもテスト後に清掃するとその分コストがかかるから低価格で出すためにそのまま出荷しているのでしょう。


注意書きです


トレーを取り出しました


細かいカスなどがありますが正常です

・古いシュレッダーと比べてみる

これまではサンワサプライのシュレッダーを使用していました。こちらもCD-Rなどのメディアやクレジットカードなどの裁断に対応していて機能的に問題はなったのですが、ペーパーを大量に裁断しようとすると数分ですぐモーターがオーバーヒートで止まり復帰まで30分ほど待たないといけないのと、すぐ紙が詰まり逆回転させてもなかなか出てこないのがいまいちでした。


右がサンワサプライのシュレッダー


これまでのは細長です



・シュレッダー本体の処分仕方

まだ動く機種であれば売却したり譲ったりする事も出来ますが、古すぎる機種や壊れて捨てる場合にシュレッダーは家電なのでそのまま普通のゴミとして捨てる事は出来ず、粗大ごみとして出す必要があります。自治体のページを見ると価格などが表示されているので参考にするとよいでしょう。世の中いろいろなマニアがいるので地元のクラシファイドなどに出すと引き取り手が現れるかもしれません。


機能的には同様です


収納スペースはそれほど変わりません

・使用してみる

電源をつなぎスイッチを入れると裁断が可能になります。スイッチは紙を入れると自動に動く自動、モーターが回転し続ける正転、詰まった紙を排出する逆転の3種類の切り替えが可能です。幅が狭い紙の場合は感知センサーと書いてある部分に入れましょう。ペーパーはA4であれば6枚まで同時に裁断可能で、とても綺麗に縦横にクロスカットされます。プリントもほとんどしないのですが、CD-R,、DVD-R、BD-Rなどのメディア類は一切使用しないので裁断機能は試していません。


幅広の溝がペーパー用です


綺麗に裁断されます

・とにかく静か

超静音を売りにしているだけにこのシュレッダーを使用してすぐにわかる静かさです。テレワーク時の自宅での騒音が気になり家族特に小さいお子さんがいる方には最適です。裁断スピードも家庭やスモールオフィスで使うには問題ないほど速く、しかも通常より多めの裁断で今まででは止まっていたような連続稼働を行っても一切止まる事はありませんでした。使って一回目ですでにもっと早くに買い換えるべきだったと感じました。これは久々に買ってよかったおすすめの商品の1つになりました。



・パーソナルシュレッダーの取り扱い方

家庭用のパーソナルシュレッダーは業務用のシュレッダーと違い分厚い紙や連続使用に向いていないので、毎回A4ペーパーも6枚ずつ裁断せずなるべく少ない枚数にする方がよいです。そして連続使用をするとモーターを守るためにサーモスタットが働いて運転が停止してしまいます。このアイリスオーヤマのシュレッダーは10分連続稼働が可能ですが、なるべるまとめて裁断せず日々こまめに使用していく方がよいでしょう。


古いシュレッダーで裁断した分です


左の今回のシュレッダーで裁断した方がより綺麗です

・裁断したペーパーを取り出す

トレー前面が半透明になっているので裁断した紙が満タンになるとわかるようになっています。トレーを取り出してゴミ袋に入れてしまえばそのままゴミに出すことが出来ます。


前面から裁断量が見えます


ほぼ満杯になりました


メディアの裁断はしないので取り外します


メディア用のトレーは取り外しました

・本体を綺麗にする

シュレッダーのトレーをはずすと本体には裁断された紙の残りなどが出てきます。これはカッターに残っていた分などで使用しているとどうしても出てくるので、気になる方は大きめのゴミ袋の中でトレーをはずすとよいでしょう。本体に落ちた分は手で取り出してもよいですが、カッター側に手を伸ばすのは危ないのでやめておきましょう。トレーをはずせば安全装置が働いてモーターは回らないように作られてはいますが、もし清掃する場合は必ず電源コードを抜いて少し時間がたってからにしましょう。


本体に残った裁断した紙も取り出します

・おすすめのゴミの出し方

シュレッダーのゴミをまとめて出すと厳密にはそれほど安全ではなく復元の可能性はゼロではありません。おすすめのシュレッダーゴミの出し方としてはまず袋は2つに分けこれで復元の可能性がかなり減り、そして究極手段として生ゴミに混ぜてしまう方法です。生ゴミ内のシュレッダーのゴミを復元しようとする方はほぼいないでしょうし、水分と混じってまず復元自体が出来ません。シュレッダーのゴミだけで出す場合でも少し水を含ませると安全性が高まります。

・シュレッダーはメンテが必要

シュレッダーを使用してそのまま放置でよいと思っている方も多いと思いますが、それは間違いでシュレッダーはこまめにメンテナンスをしないといけません。シュレッダーのトラブルで一番多いのは紙詰まりでしょうが、これは回転するカッター部分の油切れで起こる事が多いですし、紙が詰まってくると裁断効率が下がり熱を持ちやすく稼働時間が短くなります。そこでカッター部分の油切れを防ぐためにシュレッダー専用オイルを使用します。今回はFellowsのオイルを用意しましたが、これはどこの大型電気店でも売っているのでシュレッダーを購入の際には長期間使用出来るように必ずシュレッダー用オイルを用意しておきましょう。


フェローズのシュレッダー専用オイルです


後ろ側に使用方法が記載されています

・シュレッダーオイルの用意する

フェローズのシュレッダー用のオイルはノズル先端を自分でハサミなどで切らないといけないのですが、これはかなり先端を切ってなるべく細くオイルが出るようにした方がよいです。それ以外はケチャップなどと同様に中のシールを剥がしてノズルとキャップを付け直すだけです。


キャップを開けます


シールを剥がしてキャップの先端を切ります


キャップを取り付けて準備が出来ました

・シュレッダーオイルの使い方

シュレッダー専用オイルの使い方は簡単でミスプリントなど裁断するA4ペーパー数枚にこのオイルを染み込ませて通常通りにシュレッダーにかけるだけです。なるべくカッターの全体的にオイルがまわるようにA4用紙の幅いっぱいににオイルを染み込ませましょう。


ミスプリントのA4用紙を数枚用意します


オイルを染み込ませて上から1枚紙を載せます


通常通りシュレッダーにかけてメンテが完了です

・まとめ

アイリスオーヤマの超静音シュレッダーはこれは凄いと思わせるほど本当に静かで、連続稼働時間も長く少人数のオフィスくらいであれば問題ないほど高性能なシュレッダーで久々の買ってよかったと思わせる製品です。今お使いのシュレッダーに不満があったり簡易的なシュレッダーを使用している方は時間の節約にもなるので、シュレッダーの入れ替えを考えているのであればこの超静音シュレッダーを選択肢に入れる事をおすすめします。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA