【レビュー】Canon RF50mm F1.8 STMは素晴らし過ぎるミラーレスカメラ用の単焦点レンズです

・Canon EOS RPのレンズを選ぶ

マウントアダプターでオールドレンズを使おうとだけ思っていたCanon EOS RPですが、使ってみると軽量で最新のAFレンズも使ってみたくなりRF 50mm F1.8 STMを選んでみました。

・RF 50mm F1.8 STM

今回購入したのはRF 50mm F1.8 STMです。Canon EOS RPなどRFマウント用のAF(オートフォーカス)レンズです。焦点距離は50mmでEFマウント時代からある安くてよく写る単焦点レンズの最新版になります。


パッケージはカメラ本体のと違って小さいです


キャノンは紙の使用を減らそうとしているのかもしれません

・基本のレンズ

Leicaが50mmのレンズを出してから何故かカメラは50mmが基本で標準レンズとされています。人の目の視界に近いからと言う説がありますが、単に当時の技術の限界でレンズの明るさと画質のバランスがよかっただけで、視界の画角に近いなら28mm前後であるべきでしょう。とは言え写真を撮る事を考えると広角過ぎず、望遠過ぎずで風景からポートレイトまで撮れてカメラを学ぶには良い画角である事は確かです。


50とレンズ上に表記されています


フィルター経は小さめです


RFマウントは大きめです


レンズ横にはスイッチがあります


キャップをはずしました


フロントキャップとリアキャップ

・レンズを見てみる

RFマウントからミラーレス化されバックフォーカスが短く出来そうですが、EF時代の50mm F1.8のかなり奥まっていたレンズの位置とそれほど変わってなさそうな見た目です。似ているとは言え最短撮影距離が0.3mに短くなっています。これまでの一眼レフからミラーレスになった最新マウントだけに電子接点の数などが増えてカメラとの通信部分など機能が進化しています。


前玉はかなり前よりになっています


絞りは7枚です


接続端子の数が増えています


最短0.3mです

・計量する

小型単焦点レンズだけにRFマウント最軽量になります。メーカーサイトのレンズの紹介はどれだけ重たく大きくても軽量でコンパクトと記載されていますが、何か基準があるわけではないので鵜呑みにする必要はないです。


小型軽量です

・Canon EOS RP

RFマウントのミラーレスカメラでフルサイズセンサー搭載ではこちらもキャノンで最軽量になります。気軽に綺麗に撮るには最適なカメラです。


Canon EOS RPです


ボディを計量、バッテリーとSDカードを含みます

【レビュー】Canon EOS RPこそフルサイズミラーレスカメラのあるべき姿です

・レンズを取り付ける

RFマウントの面白いところはレンズの取り付けの指標の○のマーク部分がカメラのマウントの真上にある事です。今までなぜかどれも斜めについていましたが、これが非常に使いやすくなぜなかったのだろう思う配慮です。


レンズを取り付けました


キャップをはずしました

・RFマウント最軽量セット

RFマウントのボディとレンズを組み合わせたので当たり前ですがRFマウントカメラの最軽量セットになります。他にもフルサイズセンサーで軽量なカメラはありますが、レンズを取り付けてこそのカメラなので素晴らしいシステムです。


RFマウント最軽量セットです

・実は沈胴式

メーカーのサイトなどはレンズが沈胴する場合まず絶対にその状態の写真を載せません。メディアでもあまりレンズを伸ばした状態を出している事はないので、レンズがメーカーから提供されている場合は沈胴状態は乗せるなとの指定なのでしょう。使用中に見た目もいまいちでレンズ先端の保護になるのでこの後に純正フードES-65Bを取り付けました。


電源オフの時は短くなっています


最短だとかなり伸びます


上からみるとかなり飛び出しています

【レビュー】Canon RF50mm F1.8 STMには純正フードES-65Bを組み合わせた方が見た目がよくなります

・カメララップに包む

レンズを取り付けた状態で運べるようにカメララップに包みました。ボディ用に使用していたコールマンのラッピングクロスでそのままレンズ付きの状態でも包む事が出来ました。


コールマンのカメララップはネオプレーン製でクッション性が高いです


レンズ込みで包めました

・実際に撮影してみて

これが感動するほどシャープに綺麗に撮れます。キャノン5Dが発売された時のよく見かけたシャープで抜けのよい写真は50mm F1.8で撮っていたのでしょう。フィルム時代からキャノンの50mm F1.8ほど安くて良く写るレンズは無いと言われていましたが、それを継承しています。残念ながら時代と共に価格は上がっていますが、それでもレンズの中では安価な部類ではあります。

・デジタルオプティマイザーは必ず使おう

レンズの周辺光量の低下や湾曲などは気にしないと言うよりあった方がよいと思っているくらいでデジタルでの補正は基本切っていますが、EOS RP本体の設定にあるデジタルレンズオプティマイザ(DLO)は写真がよりシャープに抜けがよくなるので必ずオンにしましょう。

・付けっぱなし

ここまで軽量で気軽に撮れ最短も短く何でも撮れてしまうとAFに関してはレンズを付けっぱなしでよいのではと思えるほど素晴らしいレンズです。Canon R系列はかなりボディの種類も増えてきましたが、RF 50mm F1.8はまず1本揃えておきたいレンズです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。