【カメラ修理】シャッター不良のジャンクだったMinox 35GTが完動品になりました【ミノックス】

        

Twitterで最新情報をお届け

– Minox 35GT後期型

せっかく手に入れたMinox 35GTの後期型ですが、残念ながらシャッターがきちんとおりない故障におちいりました。カメラをバラしてみると簡単に調整方法がわかり修理する事が出来たので、やり方を含めて書いていきます。

– シャッター不良

Minox 35GT(35GT)の後期型はMinox 35GT1600(35GT1600)と言うモデルで基本的にはほぼ一緒で対応するISOの値が800から1600に変更されています。今回のトラブルはシャッターのチャージレバーも動くものの、トルクがなくシャッターを押してもきちんとシャッターが開きません。これでは撮影が出来ないのできちんと直す事にします。

Minox 35GT1600, 35GT, 35GT-E, 35ELの4台です

各Minox 35の記事はこちらです(35GT1600, 35GT, 35GT-E, 35EL)

– シャッター不良の原因をさぐる

シャッターチャージのレバーも動きシャッターボタン自体は押せているので、どうもチャージ時の動きに問題がありそうです。きちんとシャッターがチャージされていないためシャッターボタンを押してもパチっと軽く音がするだけで、シャッター自体が開きません。カメラ内部の仕組みを見て原因を究明するために裏蓋からはずします。

実はパーツを外さずに直せるので、やり方だけを知りたい方は次の調整方法へ飛ばして下さい。


フィルム交換と同様に裏蓋をはずします


シルバーのパネルについているネジをはずします


シルバーのパネルをはずします


黒いパネルを止めているネジをはずします


パネルは簡単にはずれます


レンズにつながる黒い筒のようなパーツをはずします

– シャッターチャージの調整方法

レンズの右横に2つのプラスネジが見えます。そのネジをゆるめて上下させる事でシャッターをチャージさせるカンチレバーの調整が可能です。ネジをゆるめすぎるとパーツがはずれてしまうのでちょっと緩める程度で大丈夫です。シャッターのチャージをしてもすかすかでチャージされていない場合はこの2つのネジも含めて上の方へ少し移動させます。そうするとカンチレバーがチャージ機能部分にうまくあたりシャッターがチャージされるようになります。


レンズ右横に見える2つのプラスネジで調整する


写真上でレンズの左側にあるパーツでシャッターをチャージしています

– まとめ

さすがドイツ製だけにこれだけコンパクトなカメラでも調整が必要になる部分は簡単に調整出来るようにしてありました。きっと元々設計上このシャッターチャージの調整が一定期間使用したら必要になり、強いショックでずれてしまうのだと思います。シャッターボタン自体は押せてしまうので、ネットオークションなどの説明だとシャッター不良と書かれない場合があるかもしれませんが、シャッターが開かないと言うトラブルだけならプラスドライバーが1本あれば直ってしまうので、修理(と言うか調整)をしてみるのもよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA