【カメラ】Minox 35の2台目として初期型のMinox 35ELがやってきました【ミノックス】

        

Twitterで最新情報をお届け

– Minox 35EL

Minox 35GTですっかり気に入ってしまったMinox 35です。せっかく集めるなら初期型のMinox 35ELをはずすわけにはいきません。既に所有しているMinox 35GTとの違いなど含めて書いていきます。

– 2台目のMinox 35

Minox 35GTを手に入れて使い出してからすっかりMinox 35を気に入ってしまいました。純正ケースを探していたらケース付きの35ELを見つけたのでコレクションに追加しました。素材やレンズなどは同一でこの初期型の時には既に完成し洗練されています。

Minox 35GTの記事はこちらです


Minox 35シリーズはここから始まりましたが、既に完成された見た目です


レンズはColor-Minotar 35mm F2.8でMinox 35GTと同様です(Minox 35GT-Eの途中からColor Minoxarとなります)


シャッターチャージはレバーでなくダイヤル式です


Minox 35GTと同様にISO800まで対応ですが、35GTとは違い文字が削れる心配はありません

– Minox 35GTとの違い

サイズや素材、レンズなど操作部分を含めて基本的な部分は35GTと一緒です。初期型の35ELはよりシンプルで、35GTにあるセルフタイマーと露光時間が2倍になる逆光補正用のスイッチがありません。35ELの上部にあるスイッチはバッテリーチェック用です。35ELはシャッターのチャージがダイヤルになり、35GTは通常のレバーですがチャージに操作が2回必要になります。


Minox 35GTと列べてみました


GTとの簡単な見分け方はシャッターボタンの違いです


Minox 35ELはシャッターチャージがダイヤルで連続で使用すると指が痛くなります


レンズカバーを開けると35ELの前面にはLEDがありません

– 使い勝手

本当にコンパクトでありながら写りもシャープでコンパクトカメラとしておすすめ出来ます。絞りとフォーカス(ピント)が目測ですので、ローライ35やロモLC-Aのなどで慣れてるいる方はすんなり使えると思います。とにかくシャッターが軽くすぐシャッターが切れてしまうので、撮影時にはそれだけが注意です。

他には手に入れる際の注意点も含めMinox 35GTの方で詳しく書いているので参考にして下さい。(リンクはこちら

– 純正アクセサリー

Minox 35ELの本体ももちろん欲しかったのですが、純正レザーケースが欲しかったのもあります。コンパクトなだけにとてもにスタイリッシュです。フィルターはカシメ式でレンズ沈胴にかぶせるタイプです。Minox 35GTやGT-Eなどは同じカメラに見えて実はレンズサイズが違いフィルターを共有する事は出来ませんので、フィルターを手に入れる時は気をつけて下さい。


純正ケース付きでした


フィルターの色からしてスカイライトフィルターでしょう


フィルターを装着するとレンズカバーを閉める事ができなくなります

– まとめ

Minox 35に興味がありとにかく一度使ってみたいと言う方はMinox 35ELはそれ以降のモデルより比較的安いのでよいと思います。セルフタイマーか逆光補正機能が絶対欲しい場合は35GLか35GTがおすすめです。Minox 35GT-E以降は写りはいいのですが、初期型からあった質感と高級感が失われているので、レンズがMinoxarが絶対欲しい場合以外はおすすめしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA