【レビュー】カナル型マイク付きイヤホンJayfi JA40をいろいろなイヤホンと比べてみました

        

Twitterで最新情報をお届け

– スイッチとマイク付きのイヤホン

今まで使っていたイヤホンが次々に断線してしまい、前に使っていたイヤホンは音は良いけどスマートフォンコントローラーのスイッチが付いてなく、今回スイッチとマイク付きの普及価格帯のイヤホンと言うことでJAYFI JA40にしてみました。実際に使ってみて家での他のイヤホンとの音質比較や外での使い勝手など含めて書いていきます。

– Jayfi JA40

jayfi_ja40_002
JAYFI JA40のパッケージです。かなりシンプルで、箱のままだと中身が見えないので通販専用なのかもしれません。

jayfi_ja40_003
中身はイヤホン本体、サイズ別の変更用イヤパッド、ポーチ、説明書になります。

jayfi_ja40_004
本体がメタルで高級感もありかなり重量感がありプラグをよく見ると4極になっています。プラグにはストレートタイプなのでタイトなジーパンのポケットにスマートフォンを入れながら使用する方はプラグの断線が気になる人もいるかと思います。私はイヤホンなど持ち運ぶ時はポーチなどには入れずそのままポケットにケース無しのスマートフォンと一緒に入れてしまいますが、手持ちの機器等が傷つくのが心配な方はポーチに入れるなりカバンにしまうなどすると良いでしょう。ケーブルはかなりさらさらな感じでクセが付きにくいからか、ケーブル長1.2mでも長く感じます。

jayfi_ja40_005
イヤホン本体からイヤパッドをはずしてみました。メーカーの説明によるとイヤパッドは医療用シリコンを使用しているようです。パッドをはめる部分の直径は標準的な経なので、いろいろとお気に入りのイヤパッドに交換する事も可能です。最近は耳に痛いイヤパッドもかなり減り、このJA40も新し目の日本大手メーカーなどのパッドにかなり似た感じかつケーブル同様にサラっとした素材なので、特にお気に入りイヤパッドでもない限り付属のままで十分かと思います。

jayfi_ja40_006
細いマジックテープが付属しているので、ケーブルをまとめるのに便利です。とは言っても簡単にケーブルをまとめてもマジックテープをはずした時に結局からまってしまうので、ケーブル自体のまとめ方を工夫する必要があります。私は数日外で使用したらこのマジックテープ自体はすぐなくしてしまいました。

jayfi_ja40_007
4極プラグと言うことでスイッチとマイク付きです。iPhoneなどでスイッチで曲の開始停止やそのまま電話で話せたり出来るので便利です。そしてこのスイッチが真ん中ではなくイヤホンの左側についているので、イヤホンを取り出した時に左右を本体を見て確認しなくてよいのがいいです。残念ながらボリューム調整用のスイッチはありませんが、この価格帯ならスイッチとマイクだけでも満足でしょう。

– 音質チェック

部屋で聴いてみるとかなり低音よりのチューニングで特に低い周波数はモコモコになります。サ行と小さいッの音が少し出がちなバランスですが、バスドラやヒップホップなどで重低音でアタックがあるような音楽が好きな方とかに良いのではないでしょうか。ジャズやクラシックなども聴いてみましたが、ボーカルや中域が若干引っ込みがちになりますがこの価格帯であれば十分なレベルだと思います。ただ、外に出ると車や電車の騒音等もありこのバランスが良い方向に変化し聴きやすくなるので、イヤホンを外で歩きながらや電車の中で中心に聴くと言う方にはよりおすすめ出来ます。イヤホンもあまり高級過ぎると満員電車で引っ掛けられての断線等も気になるでしょうし、普段通勤通学用として価格帯も考えて良いイヤホンかと思います。エージング信者ではないので、パッケージを開けてすぐ使ってからの感想です。

– 他のイヤホンと比べてみる

jayfi_ja40_008
KlipschのX10iです。X10にiPhone用のコントローラーが付いたモデルで4極プラグのため音量調節等が出来るので便利かつ音質も本当に自然で最高です。断線したままなのと、今回のJAYFIのJA40とはあまりに価格帯が違いすぎるので直接の比較はしていません。

クリシュプのイヤホンが断線した記事はこちらです。

jayfi_ja40_010
ALPEXのSignと言う反射板素材でケーブルが光るイヤホンです。2,000円以下で売っている格安イヤホンの部類になり今回のJAYFIのよりは少し安めです。本体も柔らか目の素材でラフに扱えるし、プラグがL字でポケットに入れなが使うには良かったのですが、残念ながらこちらも断線してしまいました。こちらは価格帯が安めと言うのもありますが、JA40よりは極端な音のチューニングはされていません。

アルペックスのサインのレビューはこちらです。

jayfi_ja40_009
KOSSのKEB24と言うイヤホンで以前のモデルなので現在は取り扱いがありませんが、当時の販売価格が3,000円前後でJayfi JA40と同じ価格帯です。KEB24は音質は自然でとても聴きやすく中音よりの良いバランスでクリシュプのX10iの次に気に入っていたイヤホンです。ボーカルなど聴くならこのKOSS KEB24は最高ですが、今回のJayfi JA40と比べると物足りないと思う方もいるかもしれません。この辺は聴く音楽のジャンルや好みなので、聴く音楽によってイヤホン自体を切り替えたりするのも面白いですし、それが可能な価格帯だと思います。KOSS KEB24のイヤパッドはコンプライの物に変更しています。同じKOSSだとThe PlugやSparkplugなども低価格帯で本体等の改造等も盛んで面白いイヤホンです。

jayfi_ja40_011
今回使用したイヤホンをまとめてみました。まだ沢山あるのでいずれ登場させようと思っています。

– まとめ

3,000〜5,000円前後の普及価格帯と言うこと考えるとメタルボディでスイッチとマイク付きでこの品質なら全く問題ないでしょう。音質は個人の好みになってしまいますが、低音重視が好きな方には良いと思います。イヤパッドは本当人によって合う合わないがありますが、このJA40の形状であればいろいろなイヤパッドが付け替え可能になるはずです。メインの高級イヤホンをずっと使って断線させたく無い方向けのスペアや、通勤通学でメインに使う方にはおすすめ出来るイヤホンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA