クリプシュ X10iが断線したので4極プラグが必要に【イヤホン】

        

Twitterで最新情報をお届け

– Klipsch X10i

iPhoneにはずっとクリプシュのX10iを使っています。音はもちろん最高ですが、このイヤパッドが本当に素晴らしく長時間使用しても耳が痛くなる事がありません。気に入っていると使う時間も比例して長くなりますが、ついに私のもケーブルのコネクター側が断線しました。最初はたまにノイズが入りスイッチがまったく効かなくなりました。一応音は聞こえていますが、プラグを自分で交換する事にしました。

– 4極プラグ

iPhoneコントロールと言われるスイッチとマイク付きのイヤホンは普通のステレオ用3.5mm3極プラグではなく、3.5mm4極プラグが採用されています。クリプシュのプラグ側はかなり細めのストレートタイプなのでポケットに入れておくとどうしても断線しやすいです。手に入れてすぐに熱圧縮チューブで補強しておけばよかったと思います。

– 交換プラグ

いくつかのお店をまわって秋葉原のオヤイデ電機の店頭で売っている4極プラグにしました。3極より4極は半田をする場所が狭く壊すとまずいので2つ購入しました。いつも複数買うのですが3極プラグなどもかなりたまってきましたが、不意の事故などで壊した時用にもスペアがあると安心です。今までRCAなど数々自作しましたが、プラグ自体の不良で音が出なかった事はないので、やはり検品はしっかりしているのでしょう。

klipsch_x10i_001

– 買い替え候補

いくつもイヤホンを試しましたが、クリシュプを使ってからこれ以外のイヤパッドは考えられず音も気に入っているので修理する事にしました。X10は人気があるようで最近復刻したようです。新型のX11も出ているようですが今回は見なかった事にします。以前はImage S4を使用していましたが、耳が痛くなりやすい方は一度クリシュプのを試してみる事をおすすめします。

– 修理へ向けて

今回は一応音が出ているので修理自体は後でする事にしました。修理したら再度更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA