【レビュー】ウィダーのおいしい大豆プロテインコーヒー味は商品名通りに普通のコーヒー飲料かと思うくらいに美味しいです

・ソイプロテイン

ホエイとソイの両方のプロテインを使い分けていますが、より気軽に飲めるウィダーのソイプロテインを選んでみました。

・Weiderおいしい大豆プロテイン

今回購入したのはウィダーのおいしい大豆プロテインで、本当にこの商品名です。ガチでトレーニング用と言うよりは健康サポートのサプリ系プロテインです。アンチドーピング対応商品で珍しいのはホットで飲める事です。


コーヒー味です


説明は読んでおきましょう

・おいしい

先に書いておくとあり得ないくらいに表記通りに美味しいです。米国でそのまま出したらあっさり訴訟で負けそうな商品名ではあります。


タンパク質20g中10g

ザバスソイプロテイン100が美味しくて飲み続ける事を決める

・開封する

大豆から作られているだけにきなこっぽくもある粉で豆乳コーヒーのような香りがします。


大豆だけにきなこ系の粉です

・さっそく飲んでみる

計量スプーンはパッケージの外付けではなく粉の中に埋もれています。説明通りのスプーン3杯(20g、これ嘘です)を豆乳200gで割ると甘めで濃すぎるので少し薄めてのむかプロテインの量を減らすと溶けて混ざりやすくより美味しく飲めます。


スプーンは埋没しています

・ザバスとの比較

ザバスのソイプロテインココア味もプロテインと思えないほど美味しいもののプロテインだとはわかる味でしたが、ウィダーのソイプロテインコーヒー味は豆乳で割るとそのまま豆乳コーヒー飲料で普通に飲んでプロテインと気がつく人はまずいないと思います。

・計量スプーン

黄色の計量スプーンが付属していてザバスのスプーン(名目上7gの嘘スプーン)とほぼ同じサイズです。プロテイン付属のスプーンの容量ほど信用ならないものはないので別のスプーンで計量するかスプーン容量を確認してから使用しましょう。


ウィダーのスプーン


右はザバスのスプーン

プロテインを溶けやすくし長持ちさせる裏技と計量スプーンの秘密

・恒例の計量カップの計量

キッチンスケールでスプーンを計量するとやはり約7gではなく多く入るので、そのまま200ccで割ったら濃いわけです。説明通りに入れるのでれば2杯を200ccで割るのがよいでしょう。それでも甘めなのでより薄めにするのがおすすめです。


両方とも一杯7gと言ってますが


2杯で20gとして使用した方がよさそうです

・ウィダーソイプロテインを飲んでみて

味がそのまま豆乳コーヒーでコーヒー牛乳感覚で飲めてしまうほどに美味しいウィダーのソイプロテインです。それほどプロテイン量に拘ったアスリート向けではないですが、イソフラボン豊富で肌を綺麗にするので健康対策や寝る前の筋肉痛解消のために飲むのに向いています。タンパク質も豊富なのでダイエットの置き換え食にもよいですし、甘くて飲みやすくカルシウムも入っているのでお子様用のジュニアプロテインとしても使うのもよいかもしれません。くれぐれも美味しいからと言って飲みすぎには注意しましょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。