Timesのシェアカーを空港で借りて目的地で乗り捨ててみました

・シェアカーを乗り捨てる

空港から少しの距離の移動でもタクシーでもレンタカーでも高額になるのでシェアカーの乗り捨てサービスを利用してみる事にしました。

・国土交通省のプロジェクト

Times(タイムズ)が国土交通省と組んで推進しているシェアカーを乗り捨てるプロジェクトで対応した駐車場から駐車場に乗り捨てる事が出来ます。要はシェア自転車の車版です。


国土交通省の社会実験です

・これまでのシェアカー

これまでと言うかほとんどのシェアカー(レンタカー)の問題が借りたところに戻らないといけない事です。ほとんどの人が用があって出かけるのであって、その後に家に戻るにしても目的地で一度乗り捨てられた方がより格安かつ気軽に使えるようになり理想です。レンタカーも乗り捨てサービスがあるにはありますが、無駄にオプション代を払わされて全く得ではありません。

ペーパーレスで海外到着から入国まで出来るかに挑戦しました【VeriFly】

・まずは予約する

シェアカーの乗り捨てはまだ広くサービスを展開していなく、対応の駐車場も少ないので前もって予約をしておきます。空港からの場合は飛行機の遅れも考えられるので、多少余裕をみて予約をしておくとよいでしょう。予約はタイムズカー羽田店L・Dから【路上ステーション】大手町駅前L・Dでの乗り捨てとしました。レンタカーなどと違ってタイムズカーはシェアカーなのもあり乗り捨て料金は取られません。


予約しました

・補償サービスは入っておこう

何があってから遅いので保険などは入れるのは全て入っておきましょう。そして海外旅行の場合の旅行保険も入るのを忘れないようにしましょう。現在ではフライトがキャンセルした時の返金オプションなどが増えています。

・慣れていれば激安

乗り出す時間が予約ぴったりで道もわかっているのであれば、羽田から大手町まで50分程度なので1時間分(800円+乗り捨て料金無料)で済んでしまいます。現在は緩和されましたが、空港でのホテル滞在から隔離が続いている人は公共交通に乗れないため、ハイヤーかレンタカーに乗るしかなくどれも高額でしたが、これなら最安値になるでしょう。

・Timesはわかりづらい

Timesはシェアカーなのかレンタカーなのか非常にわかりづらいです。以前シェアカーサービスだったTimesカーシェアはTimesカーになり、TimesのレンタカーはTimesカーレンタルです。しかも予約したタイムズカー羽田店L・Dはシェアカーもレンタカーも扱っていてもう何がしたいのかわけがわらないです。

・月額料金を割安に

毎月乗らなくても定額を取られるTimesカー(シェアカー)ですが、月額分は乗れるので損ではないのですが、相変わらずの時代遅れの価格設定で入会と月額は無料にするべきでしょう。そこで月額を無料にするには法人会員になる事です。これだと月額料金がかかりません。


空港に到着しました

・お迎えサービス付き

格安のTimesシェアカーでもTimesカーレンタルと同様に空港までの送り迎えのサービスが付いています。空港のターミナルのTimesカウンターに言うのもよいですし、予約した羽田店に電話をしても迎えに来てくれます。


レンタカー各社が迎えにくる専用の場所があります

・羽田店に到着

羽田店と名前は付いていますが、実際は大鳥居なので羽田空港からはかなり離れています。駅から遠くても田園調布店だったり成城店だったりするのと一緒です。


表記はTimesカーでもレンタカーも扱っています

・羽田L・D

LDって何と言う感じですが、これもわかりづらく要は羽田店の中にあるシェアカーの乗り捨て対応している駐車場と言う事です。ウェブも他の店舗の同じ扱いなのでとてもわかりづらく、それならLD自体の名前を変えて説明に〜LDは羽田店内にあり、オペレーションも羽田店が行っておりますなどと記載を変更すべきでしょう。これでは机上だけで作って実際に現地で試してないのが丸わかりの社風です。顧客サービスでユーザビリティを上げるのに一番重要なのは社内でのテストの繰り返しだとわかってないのでしょう。


きっと乗り捨てされるために空いている駐車場


乗る時に自分でカラーコーンをどかします

・ドアを開ける

Timesカーに乗るには会員カードを後ろの窓のセンサー部分にかざしてドアを開ける必要があります。現在はiPhoneアプリだけで乗り込めるようになっています。乗り込んでからグローブボックス内の鍵などを使用すると乗り出せます。羽田店はレンタカーも扱っているので営業時間内であれば店員の方が対応してくれ、わからない事があれば教えてもらえるので初めてシェアカーを借りる場所としてはおすすめです。

・システムが洗練されている

Timesカーはこれまでのレンタカーに比べるとシステムが洗練されており、カーナビに多くの情報が表示されます。予約時間終了が近づくと延長しますかと聞いてきて、カーナビ上で借りている時間を延長する事などが出来ます。ただ、残念なのは乗り捨てる場所が決まっているわけ(しかも初めての場所の場合もある)なのだから、乗り捨て場所の駐車場を表示するかカーナビで案内すべきです。

・安全運転を心がける

今更なにをとお思いでしょうが、Timesカーは全ての動きをセンサーなどで記録していています。運転後は急加速、急減速の回数から全て運転傾向としてレポートが送られてくる(たぶん前後の車間距離も測っています)ので、借り物だからとゼロヨンやドリフトなどをしないようにしましょう。事故や事件が起こった時のためという理由で運転中の音声なども録音されていると思われるので、何をすべきでないかはわかるかと思います。

・大手町駅前L・Dは非常にわかりづらい

羽田店を出る時に大手町駅前店をカーナビの目的地に登録したのですが、羽田店と違い大手町駅前店と大手町駅前L・Dは全く違う場所にあります。(というかあり得ないほど離れている)これが本当に不親切でとにかく大手町駅前L・Dが見つからず大手町GPかと言うほどあたりを周回しました。羽田LDは100歩譲るとして大手町駅前LDか大手町駅前店のどちらかは名称を変更すべきでしょう。


路上にチェーンが張られた専用駐車場です

・なんとか駐車場を見つける

路上ステーションと言うだけに大手町駅前店とは全く別の場所の大通りの路上に専用の駐車場がありました。駐車場自体は勝手に路駐(タクシーとか人の駐車場前とかでも平気すぐ停めますからね)出来ないようにチェーンが張られており、専用のキーが無いと入れないようになっています。


やっと停められました


・後日再確認

自衛隊による大規模ワクチン接種の際に近くを通ったので、再度明るい時間帯に大手町駅前LDを確認してみました。一度来たはずなのになかなか見つかりませんでした。軽自動車が一台止まっていたので、乗り捨てたかここから乗り出す利用者はいるようです。


奥のビルの前が大手町駅前L・Dです


利用者はいるようです

・認知されないサービス(追記:2022年6月末)

後日、シェアカー専用の駐車場へ再度訪れてみると看板には国土交通省社会実験と大きく書かれていました。入出庫場所なので停車(駐車じゃなく停車です)しないで下さいの看板はありましたが、タクシーの昼寝の場所として平気で路上駐車され路上側の出入り部分は封鎖されていました。さすがカメラが撮影してなければゴミを捨てまくる国民だけはあります。結局毎日運転するタクシー運転手(国土交通省管轄でしょうに)にすら、この場所が何なのかも通達が行っておらずタクシー運転手自身も何のためにチェーンが張られているかも理解していないのでしょう。(タクシーや宅配便の運転手が正当に休める場所を用意しない環境もどうかと思います)


駐車しないでくださいの看板


もちろんタクシー運転手の昼寝の場所に使用されていました

・本来であれば

シャアカー専用駐車場にチェーンなど張らず路上の専用スペースで気軽に乗り降りが出来るようにしたいのでしょうし、そうなるのがシェアカーの未来なのでしょうが、こう民度が低くては勝手に停める人だらけになるのが目に見えています。今でも救急車が来ても道は譲らず、高速道路のサービスエリアに家庭のゴミを捨てる人が絶えないくらいですからモラルやマナーベースのサービスの導入は出来ないでしょう。


シェアカー専用路上駐車場です

・未来は感じるが未完成

シェアカーの未来は好きな場所で借りて好きな場所で乗り捨てが出来るようになる事でしょう。その第一歩としてTimesカーの乗り捨てサービスの取り組みは素晴らしいと思います。まだまだ対応路上ステーションは少ないですが、今後増えていけば気軽にテーマパークや大型店舗などで乗り捨てたり出来るようになりより便利になるでしょう。ただ、使い勝手はまだまだと感じる部分が多く、これでは初めての方や特に道に詳しくない方は全く使えないだろうと言うのが現状で、素晴らしい取り組みではあるだけに今後よりよくなる事に期待です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。