ジュニアプロテインを通常のプロテインと比較しながら試してみました

        

Twitterで最新情報をお届け

・ジュニアプロテインを試してみる

普段のスポーツやトレーニング後にプロテインを飲む事はかなりポピュラーになり、プロテイン自体の効果などは知れ渡った感があります。そこでジュニア用と明記があるプロテインが各社より出ているので、通常のプロテインとの比較、成分の特徴や摂取方法などを含めて書いていきます。

・ジュニアプロテインとは何だろう?

ジュニアプロテインとは子供向けで成分が薄いのでは思われるかもしれませんが、少し違います。ジュニアプロテインとはプロテイン成分(タンパク質)だけではなく、子供の成長期に一番必要な背を伸ばすのに重要であるカルシウムとビタミンDが通常のプロテインより豊富に含まれている製品となります。それが理由に今回選んだ商品のパッケージにもカルシウムとビタミンDが豊富と明記されています。


ザバスとウイダーのジュニアプロテイン

・子供専用なのか?

通常のプロテインに比べカルシウムとビタミンDなどの成分が違うだけで、普通に大人の方も常飲する事が出来ます。普段ジョギングや今日はかなり歩いたなと思われる時など飲むのもよいかと思います。


スプーン付きです

・SAVASジュニアプロテイン

選んでみたのは普段摂取しているプロテインと同じメーカーのザバスのジュニアプロテインにしてみました。味も普段はココア味のプロテインを飲んでいるので、こちらもココア味を選んでみました。細かい成分などはメーカーのページに出ているので参考にしてみてください。

メーカーの詳細ページはこちらです


ココア味です

パッケージ後ろ側

・weiderジュニアプロテイン

ウイダージュニアプロテインです。比較するにしてもザバスと同様のココア味にしてみました。こちらも細かい成分などはメーカーのページに出ているので参考にしてみてください。

メーカーの詳細なページはこちらです


こちらもココア味です


パッケージ後ろ側

・どこが作っているのか

ザバスは明治、ウイダーは森永と日本メーカーが作っている商品ですので、プロテインなど輸入物はちょっと言う方には良いかと思います。ボディビルやトレーニングマニアの方は格安で大量に入っている輸入系プロテインを愛用している方も多いと思いますが、こちらのジュニアプロテインであれば大事なお子様にもより安心ではないでしょうか。ちなみにジュニアプロテインは値段も通常のプロテインより安価になっていて量も少ないも揃っているので気軽に試す事が出来ます。


ザバスはソイプロテインとジュニアプロテイン

・ココア味

ザバスは明治、ウイダーは森永と聞いてピンときた方がいると思いますが、両方共チョコレートを作っているメーカーで、ウイダーの方は森永のココアを使用してると明記もあり、以前のとにかくプロテインの酷い味を知ってる方には驚くほど飲みやすい味になっています。味の比較としてはザバスはミルク系の味が強く粉ミルクの様な味がして、ウイダーの方はまさに森永ココアをちょっと薄くしたような味がします。どちらも比較的飲みやすい味になっています。


全てココア味です

・どちらがおすすめ?

試しにザバス、ウイダーを両方混ぜてみたらこれが一番美味しかったです。ミルク系とチョコ系の味を混ぜたらそれは美味いだろうとわかりやすい結果で、普段のでいるザバスのソイプロテインのココア味に似た味になります。もし2つを比べてみるのであれば一度混ぜてみるのもよいでしょう。プロテインはとにかく飲みやすく味が好きでないと飲み続けるのは厳しくなるので重要な項目です。ちなみに私が普段飲んでいるのはザバスのソイプロテインでこれは非常に美味しいのでおすすめです。

ザバスのソイプロテインの記事はこちらです


サバスのソイプロテインは美味しいです

・ビタミンDは必要?

カルシウムはそのまま摂取しても身体に吸収されづらく、それを補助するのにビタミンDが必要とされています。それがあるためサプリなどのカルシウムの表記がある商品にはビタミンDなどが含まれています。

・背が伸びなくなる?

プロテインを飲んだり筋肉を子供の頃につけすぎると背が伸びなくなると聞いた事があると思います。もしこれが本当ならば子供の頃からトップアスリートとして活躍してる選手は全て背が小さくないとおかしいのに実際はそうではありません。それはなぜかと言うと成長期の子供は筋肉を付ける方向より骨を伸ばす(背が伸びる)方向を一番に栄養を使うからです。もちろんプロテインはタンパク質ですので摂取量を多くしすぎると太る傾向になるので、適切な食事とのバランスが重要です。

・食事の代わりになる?

これもプロテインダイエットなどなる言葉があったりとわかりづらかったりしますが、プロテインを食事代わりにするのは間違っています。普段スポーツをされている方がタンパク質(プロテイン)を摂取するにはビタミンなどと同様に普段の食事からきっちりと摂取するのが理想です。ただ、普段の生活で完璧な食事と言うのは非常に難しくそれをより効率よく補助していくのがこのプロテインやアミノ酸系のサプリやドリンクなどになります。最近は何でもビタミンなどが豊富に含まれている事を明記する商品が多いですが、ビタミンに限らずなんでも摂取し過ぎはよくなりので気をつけましょう。

・いつ飲むの?

トレーニング後の20分以内のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に飲むのが一番良いと言われ、毎週スポーツを習いにいったりしている方は練習後に飲むのが効果が大きいです。最近、私は泳ぐ前に別の水分補給と共に飲む事が多いです。そしてそれでも夜に筋肉の披露を感じる時は寝る前に1杯飲むことにしていて、これが一番効果を感じられると思います。特に山登りや長時間歩いた後の寝る前にプロテインを飲むと翌日の疲れ方が全く違います。

・飲み方

パッケージにスプーン2杯分を150ccや200ccの水か牛乳でよく混ぜるように表記されているので、それを基準にして混ぜる水や牛乳をそれ以下にしないようにしましょう。そしてこれでもかってくらいに良く混ぜてから飲みましょう。最近のプロテインは溶けやすくなったとは言え、混ぜる水分や混ぜ方が足りなかいまま飲むと胃を痛める事になるので注意しましょう。プロテイン自体は混ぜたらすぐ飲むのが基本なので、あまり長時間放置するのはやめておいた方がよいでしょう。

・シェイカー

普段プロテインを混ぜる時のシェイカーはウィダーの物を愛用しています。ウイダーのシェイカーは蓋の形状がガッチリとロック出来て持ち運びに適していてかつ飲みやすく、混ぜる時も横に目盛りがあるので混ぜる時にも楽でとても気に入っています。持ち運びに便利なので水泳のレースの時などに持って行く事が多いです。私は普段牛乳ではなく豆乳でプロテインを溶いて飲んでいて、栄養面や味的にも豆乳がお好きであればおすすめです。


ウイダーのシェーカー


横に目盛り付きで便利です

・まとめ

ジュニアプロテインと言っても内容は大人用と大差ないきちんとして内容で、成長期の子供により合うようにカルシウムとビタミンDが多めになっています。中学生や高校生アスリートで背がまだ伸びている段階であるのであれば、年齢的にも普段の食事も多く取るでしょうし、このジュニアプロテインはとても良いと思います。カルシウムとビタミンDは子供だけが必要な成分ではないので、大人の方で普段運動などをしていてウェイトや筋肉量を一気に増やすためでなくカルシウムの補給と共にプロテインを飲みたいと言う方には良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA