【レビュー】折りたたみ傘BLUNT XS_METROは頑丈で強風にも負けません

・折りたたみ傘を入れ替える

自動開閉式の折りたたみ傘を長期間使用していましたが、ついに壊れてしまったので新しい折りたたみ傘に入れ替える事にしました。

・Blunt XS_Metro

今回購入したのはBlunt(ブラント)のXS-Metroのオレンジです。強風でも壊れない頑丈なフレームで組み立てられていてボタンを押すと自動で開く折りたたみ傘です。Bluntはニュージランドのブランドです。


右は同時に購入した超小型のカーボン製折りたたみ傘です

【レビュー】超軽量69gのカーボンファイバー製の折りたたみ傘が軽すぎます

・まさかの5年保証

頑丈とは言えなんと5年保証です。保証書はタグの中に入っているのではずす時は確認して捨てないようにしましょう。


タグに保証書があります

・細かい部分を見てみる

頑丈を売りにしているだけに作りがよく生地も厚めでしっかりしています。細かい部分までロゴとマークがあしらわれています。Moonbat(ムーンバット)が日本の代理店で日本版はダブルネームって事にしてるようです。


ロゴ部分


作りが細かいです


オレンジとネイビーは合います


カバーをはずしました


エッジ部分はネイビーの縁になってます

・これまでの傘と比べてみる

折りたたみ傘は自動開閉式のを長期間使用していましたが、さすがに金属疲労でフレーム部分の根本が折れてしまい使えなくなってしまいました。今回も自動開閉式の折りたたみ傘を探したのですが、良さそうなのが見つからずXS_Metroにしました。2つを比べてみると頑丈な分XS_Metroは一回り以上大きく重量も重めで、小さいカバンだとはみ出るかもしれません。


右は自動開閉の同じ傘2本です


折りたたみの割には大きめです


小型だけに軽いです


フレームなどが折れてしまったpatriaの傘

・立派な生地

頑丈なのはフレームだけでなく傘の部分は生地が厚めで縁の部分もきっちりと縫われています。


自動で開くボタンです


細かくロゴが入っています

・傘を開いてみる

傘のグリップ部にあるボタンを押すと傘が自動で開きます。とても作りがよく内側のフレームの先端もカバーを縫い付けてあるのでとても安全です。フレームは太めでとても頑丈に作られています。


変わった形で目立ちます


傘の先端をカバーして縫ってあり安全です


フレームが太く頑丈です

・実際に雨の日に使ってみて

雨が多い季節なので使う機会も多く細かく試す事が出来ました。雨が強くても強風でも折りたたみ傘とは思えないほどしっかりしています。折りたたみの割には大きいのですが、傘自体のサイズはそれほど大きくありません。大きめの頑丈な傘の方がよい場合は同じBluntの通常の傘を選ぶのもよいと思います。小さめのカバンやリュックだとギリギリサイズなのでお手持ちのカバンのサイズと比べてから購入するとよいでしょう。


ここにもロゴが


なんと先端にもマークが




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。