【カメラ】ヤシカ Electro 35GXシルバーのモルト交換をしました【Yashica】

        

Twitterで最新情報をお届け

– Yashica Electro 35GXのメンテナンス

全ての機能が完調で各部のメンテナンスと清掃も済ませ残すはモルトの交換のみとなりました。国産クラシックカメラのほとんどで必要になるモルト交換の手順などを含めて書いていきます。

– モルト交換

Yashica Electro 35GX(エレクトロ35GX)は40年以上に発売されたカメラですので、そのままメンテナンスがされていないとモルト(遮光材)が腐食したりほとんど取れてしまっています。モルトがきちんと付いていないと光線漏れなどの原因となりフィルムカメラには天敵となります。前のオーナーがモルト交換をしていたとしても長期間保管しているとボディ側を腐食させている事も多いので、少しでもモルトが傷んでいたら交換してしまいしょう。

エレクトロ35GXの詳細や手に入れる際の注意などの記事ははこちらです


機能は順調でボディも綺麗です

– 裏蓋を開ける

まずは裏蓋を開けて現状を確認します。古いモルトがフィルムボックス内にたまっていたりするので、清掃する前に古いモルトのカスやゴミなどをブロアで飛ばします。ブロアを吹く時はゴミが落ちるよう吹く部分を上に向けてブロアを吹きましょう。


裏蓋を開けました


全体的に酷い状態ではありません

– 現状を確認する

古いモルトはベトベトになっている場合と、さらさらで既になくなっている場合などがあります。このエレクトロ35GXではそれほど非常状態ではなく、既にほとんど取れていたので清掃してモルトを張り替える事にします。モルトが触れていた部分も塗装と金属部分が傷んでいないか確認しましょう。モルトがはがれていても金属部分の傷みで元々モルトが付いていた場所がわかります。


ヒンジ部分に大きなモルトが使われていた後があります


モルトは裏蓋にまとまっています

– 養生をする

フィルムボックス内が綺麗になったらレンズ部分にゴミが入らないようにマスキングテープで養生をします。状態によってはかなり汚れますので、アルミトレイにキッチンペーパーをひくと清掃しやすくなります。他のメンテナンスなどがある場合は裏蓋を取りはずした方がやりやすくなります。

– 古いモルトを取る

古いモルトは前のオーナーのモルトの貼り方ではがす時の大変さが変わりますが、今回は既にほとんど取れていたのでそれほど大変ではありませんでした。モルトは裏蓋のレール部分に集中しているので、無水エタノールを100円ショップのコスメ用注射器に入れて流し込むと取りやすくなります。このエレクトロ35GXコニカC35とは違いそれほどモルトも使われてなく清掃も楽でした。

コニカC35のモルト交換の大変さの記事はこちらです


無水エタノールと100円ショップのコスメ用注射器


それほど汚れていませんでした

– モルトを切り出す

モルト交換にはフエルトを使用する事にしました。最近のモルトは品質もよくなり腐食しにくいですが、フエルトは安上がりで金属を腐食させづらいので使い勝手がよいです。モルトを切り抜くにはローラーカッターやデザインナイフが便利です。ほとんど100均で揃うのでコストもそれほどかかりません。

100円ショップの商品でモルト交換をした記事はこちらです


モルトを切り出しました

– モルトを貼る

モルトを場所別に切り出したら貼り付けます。レール部分以外はモルトサイズも大きいので貼り付けは楽です。レール部分は焦らず確実にやれば失敗なく貼り付けられます。実際にモルトは遮光するための補助のようなものなので、それほど神経質に綺麗に貼らなくてもまず遮光漏れする事はありません。


裏蓋のレール部分にほんとどのモルトを貼ります


貼ったら裏蓋が閉まるかを確認しましょう

– 裏蓋の確認

ヒンジや裏蓋の端には比較的大きなモルトが使われているので忘れずに貼りましょう。モルトが厚すぎると蓋の閉まりがきつ目になりますが、フエルトはそのまま蓋を閉めておくとうまい具合に潰れてくれます。


ヒンジ部分にもモルトを貼ります


モルトを貼り終えました

– 完成

フィルムボックスに貼ったレンズを守るための養生をはずし、再度ホコリやゴミなどを飛ばしたら裏蓋を閉じます。全ての機能がきちんと動作するかを確認して完成です。1つの事をしたら必ず動作を確認する癖をつけましょう。電池がもったいないと思う方はメンテナンス用には格安の電池などを使用すると気にせず動作確認が出来ます。


これで撮影に使用できる完動品になりました

– 色違いと並べてみる

エレクトロ35GXの色違いであるブラックも手に入れていたので並べてみます。こおブラックの方も程度がよく完動品でしたので、メンテナンスの記事などを別途まとめます。


ブラックの方が質感は高いです


2台ともに完動品です

– まとめ

国産のクラシックカメラのジャンクや中古のほとんどで必要になるモルトの交換ですが、自分で出来るようになるとカメラの選択肢も増え機関順調の格安品を手に入れる機会も増えますので、この機会にモルト交換に挑戦してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA