オリンパスTG-6のスペアバッテリーにはRicoh GR III用がお得です

・オリンパスTG-6のバッテリーを追加する

アウトドアに最適なオリンパスTG-6だけに長期の旅行に備えてバッテリーを追加する事にしました。

・RicohのバッテリーDB-110

オリンパスTG-6用のバッテリーは型番LI-92Bバッテリーを使用しています。これはOEMでリコーGR3に使用されているDB-110と全くサイズも容量も全く同じなバッテリーになります。


リコー製のバッテリー


DB-110です

・開封する

中にはバッテリー本体と説明書のみでケースは付属していません。無断に高い純正?バッテリーですし端子がむき出しな事もありケースか最低でも端子カバーは付属しておいて欲しいところです。

バッテリー本体と説明書


リコーと言えばフィルムカメラGR-1の後継機であるGR3です


これ以上小型化したら表記出来なそうなくらい記載があります


端子はむき出しなのでこのままで持ち運ばないようにしましょう

・オリンパスTG-6のバッテリー

オリンパスTG-6は防塵防水使用で釣りや登山だけでなくダイビングやスノーケルなど水中に潜っても使えてしまうアウトドア用途に特化したデジタルカメラです。静止画だけでなく4K動画も楽しめながらもバッテリーのもちはよいコンデジになりますが、旅行用にスペアバッテリーを追加する事にしました。


オリンパスTG-6に純正アクセサリーコンバーター経由でキャップを取り付けています


右はオリンパス製のバッテリーLI-92Bです


全く同じ形です

・悲しきオリンパス

オリンパスは他社の互換性のあるバッテリーを使用しておきながらリコーが販売しているDB-110より高い価格でLI-92Bを販売しています。そんなユーザー目線ではない事をしているからデジタルカメラ事業を手放す事になるのです。

・計量してみる

プリントかリビジョン違いか0.2g重量が違いました。


リコーDB-110


オリンパスLI-92B

・オリンパスTG-6で使ってみる

防水デジタルカメラだけにバッテリーとSDカードが入っているフタの部分は二重ロックになっていてロックを外さないと開けられない安全設計になっています。リコーのDB-110はオリンパスのLI-92Bと全く同じバッテリーだけにあっさりと入れ替える事が出来ました。電池蓋を閉める時は必ず二重ロックする癖をつけておきましょう。


TG-6とリコーのDB-110バッテリーです


防水デジタルカメラなので蓋は二重ロックになっています


全く同じバッテリーなのであっさりと入りました

・電源を入れる

バッテリーをTG-6に取り付けて電源を入れます。あっさりと電源が入り使用可能となりバッテリーインフォ(残量)も表示されました。オリンパスのデジタルカメラは互換バッテリー管理を厳しくし過ぎていないので格安の互換バッテリーでもインフォ対応しているようです。キャノンは互換バッテリー対策が厳しいので純正バッテリーでないと残量表示しないようになっています。


電源を入れました


残量表示もされています



・バッテリーケースを選ぶ

デジカメのバッテリーは端子がむき出しになっているので持ち運び時のショートを防ぐためにケースに入れて、くれぐれもキーチェーンやコインなどと一緒にポケットなどに入れないようにしましょう。いろいろと試してみてショートせず中がバッテリーだとわかるように透明ケースに入れる事にしました。メーカーもこれだけ高くバッテリーを売るならケースくらい付属するか別売りで用意してもらいたいところです。


いろいろ集めてみました


ロートの目薬用ポーチ(最近付属していない気もしますが)


専用かと思えるほどにちょうどです


よくある透明の小物入れ


KOSSのイヤホンケース


謎のポーチ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。