ダイエットを続けていくには何が大事で痩せてる人はどうしているか

        

Twitterで最新情報をお届け

– どうやって続けるか

健康的に痩せようと言う話はよく聞くと思いますが、皆さんが一番気になるのはどのダイエットをするにしてもやはり続けられるかどうかでしょう。〜ダイエットが効きそうだからとか友達もやってるからとか、いろいろ始めるきっかけはあれど続かない。ダイエット自体を目的にするとどうしても体重だけに目がいきがちで、結局思ったような結果が出ず辞めてしまうと。そこでどう続けていくかに焦点を当てて書いていこうと思います。

– 痩せてる人はどうしているのか

海外に住んでいたり仕事がらか綺麗でスリムな女性と会う機会があります。そこで全員に共通している事が1つだけあります。それは全員がジムに通い、普段からよく走り泳いでいます。人間なんて若干の体質はあれど、痩せてる人はみな努力していると言う事です。サプリを飲んで痩せるとか1食をダイエット食品に置き換えて動かず5kg減らすとかは忘れた方がいいです。あとはスリムな女性と言うのは筋肉質な方が多く筋肉は脂肪より重いので実際の見た目より体重が重いことが多いです。なので体重を目標にするよりは体型を目標にした方がよいです。特に動いて体重を減らしていると体重の落ちがよくない期間がきます。それは脂肪が減っても筋肉が増えているからです。女性男性問わず内側から綺麗になるのが重要です。

– 遠すぎる目標を決めない

仕事も勉強もそうですが日々の積み重ねが最後の結果につながるわけで、いきなり3ヶ月後に5kg減らすとか決めない事です。3ヶ月で5kgを減らすということは1日55グラムずつ痩せていくと言う事です。50グラムなんて服を着たり食事の後での誤差以下ですし、こんなわかりづらい目標では到達するのがより難しくなります。なので歩く、泳ぐ、運動するなんでもいいですが、何かをする事を目的にした方がいいです。これは海外の仕事の進め方で導入されてる方法と一緒で、3ヶ月先の成果を決めて追い込みまでだらけるよりその日の内にきちんと出来る事に集中すると言う事です。

– 実際どうするか

毎日走ったり泳いだりウェイトをしにジムには行くのも辛いですよね。かと言って毎回体重計に乗るとがっくりくる。なのでその運動そのものではなく、記録をつける事でその行為自体を楽しさに変える事をおすすめします。例えば歩く事でダイエットや代謝を上げたいと思ってる方は万歩計を導入する。最近はスマホの機能や腕時計型などいろいろあるのでおすすめです。例えば1日6,000歩歩けばどこまで行けるとわかれば次に10,000歩ならどこまで行けるだろうと具体的な目的や楽しみが出ます。そう何キロ減ったと言うことを二次的な結果にすると言う事です。動けば必ず体重は減りますし体調も改善されますので、まずはどう楽しみどう続けるかが重要です。そして歩く記録をつければ今週はよく歩いたとか、ここ3日はペースが落ちてるとかすぐにわかります。3ヶ月で5kg減らすと言う遠い結果を求めるのではなく、今日昨日どれだけ動いたかを確認し自分自身を調整していきます。来月もっと動いて体重減らすから甘いものを食べていいよねではなく、昨日今日と歩いてないから甘い物を控えようともっと1つ1つの期間を短く設定するのがよいです。もちろん今週はいつもより歩いたら美味しい物や甘い物を食べるのもよいでしょう。

– 太りづらい体質

これはよく言う代謝を上げるのが重要ですので、とにかくマメに身体を動かす以外方法はないです。子供の頃に今より食べないのに太らなかったのは何だで体育の時間があったり遊ぶ時に走り回っていたからです。代謝があがって良い事は太りづらくなり、それは美味しい物を食べても平気な事を意味します。

– おまけ

体重を減らしたい時にラーメンを食べるのをやめようとよく言う方がいますが、食べるのをやめるべきはカレーです。カレーライスほどカロリーが高くぺろっと平らげられる食事も少ないので食事制限はカレーからと考えた方がいいです。健康診断などでもらえるカロリーの高い食事の中でもトップに書いてあり、ラーメンはそれより全然低いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA