【レビュー】SmallRigのパーツでZhiyun Weebill Sを使いやすくアップグレードしました

・ジンバルを使いやすくする

撮影機材でも映像関連の機材は大きいだけに多くのパーツやアクセサリーなどが取り付けられます。そこで、よりジンバルを使いやすくするためにパーツを取り付けてアップグレードしてみました。

・SmallRigのアクセサリー類

今回購入したのはSmallRig(スモールリグ)のZhiyun Weebill S専用ハンドル、アルカスイス対応のクイックリリースクランプとプレート、そしてアンカーの取り外しが出来るハンドストラップです。

ページ2:SmallRigクイックリリース
ページ3:SmallRigストラップ
ページ4:全てのSmallRigアクセサリーを取り付


4つまとめて揃えてみました

・SmallRigとは

SmallRig(スモールリグ)はカメラ用のケージやジンバルのアクセサリーを多く出しているメーカーです。動画撮影用パーツでは今や最大手となっていてカメラメーカーからも販売前にデータを提供され新型の発売と同時にケージが発売されたりする信頼のメーカーとなっています。発売されたばかりのFUJINON X-H2S用の専用のカメラケージも既に発売されています。

・ジンバル用ハンドル

Zhiyun Weebill Sはパワフルかつローアングルモードにすぐ切り替えられる優れたジンバルですが、ローアングルモードにする際に付属の三脚部分を本体からはずし付け替えないといけません。大した手間ではないと思えても長時間の撮影や毎回となると大変なので、専用のグリップを追加する事にしました。


今やアジア製の方がデザインがいい時代です


商品名など


スリーブから箱が出てきます

・ハンドルを見てみる

Zhiyun Weebill Sに取り付ける前にハンドルのグリップをにぎると一瞬で優れたグリップだとわかります。ゴムのクッション性もよくグリップの形状もまっすぐだけの三脚グリップとは比べ物にならないほどです。


SmallRigのロゴです


グリップがゴムでクッション性が高いです


アクセサリー用のネジやコールドシューマウントなどがあります


計量しました

【レビュー】RODE VideoMic GO IIはジンバルに載せたミラーレスカメラに合う小型コンデンサーマイクです

・ロックピンあり

Zhiyun Weebill S付属の三脚グリップはローアングルモードの時にねじ込むだけではなくロックピンをスイッチで切り替えないといけなくて手間になります。SmallRigのハンドルはよく考えられていて取付面にロックピンが固定されています。


ジンバルに取り付ける側


ロックピンが固定されています

・工具が付属

グリップ上部(上下逆に取り付けるので)に六角レンチが収納されています。アイデアものでマグネットで付いてるので簡単に取りはずしが出来ます。この六角レンチでグリップの取り付けネジの締め付けをします。


ハンドルには工具が収納されています


六角レンチを取り出しました


ロックの方向が記載されています


ジンバルに取り付け時は六角レンチで締め付けます

・Zhiyunのグリップと比べてみる

Zhiyun Weebill S付属の三脚足になるグリップはまっすぐなだけで一応持ち手がついているといった程度の作りです。SmallRigのグリップはローアングル用に取り付けて、三脚グリップはそのまま取り付けておくと両手持ちでよりジンバルが安定します。


右はZhiyun付属の三脚グリップ


SmallRig製はロックも2本でより安全です

・Zhiyun Weebill S

使用するZhiyun Weebill Sはミラーレスカメラと重めのレンズの組み合わせでも楽に載せられるパワーがあるとても優れたジンバルです。


Zhiyun Weebill S


このネジにグリップを取り付けます

・グリップを取り付ける

SmallRigのグリップをWeebill Sに取り付けるにはロックピンの位置を合わせてグリップのネジを回転して最後に付属の六角レンチできっちりと締めて完了です。


この向きにグリップを取り付けます


ロックピンを小さい穴に合わせます


グリップを取り付けました


工具でしっかりと締めます

次のページではSmallRigのクイックリリースを取り付けます





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。