【レビュー】プーマのスリッポンから新型スリッポンに履き替え更なる進化を実感しました

・プーマのスリッポンのニューモデル

プーマのスリッポンを気に入り履き続けていたらソールが壊れてしまい、ニューモデルに履き替える事にしました。ニューモデルは以前のスリッポンとはサイズ感も含めて大きく変わったので履き心地などを含めて書いていきます。

・PUMA NRGY Lite Slip On

今回購入したのはPUMA NRGY Lite Slip Onでカラーはブラックになります。スリッポンも人気があるようで、以前とは違い種類(特に女性用)が増えています。靴やスニーカーの場合はスリッポンと呼ばれますが、なぜかバイクのエキゾーストなどは同じスペルでもスリップオンと呼ばれています。


変わらぬ赤プーマの箱です


プーマスリッポンのニューモデル

【レビュー】プーマの新作Drift Cat 5 ACは早めに手に入れておきましょう【PUMA】

・スリッポンからスリッポンへ

以前は同じプーマでもモストロと言うモデルを毎年の様に履き替えていたのですが、廃盤(名前は残っているが違うスニーカーになっている)となってしまいそれからはこのスリッポンを履き続けています。


かなり形状が変更されたニューモデル

・旧モデルと比べてみる

以前のプーマのスリッポンよりはPUMAのロゴなどが目立たずよりシンプルなデザインになっています。バンド部分も含めて形状もかなり違い以前のプーマのスリッポンはジャージの様な薄い素材で履き心地は最高なものの、冬や風の強い日などは足が冷たく感じるのが唯一残念な部分でした。新型の方は通常のスニーカー同様にクッション素材で生地の部分が厚くなっているので季節を問わず使用出来るようになっています。


右が旧型のプーマのスリッポン

・サイズに関して

旧モデルとは違い伸縮しづらい通常のスニーカーと同様の作りになり全体的に細身に感じるようになっているので、サイズは通常のプーマのスニーカーより1サイズ(0.5cm)大きめにした方がよいです。サイズが合わず歩きにくい靴は健康にもよくないので、サイズ感が心配の方はストアでまず履いてみるのがよいでしょう。

・履きやすさは旧モデルが上

旧モデルはジャージの様な素材で伸縮するため踵部分もあっさりと入りすぐに歩き出せましたが、ニューモデルは足首周りの開放部が狭くなり履くのに時間がかかるようになりました。歩き出してしまえばどちらも快適で紐も結ぶ手間も省けて気軽です。


足首周りの形状も大きく違います

【レビュー】プーマのモストロだけを履き続けてきたのにNRGY スターススリッポンに変えたらもう戻れなくなりました【PUMA】

・実際に履いてみて

プーマのスリッポンのニューモデルは通常のスニーカー形状なったので足首周りが旧モデルより狭く感じると思います。歩き出してしまえば変わらぬソールの柔らかさもあり非常に快適です。長時間のウォーキングにも使用してみても問題もなかったので、大体出かける時はこのプーマのスリッポンを履いています。

・ソールが壊れる

プーマのスリッポンはとにかくソールがとても柔らかく履いていてとても快適なのですが、残念ながらその柔らかさから長期間使用するとボロボロになってしまいます。旧モデルも靴本体自体は全く壊れてなかったのですが、ソールが駄目になりランニングシューズや安全靴と違いソール自体の別売りもないようなのでスリッポンごと買い換える事になりました。もし新品のソールが見つかれば旧モデルを夏や旅行用にまだ使用したいところです。


穴の開いたソール


ニューモデルもソールを外してみる


新型のソールとの比較

・新しいスリッポンに履き替えてみて

プーマのスニーカーのみを履き続けてかなり経ちますが、スリッポンは履きやすくかつソールのソフトさから歩きやすく、見た目も含めてどこへでも気軽に履いていけます。ニューモデルはより通常のスニーカーに近い作りとなり季節問わず履けるようになったので、この機会にプーマのスリッポンを揃えてみてはどうでしょうか。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。