Fujifilm X-T30 IIのシューカバーにはNikon BS-1がぴったりです

・ホットシューカバー

カメラによってはなぜか付属していないホットシューですが、FUJIFILM X-T30 IIにも付いておらずこのまま接触端子をむき出しにするのもよくないのでカバーを取り付ける事にしました。

・FUJIFILM X-T30 II

コンパクトかつ軽量なのに機能満載で独自の操作が素晴らしいフジフィルムのX-T30 IIです。カラーはシルバーなのでそれほどカバーなしは目立ちませんが対処する事にします。


ホットシューカバー無しです

・手持ちのアクセサリーカバーを試してみる

フィルムカメラ時代はホットシュー(コールドシューもありますが)に取り付けられるカバーの形状が各メーカーで異なっていました。これはホットシューに取り付けたストロボとカメラのやり取りが出来ておらず、各メーカーが独自にホットシュー内にスイッチを付けていたからです。そしてカバーを取り付けていてもフラッシュ装着中と誤認識させないようにカバーがスイッチ部分を避ける形状になっていました。これが理由でフィルムカメラにホットシューカバーを取り付けるとずっとシンクロ状態の露出になってしまい壊れてると勘違いする方が多いので注意が必要です。


フィルムカメラ用に削ったシューカバーなど

FUJIFILM X-T30 IIに合うレリーズボタンを探してみました

・フィルムカメラに使用してたNikon BS-1を試す

Nikon BS-1でもフィルムカメラ用に先端だけ少し削ったのをまずX-T30 IIに取り付けられるかを試してました。これがサイズもシューズカバーの手前の持ち手部分の形状も専用かと思うほどぴったりと取り付けが出来ました。ただ、やはり削った部分がシルバーの部分で目立つので入れ替える事にしました。


Nikon BS-1の先端を削ってあります


BS-1と表記されています


サイズはちょうどでしたが


やはり削った部分が少し気になります

・Nikon BS-1

削った部分を直さずに新品のアクセサリーシューカバーに入れ替える事にしました。すでにX-T30 IIに付くのがわかっているので安心して購入が出来ます。Nikon BS-1はホットシューカバーが付属していないCanon EOS RPにもぴったりはまります。ニコンはフィルムカメラを販売し続けていたのもありフォーカシングスクリーンなど細かいアクセサリーを販売しているのがよいです。


立派な箱入りです


今や重要なアジアマーケット向け


日本らしい過剰包装です


新品なので綺麗です


Nikon BS-1の表記があります


1g以下です

・X-T30 IIに取り付ける

事前に確認していたので装着は完璧です。シルバーボディなのでカラーマッチングに拘る方はメタル製でシルバーなどあるので試してみるのもよいでしょう。


先端までぴったりです


見た目もよくなりました





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。