カシオの腕時計の電池交換のためにウェブ受付してからサービスステーションに直接持ち込むと割引になります

・時計の電池交換をする

デジタルやクオーツ時計でどうしても必要になるのが電池交換です。大手家電量販店でも受け付けてもらえますが、カシオの場合はカシオにウェブ予約をして持ち込んだ方がお得なので予約方法などを説明します。

・腕時計を持ち込む

腕時計の電池交換を大手家電量販店に持ち込んだ時とカシオのサービスセンターに直接持ち込んだ時でかなり価格が違うの知っている人は少ないかと思います。中間手数料と言われればそれまでですが、Gショックなどカシオのデジタル式腕時計を使っている方は価格を一度比べてみてください。


Casio PROTREK PRW-1500YJです

・CASIO PROTREK

カシオのプロトレックはセンサーなどが搭載されていて釣りやトレッキングなどを含むアウトドアに最適な腕時計です。モデルに寄っては2カ国の時間を表示するので海外旅行でも活躍するタフなシリーズの腕時計です。

My G-SHOCKでオリジナルのカスタムG-SHOCKを作ってみました

・ソーラー充電でも電池交換

ソーラー充電式なら電池交換の必要はないのではと思われがちですが、スマホなどと同じ蓄電池を使用しているので電池の寿命があります。使い方にもよりますが、大体5年もすると全く数字などが表示されなくなります。


充電池が切れました(今回は3年ほどで)

・防水機能付きの場合

プロトレックでもGショックでもほとんどの腕時計に防水機能が付いていて、釣り、サーフィン、山登りやキャンプなどのアウトドアで使用する方が多いと思います。パッキンが古くなっ内部が水没すると買い換えた方が安くなる事が多いので、電池を交換する際には必ずこの防水機能の確認とパッキン交換をお願いするとより安心して使い続けられます。

・Casio IDに登録する

使用しているカシオの時計をCasio IDに登録しておくと、登録した時計の修理や電池交換のリンクが表示されて毎回モデルナンバーなどを打ち込む必要がなくなり楽になります。説明書へのリンクも表示されるので、カシオの時計をお持ちの場合は登録しておきましょう。

カシオIDへの登録やログインはこちらです(カシオのページです)


登録した時計の電池交換と修理の申し込みが楽になります

・ウェブで予約しよう

まずカシオの腕時計をカシオサービスセンターに持ち込む場合はウェブで予約をしましょう。予約と言っても時間ではなくどの時計を修理するかで電池交換であれば金額が表示され、ウェブで予約をすると5%の割引が適応された金額が表示されます。これは必要なパーツを確実に確保をするためと思われます。支払いは現地でするのでクレジットカードなどは必要ありません。支払いはPayPayなどの電子決済も使用出来るので、電子決済サービス側がキャンペーン中だと更に割引になったりします。

カシオの時計修理のウェブ申込みはこちらです(メーカーのサイトです)


割引が適応されています

・ウェブ予約を忘れても

急にいつ切れてしまうのかわからないのがバッテリーなので、長期で旅行などある場合には事前に交換してしまうのが一番ですが、急遽持ち込む場合もカシオサービスセンターでスマホ受付してしまえば5%の割引を受ける事が可能です。ただ、レアなモデルだったりするとパーツの在庫が無い場合もあるので事前予約が間違いないでしょう。


カシオサービスステーション


どちらにしても5%引きです


カシオに時計を持ち込みます

・電池交換をする

カシオサービスステーションに腕時計を持ち込むと受付をしてから1時間ほどで電池交換が終了すると言われるので、電池交換に寄るついでに何か買い物の予定でも入れておくとよいでしょう。1時間ほど他の店などで買い物などをして修理された腕時計を受け取って終了です。電池交換以外に修理した場合は修理の保証が付くので控えなどはなくさないようにしておきましょう。


無事にソーラー電池が新品となり防水のチェックも受けました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。