【水泳】泳いだ後の水着やスイミンググッズのお手入れ方法

        

Twitterで最新情報をお届け

– 水着などの手入れの方法

泳ぎに行く回数が増えると大変になってくるのが、水着やゴーグル、キャップなどの手入れです。せっかく買った道具をどう長持ちさせていくかが大事です。水着、ゴーグル、キャップ別にどうメンテナンスしていくか書いていきます。

– 水着は洗うべきなのか

水着は洗濯しないで水洗いのみとよく聞きますが、私は水泳後に普通に洗濯しています。水でゆすいでからの脱水があまりに面倒なのと、水がたれるくらいの状態で放置したくないからです。洗う時は裏返しにして小さめのネットで中で動きづらい状態にしています。繊維が特殊な物が多いのでアウトドア用品の洗濯のように柔軟剤は入れない方がよいと思います。ただ、女性用の水着は男性用に比べて高いですし、フィットネス用やトレーニング用の厚手でない限りは手洗いで陰干しと言うのもよいと思います。競泳で毎日泳ぐ方はもう洗うのは諦めていて、水でゆすいでそのまま次の日持って行く方も多いようです。水着用の脱水機を用意しているプールなどもあるので、泳いだ後に水洗いして脱水機を利用するのもよいと思います。水着が何着もあればゆっくり陰干しでもいいですが、この辺は泳ぎにいく頻度にもよると思います。水着を洗うとよい事が1つあり、それは日々の洗濯物が貯まる事が一切なくなります。

– シリコンキャップとメッシュキャップ

シリコンキャップは水はじきもよいので洗うのも楽かと思います。キャップを水洗いをしてタオルの上などで乾かします。これもゴーグルと一緒で一度は裏返して向きなどを変え両面確実に乾かしましょう。長時間使わない方や新しいのに買い替えて今までのをあまり使わなくなった方はベビーパウダーなどまぶしておくと押入れに入れている間にくっついたりするのを防ぐ事が出来ます。メッシュキャップはそれほど水を切るのも大変ではないですし、水洗いをして軽くしぼったら水着と一緒に干すとよいと思います。脱水が面倒と言う方は水着と一緒に洗ってしまってよいと思います。この時ロゴがある側を内側にして小さめの洗濯用メッシュの中に入れるとそのまま洗うより長持ちします。

– ゴーグルは水洗い

最近のゴーグルはレンズの裏側に曇り止めの処理がしてありますので、指や爪などで触らないようにしましょう。泳ぎ終わったら水洗いしてタオルの上などに置いて乾かしましょう。この時レンズに水垢が付かないように向きを気にしながら1度は裏返しましょう。ゴムなどのパーツをばらすとわかりますが、干してもクリップで止めてる部分などは1日経ってもまだ濡れていますので、気になる方はバラバラにして乾かす方がよいと思います。ゴーグル専用の洗剤もありますが、私は普通に水洗いのみにしています。私も使っていますが曇り止めが長持ちするゴーグルが最近出ているのでそういうのにするのもありかと思います。

ゴーグル専用洗浄液でのクリーニングと曇りどめ加工の記事はこちらです。

– まとめ

日々どれくらい泳ぐのかでかなり変わってくるので、週5日泳ぐ方などは競泳系の水着をやめタフスーツなどの厚手の生地の水着に変えてどんどん洗ってしまうのもありだと思います。結局塩素にずっとつけているので特にゴムが使用されてるゴーグルもキャップもいずれはダメになってしまいます。なるべく長持ちするように各種プール後のシャワーの時などに水洗いを忘れないようにする事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA