【レビュー】プーマの新作Drift Cat 5 ACは早めに手に入れておきましょう【PUMA】

        

Twitterで最新情報をお届け

・プーマのスニーカー

PUMA Mostroが絶版となったためNGRY Starスリップオンに買い替えたもののやはりベルクロの一足も揃えておこうと新作のDrift Cat 5 ACにしました。サイズ感や履き心地も含め書いていきます。

・PUMA Drift Cat 5 AC

PUMA Drift Cat 5 AC(プーマ ドリフトキャット 5 AC)は2019年秋冬の新作になります。NGRY Starスリップオンは軽量で非常に履き心地がよく気に入っていたのですが、生地が薄めで冬向きでなくベルクロのPUMA Mostro(プーマ モストロ)も新作がでなくなり1年中履ける今回のDrift Cat 5 ACを選ぶことにしました。発売したてだからかストアに置いてなく送料無料のキャンペン中だったのもありPUMAのオンラインストアで注文しました。

【レビュー】プーマのモストロだけを履き続けてきたのにNRGY スターススリッポンに変えたらもう戻れなくなりました【Puma】


パッケージ

・開封する

オンラインで購入するとAmazonの本の様に誰も試着していないであろう新品が送られてきます。サイズは他のプーマのスニーカーと同サイズにしてみましたが先に言うとサイズが合わず交換しました。


箱を開けました

・Drift Cat 5 ACを見てみる

ドリフトキャット 5 ACはパッと見でわかる細身になっています。ドリフトキャットと言うだけにドライビングシューズとして靴の中で足が動きにくいように非常に細めに作られています。


細身な靴です


前から


後ろ側から

・レーシングシューズ

以前プーマがレーシングシューズメーカーalpinestars(アルパインスターズ)などとダブルネームで出していたレーシングシューズ系と作りが似ています。ただDrift Cat 5 ACはハイカットではなくローカットの通常のスニーカーに近くなっています。現在はPUMA自体がF1のレーシングシューズやmotoGPのレーシングブーツを製造しているので、シューズメーカーとのダブルネームの商品はラインナップから消えていますが、フェラーリなどの車メーカーなどとのダブルネームのドリフトキャットなどが発売されています。

・インソール

NGRY Starスリッポンと同様にSoftForm+と言う素材でインソール(中敷き)が作られていて非常にソフトにできていて履き心地がよくなります。


インソールはSoftForm+です

・ソールを見てみる

ドリフトキャットはレーシングシューズ系と言うだけにソール(靴底)が非常に薄く硬い素材で作られています。これはアクセルやブレーキを踏んだ時の足裏からの感覚が敏感となり靴自体が細身なのでクラッチ操作やヒールアンドトゥがやりやすくなります。普段車の運転が好きな方やレンタルカートなど楽しむ方にはとてもよいでしょう。


ソールを前後から


ソールを横と前から


ソールをサイドから

・モストロと比べてみる

PUMAモストロを10足前後履きつぶす度に買い替えてたものの、ついに新作も出なくなり今回のドリフトキャットにしました。モストロとドリフトキャットを比較してみると革の伸びもあるもののモストロの方が横幅が広く作られています。


左がモストロです


右がモストロです

・サイズが合わない

普段他のプーマのスニーカーを履いている方はドリフトキャットは細めなので同じサイズだとキツいと思いますので、もし試着なしで購入を考えている方は普段プーマのスニーカーのサイズ+1cmは余裕をみた方がよいでしょう。プーマのスニーカー自体が細めなので他のメーカーのスニーカーからプーマのスニーカーに変える場合は+1cmで大体合いますが、ドリフトキャットであれば+2cmにした方がよいでしょう。

・返品交換しました

NGRY スタースリッポンが履きやす過ぎたのでドリフトキャットの返品も考えたのですが、サイズを1cm大きくして交換する事にしました。残念ながらプーマストアは交換の送料が無料ではなく普通に宅急便などの送料がかかります。送られてきたのはサイズはちょうどだったものの箱はボロボロで交換用の在庫から送られてきたものと思われます。


ボロボロの箱で送られてきました


スニーカー自体は無事でした

・交換したDrift Cat 5 ACを見てみる

まさか自分の足のサイズ+2cmのスニーカーを買う日が来るとは思ってませんでしたが、サイズはちょうどでした。足自体が海外の方の様に元々細身であれば小さめのサイズでもいけると思いますが、ドリフトキャットはかなり細めなのでなるべくストアなりで試着をおすすめします。


前から


後ろから


ソールを前から


ソール後ろ側


横から

・実際に履いてみて

細身なのでサイズは合っていても履き始めはかなりキツめに感じますがすぐに足に合ってきます。SoftForm+でインソールが柔らかめとはいえソール自体は非常に硬い素材なため階段などを降るとソールからのゴツゴツ感を感じます。歩いているときは普通ですし運転時はこの硬いソールが靴底からの感覚が敏感になるので非常に優れています。なによりベルクロなので面倒な靴紐を結ぶ必要がないのが良いです。雨には弱いようで少し濡れた路面だとすぐにつま先の方が濡れてくるので、晴れた日に履くもしくは車にすぐに乗り込む方にはよいでしょう。


カーボン柄のかかと部分

・まとめ

PUMA Drift Cat 5 ACはベルクロで履くのも楽でソールが固めに感じるもののインソールが柔らかめなのもあり普段履きにも使えるスニーカーです。見た目もよく車やカートを運転するには最適なソールなので、車好きの方などには最適なスニーカーです。スニーカーはすぐサイズアウトしてしまい定番として同じ物が発売され続けるかはわからないので、気に入ったもしくは気になるモデルがある場合は無くなる前に早めに手に入れてしまいましょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA