【健康】中性脂肪をさげるにはDHAを摂取が必須だけど気をつける事など

        

Twitterで最新情報をお届け

– 健康診断を受けよう

会社勤めの方は1年に一度は強制的に健康診断や人間ドックを受けているかと思います。フリーランスや自営業の方でも1年に一度は受けた方がいいですが、時間が撮れないのであれば近所の病院で10分もかからず終わるのでまずは血液検査だけでも受けてみて下さい。自分は健康だなんて思っていながらも、血液の数値と血圧などをみるとご自分の身体がどういう状況なのかかなりわかります。特に日本は季節を問わず美味しいものが沢山ありますし、中性脂肪の値が上がりやすい環境にあるかと思います。

4ヶ月中性脂肪を落とすチャレンジを続けた結果はこちらのリンク

– 中性脂肪を下げるには

中性脂肪やコレステロールなど高めの方は健康診断などで必ず”運動してますか?”と聞かれると思います。これらを下げるには運動して体重を下げるのが一番です。しかもやるからにはランニングや水泳などスポーツと共に出来る限り効率的に中性脂肪を下げたいですよね。中性脂肪を下げるのに効くとされているのはDHAやEPAなどです。主に青魚に多く含まれるとされている成分で日々魚を食べない方にはより効果があると思います。

– 前は平気だったのに

私は体質的にコレステロールは全く問題ないですが、気を抜くと中性脂肪がすぐに上がります。日本に戻ってきたら一気に中性脂肪が上がったのでそこでDHAを摂取する事にしましたが、海外に居る時平気だったよなと思ったら実はいつも摂取していました。DHAと言う名前はそれほど浸透しておらずOmega3やFish oilなどと書かれて売っています。もちろん海外在住の時は今よりも野菜とフルーツ中心の生活だったので、Omega3だけの効果ではないと思います。血液の値など変わるには必ずどこかに理由がありますので、最近の食事の傾向や環境の変化など気にしてみて下さい。今回はいろいろと調べて前も飲んでいたDHCのDHAのと小林製薬の納豆キナーゼEPA DHAにしました。

– どう摂取していくのか

これもサプリの時にも書きましたが、なんでも摂取し過ぎはよくないです。特にダイエットを始めた方は食事も気にして青魚や豆類など多く摂取し始めていると思いますし、DHAも日々の食事から取るのが一番です。なので今日は飲み会で焼き肉だったら1粒飲むとかそういった感じで摂取するのがよいと思います。毎日決まった量を飲むとそれに依存しがちになりますしおすすめしません。黒烏龍茶を飲んめば暴飲暴食してもチャラになるわけないのです。あくまでも普段食事等に気を使いそれの補助に摂取していきましょう。私は魚を取らなかった日にDHAを豆類などを食べなかった時に納豆キナーゼを”1粒ずつ”摂取しています。

dha_dhc_001dha_koba_001

– 成分をよく読もう

サプリメント類って安くないですよね。瓶入りのを買って中身の8割がコットンだったりして騙されたと思ったり。DHCがパック入りのを出してからこの手のタイプしか買わなくなりました。そこで買う前に成分をよく見てみましょう。メーカーによっては大量に配合書いてあるけど実は1日分4粒での量だったりします。若干値段が高めも実は1日1粒で十分だったりするのは粒の数が少なくても実はお得だったりします。もちろん取り過ぎない事を気をつけるにも、1日の摂取が1粒でない方が摂取量を調整しやすい利点はあります。

– とにかく動こう

サプリに頼るのもいいですが身体を動かすのが何にしても一番です。私はとにかくよく歩きますが、今はスイミングにはまっています。気楽に1人で始められそれほど予算も必要ないよいスポーツだと思うので中性脂肪を下げたい方にもおすすめします。これから泳いでみようとする方はこちらを参考にして下さい。

– 追記

これを書いてから4ヶ月間水泳を続けならがDHAサプリなどを摂取し一気に驚くほど中性脂肪の値を下げる事に成功しました。経過など含め詳しくこちら(リンク)に書きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA