【カメラ修理】ミノルタ Hi-Matic Eシルバーのモルト交換をしました【minolta】

        

Twitterで最新情報をお届け

- minolta Hi-Matic Eの修理の仕上げ

レンズボードをおろしてレンズ清掃をしましたが、光線漏れをしてしまったら撮影になりません。今回は古いモルトの清掃と新しいモルトへの貼り替え方などを書いていきます

– モルト交換をする

ジャンクカメラなどを手にするとモルトが劣化したり腐食している場合がほとんどだと思います。カメラの整備などをして動作の確認が出来たら最後に行うのがこのモルト交換です。minolta Hi-Matic E(ハイマチックE)のモルト交換は貼る範囲も広く細く長いモルトも必要になるので焦らずやりましょう

必要な道具などは以前ハイマチックEのブラックのモルト交換をした時の記事に書いてるので参考にして下さい。

100均用品を使ってハイマチックEのブラックのモルト交換をした記事はこちらです

– 状態を確認する

まずは裏蓋を開けて現在の状態を確認します。モルトがベトベトになって残っている場合と、もう既に風化してほとんどついてない場合がありますが、今回のハイマチックEの状態はまさに後者のすでに前のモルトが残っていない状態でした。この方が清掃自体は楽になるのでラッキーでした。


裏蓋をあけてフィルムボックス内を確認する

– ゴミを飛ばす

ブロアで現状のゴミやホコリを飛ばします。ブロアを吹く時は吹く対象を下にむけてゴミが落ちやすくします。大きめのゴミなどはピンセットなどで取り出すのもよいですが、ハイマチックEの場合は後ろのレンズ(後玉)、一眼レフカメラの場合はシャッターが傷つかないように注意にしましょう。


ほとんど既に剥がれ落ちていました

– 養生をする

レンズ側に清掃時のゴミなどが入らないようにマスキングテープなどを使って養生をします。


レンズを保護します

– 古いモルトを清掃

ハイマチックEやミノルタの多くのカメラのモルトはボディ側の細いレールの中に貼ってあり細かい部分を清掃する必要がなります。クラシックカメラの場合は前のオーナーもしくはサービスセンターがモルト貼り替えを行ってる場合が多く、両面テープを使用している場合と接着剤が使用されている場合があります。清掃は両面テープだった場合の方が楽なので次のオーナーもしくは自分でモルト交換する事も考えて両面テープを使用します。清掃には無水エタノールが便利ですので、それを100円ショップのコスメ用注射器に入れて使用します


無水エタノールを100均のコスメ用注射器に入れて使用します


注射器を使用すると細いレール部分も清掃しやすいです

– 清掃時に確認する事

モルトを綺麗にする時に元々モルトがついていたところが汚れで目立っていたり、裏蓋側にモルトの腐食で金属部分が傷んでいるところなどがあると思います。この部分がまたモルトを貼る場所ですので、清掃する時にはこの綺麗にした部分を覚えておきましょう。


ペーパーで溝を綺麗にします


汚れはあるもののゴミはそれほど出ませんでした

– モルトの切り出し

今回もモルトはフエルトを使用します。フエルトは100円ショップでも手に入り毛羽立ちにくく金属も腐食させづらいので安い素材の中ではおすすめです。真っ直ぐ切り出せるようにロータリーカッターと鉄定規を使用しましょう。レール部分は細いモルトが必要になりますので長めに切り出しておきましょう。


両面テープをフエルトに貼りロータリーカッターで切り出します


細く切り出したモルト(フエルト)

– モルトの貼り付け

切り出したモルトは長さを大体合わせてから貼り付けて最後の仕上げに長さを合わせると楽に長さが合います。貼る場所で注意するのはフィルムのパトローネ部分で長く貼りすぎると裏蓋が閉まらなくなります。レールが細く慌てて貼るとずれて横になってしまうので、ゆっくりと貼りましょう。どうしてもうまくいかない方は清掃の時に使った無水エタノールや水で濡らしてから貼ると貼りやすくなりますが、無水エタノールの場合に濡らしすぎると両面テープの糊が溶けてしまうので注意が必要です。


レール部分のモルトは長めに切り出して合わせていきます


ヒンジ近くの大きなモルトも貼ります

– 完成

レンズとファインダー清掃も終わらせ、モルトを交換した事でこれで撮影に使う事が出来るようになりました。実際に撮影するとと露出が全て自動とは思えないほど綺麗に写ります。


モルトの全てを貼り終えて完成です

– まとめ

日本メーカーのフィルムカメラは基本的にモルトを使用しているので、中古カメラを手に入れた時や使い続けた時にモルト交換が必要になります。モルトが新しいと撮影の時の光線漏れの心配もなくなりますし、それほど難しい事もなく道具なども100円ショップで揃えられるので、モルト交換の方法は覚えておいて損はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA