【カメラ】ミノルタ Hi-Matic Eに取り付けられるメタルフードを揃えてみました【minolta】

        

Twitterで最新情報をお届け

- minolta Hi-Matic Eのフード

カメラやレンズを手に入れたらまずプロテクター用にUVフィルターなどを取り付ける多いですが、私はいつもフードを探します。これはハレーション対策と言うよりはレンズの保護用で、もちろん見た目がよいと言うのもあります。今回は格安のライカ風メタルフードからミノルタ純正のメタルフードを揃えたので、使い勝手などを書いていきます。

– スリット入りメタルフード

minolta Hi-Matic E(ハイマチックE)に似合うフードを探していましたが、やはりレンジファインダーフィルムカメラにはスリット入りのメタルフードが似合います。スリットが入っているのはライカ風と言われれるタイプで、格安な品がかなり出ています。スリットが入っているのは意味があり、一眼レフカメラと違いレンジファインダーカメラはファイダーからレンズが見えるので、なるべく視界がふさがれないようにするためです。


格安で売られているライカ風メタルフード


ブラックボディにメタルフードが似合います

ハイマチックEのフィルターやキャップなどのアクセサリーの記事はこちらです

– ちょっと改良

ハイマチックEのフィルター取り付け径は49mmとなります。フードを作ってる会社も見分けやすいように無駄に白で大きく49mmとフード本体に書いてくれています。これはさすがに格好よくないので黒く塗りつぶす事にしました。


白の文字がいけてません


文字を塗りつぶしました

– ミノルタ純正メタルフードその1

ジャンク屋などを巡りミノルタ純正のメタルフードD52NDを見つけました。これはMC Rokkor 55mm F1.7用のメタルフードでMC Rokkorは基本的にフィルター径が55mmですがこれは目珍しく52mm用です。フィルター取り付け径が49mmのハイマチックEにはそのままでは取り付けられないので、49mmを52mmに変換するステップアップリングを使用します。ステップアップリングはいつもマルミ製のを使用していますが、フィルターメーカーなのもありトラブルなく安定しています。


MC Rokkorレンズ用のメタルフィルター


49mmを52mmに変換するステップアップリング(マルミ製)

– D52NDを取り付ける

49mmを52mmに変換するステップアップリングを使用してメタルフィルターのD52NDを取り付けます。元々画角が55mm(フィルター径ではなく画角)のレンズ用でしかもハイマチックEのフィルター取り付け径が細いので、フードが写真に映り込む(けられる)事はありません。スリット入りよりはファインダーにかぶりますが見た目もよく使えるメタルフードです。


ステップアップリングリングだけでもフードになります


旧ミノルタロゴがやはり似合います


ライカ風メタルフードと比べてみました

– ミノルタ純正メタルフードその2

別の日にまたジャンク屋巡りをしてミノルタの純正メタルフードのD54KEを見つけました。 こちらもミノルタ MC Rokkor 55mm F1.7用だと思われますが、ねじ込み式ではなくかぶせ式となり、レンズ沈胴にかぶせて横についているネジで固定するタイプのメタルフードです。


同じミノルタのメタルフードのD52NDと比べてみます


ねじ込みではなくかぶせ式です

– D54KEを取り付ける

こちらもフィルター取り付け径が52mm用なので、49mmを52mmに変換するステップアップリングを使用します。かぶせ式なのでレンズ沈胴にかぶせてネジを締め込むと取り付けられます。レンズに直接取り付けるよりステップアップリングに取り付ける形になり、レンズに傷がつかずよりよさそうです。かぶせ式のため逆向きにつける事も可能で持ち運ぶ時用にコンパクトになります。こちらは対応レンズが似たタイプのためD52NDと同じような使用感ですが、かぶせ式のためミノルタのロゴを好きな角度に取り付けられるのでより格好よく見えます。


D54KEを取り付けました


逆に取り付けるとコンパクトになります

– ミノルタ純正メタルフードその3

今度はMC Rokkor 50mm F.14とF1.7用のメタルフードを見つけ、こちらのフィルター取り付け径はMC Rokkorの標準の55mmとなります。こちらはメタルフードでも内側が反射防止の植毛がしてありサラサラした感触です。ホコリなどが付きやすいのですが、マスキングテープで軽く叩くとすぐ綺麗になります。


MC Rokkor 50mm用のフード


マルミのステップアップリング

– MC 50mm用メタルフードを取り付ける

取り付け径が55mmとなるので、49mmを55mmに変換するステップアップリングを用意します。画角が50mmで取り付け径も大きいのでハイマチックEに使用しても写真に映り込む事はありません。比較的新しいからか長さも短めでデザインもよくミノルタ純正のメタルフードの中では1番気に入っています。この後別途MC Rokkor 50mm F1.4も手に入れました。


マルミの49mmを55mmに変換するステップアップリング


ハイマチックEのブラックに取り付けてみました


ミノルタのメタルフード同士を比べてみました

– 3台並べて

3つのハイマチックEに3つの純正メタルフードが揃ったので並べてみました。ミノルタ純正の中だとMC 50mm F1.4/F1.7用がハイマチックEには似合っています。


3台のハイマチックEと3つのミノルタ純正メタルフード

– まとめ

純正のメタルフードは探すとまだまだ店で見かける事もありますが、この手のアクセサリーも減っていく一方なので見つけたらあまり高価ではない限り手に入れてしまうのがよいと思います。レンジファインダーにはやはりスリット入りのライカ風メタルフードがいいと言う方は、安価ですし傷を気にせず使え撮影もはかどるので1つ揃えてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA