micro USBが両面で使えてiOS対応のLightning端子にもなってるケーブルが便利過ぎる

        

Twitterで最新情報をお届け

・iPhoneもandroidスマートフォンも充電出来るケーブル

スマートフォンとタブレットでiOSとandroidの両方を使っている方は充電の端子が同じだったらと一度は思う事でしょう。Lightningケーブルは裏表の両面どちらも使用出来て差し込むのも便利ですが、micro USB端子はそうはいきません。これをうまく考えてmicro USB端子も両面対応にしたアイデア物のケーブルにしたので、実際の使い勝手などを含めて書いていきます。

・micro USB両面対応ケーブル

iPhoneやiPadなどの充電に使用するLightning(ライトニング)コネクターは裏表どちらも使えますが、micro USB(マイクロUSB)は上下非対称な事もあり両面対応が出来ず差し込む時に何度も裏返した覚えがある方も多いと思います。今回手に入れたケーブルはLightningもmicro USB端子の両方が裏表の両面で使えしかもアダプターの切り替えなど一切いらないとても便利なケーブルで、これ1本でメーカーを問わずスマホとタブレットの充電とデータ転送が出来てしまいます。


パッケージ


グレーとレッドにしました

・ケーブルを見てみる

高耐久の充電ケーブルによくある皮膜は編み込みになっていて、端子の作りも安っぽくなく質感がよいです。ケーブル自体は若干太めでしなやかさにはいまいちなので、取り回し重視と言うよりは破れにくい強度重視と言った感じです。長さは両色とも1メートルの物にしました。これはこの手の充電ケーブルではスタンダードな長さでしょう。


作りのよいケーブルです


長さは1メートルです

・以前のケーブルと比べてみる

これまで使っていたのはmicro USBケーブルにLightning用のアダプターがついてる物で素材も柔らかく便利だったものの、どちらかを使う時にやはり切り替えが必要でした。しかもプラスチック製だったため充電中にiPhoneを繋いだまま負荷をかけるとすぐにLightning端子が根元部分から折れてしまい結局micro USBケーブルとして使っていました。


micro USBにLightning端子アダプターがついたケーブルとの比較

・アイデア物の端子

何より特徴的なのはこの端子の形状です。最初はLightningとmicro USB端子を入れ替えるのかと思っていたら既に両方に対応していました。これがよく考えたものでmicro USBの台形部分は無視して端子だけに接触するよう楕円形状になっています。Lightningは元々裏表の両面で使えるように作られていますが、まさかその端子の内側をくり抜いて裏表の両面で使えるmicro USBにするとは思いもよりませんでした。


先端が特殊な形状でmicro USBも両面対応になっています

・実際に使ってみる

iPhoneとandroidスマホに接続してみました。カチッとはまりもよく充電とデータ転送に問題はありませんでした。格安のケーブルだと片面しかデータ転送が出来ないケーブルもありますが、このケーブルではどちらの面でも充電とデータ転送が可能でした。


iPhoneとZenfoneに接続してみました

・気になる点

Lightning端子は深くはまりますが、micro USBの場合は端子が深くはまらず少し端子が見える状態になります。そしてスマートフォンを充電しながら使うには端子が左右にずれる事もありケーブルも若干太く取り回しに劣るので、枕元で充電しながら使ったりする場合には通常の充電ケーブルにした方がよいでしょう。普通に寝る時や充電しておいておきたいだけであれば全く問題なく動作しますし、旅行などに行く場合に持っていくケーブルが1本で済むのは魅力です。


micro USBの場合は浅めにはまります

・気に入ったので追加注文

最初はお試しくらいで手に入れましたが、使ってみるとLightningかmicro USBのどちらかを気にせずかつ裏表の両面で充電に使えるので、タブレットやデジカメを充電するケーブルにも使用する事にしました。色はピンクとゴールドにして1本は2メートルの長いケーブルにしました。


パッケージです


ウミヘビのような見た目です

・2メートルのケーブル

場所によっては長めのケーブルも必要になりそうなので、2メートルの物も使ってみました。ケーブルは太さがありしなやかと言うほどではないですが、どこでも充電するために届くのは便利です。


ゴールドの方は2メートルと長いです


計4本になりました

・まとめ

iPhoneやiPadなどのLightning端子とandroidやデジカメなどの充電に使えるmicro USB端子に対応していてしかも裏表両面で使用出来るとても便利なケーブルです。ケーブルが若干太く取り回しのしなやかさがいまひとつだとしても各機種の充電ケーブルを1本にまとめられる便利さには敵いません。充電用のUSB端子に限りもありますし、充電ケーブルだかけになる前に1本は用意しておきたいケーブルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA