格安ライトニングケーブルが本当にデータ転送が出来るのか試してみた【iPhoneとiPad】

        

Twitterで最新情報をお届け

– 非純正ライトニングケーブル

アップル純正のライトニングケーブルを何本を揃えるのはコスト的に大変ですし、かと言ってアップル純正1本だけで出先から全てをまかなうのは無理があるので、格安のライトニングを試してみました。せっかく買うならAndroidやデジカメの充電などに使えるMicro USB端子もついていた方が便利なのでMicro USBケーブルにもなる商品を選んでみました。

– ライトニングケーブルからMicro USBケーブルに変身

ライトニングの端子を引っ張るとMicro USB端子が現れます。しかもケーブルからはずれない設計なのでアダプターを無くす事がありません。これでiPhone、iPad、Android、デジカメ、モバイルバッテリーの充電がこのケーブル1本で出来るようになりました。鞄にモバイルバッテリーと共に入れっぱなしにしていますが今まで運んでいたアダプターや純正ケーブル類がなくなり荷物が少なくなったのがいいです。Anker E1モバイルバッテリーを使用していますが、問題なくこのケーブルで充電できました。

lightning_h_002lightning_h_003

– どこのケーブルか

はっきり言って色の派手さとMicro USB端子も使えるってだけで選んだのですが、Hanye Techと言うメーカーの格安ライトニングケーブルです。ケーブル長も1メートルあり充電しながら使う時などに便利です。質感はさらさらした素材で使った感じもよく傷もつきづらくいい感じです。

– データ転送は可能か

これがあっさりと言うか純正と変わらず普通にMacをiPhone 6に繋いでデータ転送が出来ました。100均のMicro USBケーブルなどだと充電のみ対応の場合が多いですが、このHayne Techのライトニングケーブルは問題ありません。出先でiPhoneからデータを送ったりする時に純正ケーブルを持っていかなくてよくなったのでデータ転送機能はありがたいです。

– 3色揃えてみた

すっかり気に入ってので普段持ち運ぶ用などに3色揃えてみました。写真にあるように両側に端子カバーがついているので持ち運ぶ機会が多い方でも端子で大事な機材などを傷つける事がないので安心です。あと黄色の緑を買うとコンプリートするようなので必要になったら追加してみます。

lightning_h_004
– 気になる点とまとめ

無理やり1つ言うなら持ち運び用に30〜50cmの長さのもあったらうれしいです。それ以外は値段も安くとても気に入っています。最近は安めのApple認証のMFiも出始めていますが、それよりも安くデータ転送が出来てMicro USBケーブルとしても使いたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA