【カメラ修理】コニカ C35のCdSを交換したら完全復活しました【Konica】

        

Twitterで最新情報をお届け

– Konica C35のCdS交換

手に入れたものの露出計不良で放置していましたが、よく調べるとCdSが劣化しているのがわかり交換する事にしました。CdS交換により今は完調になっていますので、CdSの交換方法の手順などを書いていきます。

– 露出計不良

コニカC35(C35)の初期型を手に入れたものの、露出計が動かずパーツ取りにでもしようかと思っていたのですが、よく調べると電池を入れた時に露出計の値が振り切っているのに気が付きました。これはCdS不良で抵抗がなくなっているせいなので、CdSを交換して復活させる事にしました。これで直ればコニカ C35 Flashmatic(C35フラッシュマチック)と2台体勢になりますので、是非復活させたいところです。

C35の使い勝手などの記事はこちらです


CdSを交換するのにここまで分解しなくても出来ますが、ついでにレンズ清掃も済ませる事にしました

– CdSとは

*すぐにCdS交換をしたい方は飛ばしてください

CdSはCdSセル、硫化カドミウムセルと言われる光の強さによって抵抗値が変わ光導電素子です。身近なところだと暗くなると自動でつくライト用のセンサーなどに使われています。この光の強さによって抵抗値が変化するのを利用して主に1960年代後半~1970年代中頃までのカメラの露出計に使用されています。C35などの電池はこのCdSを利用した自動露出(シャッタースピードと絞り値の制御)に使用されており、明るいところでより抵抗がなくなる性質を利用して抵抗が少なくなるほどにシャッタースピードを速く、絞りを絞る方向に変化させています。

– CdSの特性

*これもすぐにCdS交換したい方は飛ばしてください

C35の発売と同じ時期の機械式一眼レフカメラであるミノルタ SR-TシリーズやPentax SPなどの電池はCdS露出計のみに使われていて、シャッタースピードの制御等には使われていません。勘違いされている方がいますが、CdS自体は電池が無くても単体で抵抗値が変わります。実際にCdSを直接テスターにつないでライトを当ててみると抵抗値が変化するのがわかります。この抵抗値が変化するところに電気を流す事によって流れる電流の変化でメーター(コイル)の指す値を変えシャッタースピードなどの制御をしています。C35もそうですがローライ35などスイッチがついてないCdS露出計がついているカメラはケースをつけていないと電池が消費してしまいます。そのためケースに入れたりレンズキャップをつけて片付ける方が多いかと思います。(ローライ35はレンズ沈胴にCdSがついてないので、ケースに入れる必要があります)ただ、CdSは暗部に置いておくと劣化する特性があります。なので、実際はCdSを光に当てておいた方が長持ちすると考えられます。もちろん光にあてると電池は減る(電池は露出計の針を動かすのに使われる)ので、長期保管する時は電池を抜いてケースに入れずに保管するのがよいでしょう。

ローライ35の記事はこちらです

– 交換用CdSを用意する

交換するからにはCdSが必要になります。EUなどの規則でカドミウムが含まれる製品は輸出出来ないので最近の製品には使用出来ませんが、単体であれば普通に手に入ります。値段も1つ30円、4~5個で100円と言ったとことです。今は探しても5mmと11mmタイプしかないと思うので、C35の露出計用には5mmの方を使用します。今回は買い出しついでに新しいワニ口クリップとテスターも手に入れてきました。


用意したCdS


ワニ口クリップ


カメラ整備用には配線が細めの方が便利です

– テスターを新調する

ずっと愛用してきたデジタルテスターが完全に壊れてしまい、テスターも新調する事にしました。カメラ修理の基本的な事に使用するテスターはそれほど高い物である必要はありません。機能としては断線を調べるための抵抗値がわかり、1.5Vの電池チェッカーがあれば十分ですが、この機能がついてないテスターはまずありません。数値の見やすさやなどはアナログテスターの方が上なので、初めてのテスターであればアナログの針が動くタイプをおすすめします。


格安のアナログテスター


シンプルで使いやすく、樹脂製ケースで絶縁されます


古いデジタルテスターとの比較


本体裏側

– CdSの状態を調べる

元に付いていたCdSをテスターで調べるとやはり光の強さを変えてもずっと抵抗値がゼロのままです。これでは露出計として使用出来ません。CdSの交換には半田ごてが必要なので、CdSがついているリング自体をはずしてしまいます。これをはずすとレンズや他の部分のクリーニングが楽になります。


CdSのついていたリングをはずしました

– レンズを清掃する

せっかくレンズをすぐはずせるところまで到達しているので、ついでにレンズもクリーニングする事にしました。C35系はレンズをはずすとフォーカス(ピント)の調整が必要となるので、レンズが綺麗な場合はそのままにしておいた方がよいです。フォーカス調整はCdSがついていたリングがはずれたままの方が楽なので、レンズをクリーニングする場合はフォーカス調整を先に済ませた方がよいです。

レンズ清掃とフォーカスの調整の記事はこちらです


レンズの清掃もします

– CdSの動作確認をする

いきなり半田で取り付けて動かないとこまるので、手に入れたワニ口クリップを利用してカメラの露出計が動くかを確認します。CdSに極性はないのでプラスマイナスのどちらに付けるかの方向性はありません。新しいCdSをつないでみると露出計が動きだしました。もう1台のC35フラッシュマチックと同等の値を指すので特性も問題ないようです。

C35フラッシュマチックの記事はこちらです


無事に露出計が動き出ししました


いったんCdSをはずします

次のページでは各部の清掃とCdSの取り付けを行います。次のページこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA