【市民スイマーでいこう】 これから泳ぐ人におすすめのスイムグッズ

        

Twitterで最新情報をお届け

– どこで泳ごう

水泳してる方はどこで泳いでますか?市営や区営のプールやジムなどかと思います。これから泳いでみよう、もしくは久々に水泳復活なんて考えている人は、入会金や月謝もかからないお近くの市民(区民)プールで試しに泳いでみる事をお勧めです。どんな感じで泳いでくべきかなどはこちらの記事に書いてあります。

– 流行りの水着じゃないと恥ずかしい?

水着も昔に使っていたので全然問題無いです。流行りはあれど市民プールですし格好を気にする事はありません。ちょっと泳いでみて続きそうだったら格好いい新型水着などに変えるくらいの感じがいいでしょう。

– お気楽3点セット

全く泳ぐ道具を持ってない方は水着、キャップ、ゴーグルを用意しましょう。大体のプールはキャップをつけないと泳げないと思います。大型スポーツ専門店などでは3点セットや、水泳専門店などで型落ちのを安く売っているので、好きな色やメーカーで選べばよいかと思います。3点セットですとスピード、アリーナ、ミズノあたりのがよくあるかと思いますし、この辺のを選んでおけば長く使えるし安心です。余裕があるからと言って一番高い競泳用を買うと着づらいすぐ傷むと良いことは無いので、普通のトレーニング用やシニアスイマー向けとうたっているのを買うのがおすすめです。私が買ったSpeedoの3点はこちらに、Arenaのセットはこちらに書きました。

ゴーグルが大事

ゴーグルは無くても泳げますが、集中して泳ぐのに一番重要なのはゴーグルです。顔に合わずゴーグルに水が入ったりしてると集中力と共に泳ぐペースがガクッと落ちます。まず最初のゴーグルとしておすすめなのは普通のクッション付きゴーグルです。ノンクッションのはかなり慣れが必要なので2つ目以降にするのがよいです。クッション付きも専門店などに試着用があるので試してみると視界の広さなどわかります。女性向けに顔にゴムのあとがつきづらいゴーグルなど出ていますし、用途に合わせて選ぶのがよいかと思います。レンズがミラーかクリアかは好みでいいですが、ミラーは見た目がやはり格好いいですよね。ほとんどの方が室内プールで泳ぐでしょうし、おすすめのレンズカラーはブルーです。ゴーグルの専門メーカーとしてはViewやSwansなどがありますが、日本のメーカーは日本人の顔の形を考えて使っているので掛け心地がよいです。

Viewのゴーグルのレビューはこちら

Arenaのゴーグルのレビューはこちら

– キャップはメッシュかシリコンか

大体のプールではキャップ無しでは泳がせてもらえないと思います。私もキャップを忘れて現地で買った事があり、使わないメッシュキャップがいくつかあります。長時間泳ぐ方は練習用のメッシュキャップで、塩素で髪の毛が傷むのを気にする方などはシリコンキャップがよいかと思います。私はシリコンキャップで1時間ちょっと泳ぎますが、休憩の時にはずしてますし頭が蒸れるとかはないです。これも色やデザインで選べばいいですが、シリコンキャップのおすすめはArenaのレース用のでこれはとても薄くてかぶった後に1時間泳いでも全くズレません。私はシリコンキャップをきちんとかぶって泳いだ時の抵抗のない感じがとても好きです。どちらか選べないなんて方はシリコンとメッシュを合わせた2Wayキャップなんてのもあります。

– 水着はどうしよう

水着の事を一番下に書いていると言うことは、ゴーグルやキャップに比べると重要度は若干低いです。必要無いと言っているのではなく、高いの買ったからと言って速くは泳げないからです。シニアスイマー向けの水着はハイエンドの競泳用に比べると履き心地がよかったりしますが、やはりトレーニング用水着に比べるとかなり傷みやすいです。男性の水着の傾向としては仕事帰りにちょっと泳ぐ方はスパッツタイプ、ライフガードや競技としてやっていた方は派手なカラーのボックスタイプ(トランクスみたな形)が好まれるようです。大会前に貸し切りしている学生グループの方などは試合に備え競泳用の水着を着ている事が多いです。とんでもなく速く泳ぐかたはとんでもなく凄い距離を泳ぐのでスパッツタイプでは1ヶ月で傷んでしまうのもありボックスタイプを好みます。女性の方はファッショに敏感でしょうしお好みでよいと思いますが、下がスパッツのももまで隠れるタイプが歩いても泳いでも良しなのでおすすめです。

Speedoの水着セットのレビューはこちら

Arenaの水着セットのレビューはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA