【レビュー】ブラウンの電動歯ブラシの替えブラシのブラックをGenius 9000につけたら断然見た目がよくなりました

        

Twitterで最新情報をお届け

・ブラウンオーラルBの替えブラシ

ブラウンの替えブラシのほぼ全種類を使用したなかでマルチアクションブラシにブラックがあるのを知り今回同じブラック本体に合わせて選んで見る事にしました。純正や互換品などとの比較や使い勝手などを含めて書いてきます。

・マルチアクションブラシブラック

マルチアクションブラシは比較的新しいブラシで最近のBraun Oral-B Geniusなどに標準で付属しているブラシです。通常はホワイトのみの展開ですが、このマルチアクションブラシだけ本体カラーに合わせてブラックが用意されています。

メーカーによる詳細はこちらです


パッケージ


パッケージ後ろ側

・開封する

大手の家電製品ストアで日本の正規品を購入したので、当たり前ですがパッケージは日本語のものでした。そこで紙のパッケージを開封したらよく海外のファーマシーに売っているラックにぶらさげるタイプの海外版のパッケージが出てきました。ブラウンの製品は素晴らしいですが、この辺どうなんだと言った感じです。


海外版のパッケージ


パッケージ後ろ側

・改めて開封する

海外版のパッケージを開封するとようやく商品が出てきましたが、ここでもまた小分けのパッケージが出てきます。この辺も簡素化して価格を下げたらどうかと思います。今回購入したのは2本セットで正規品ですとそれしか選択肢がありますんが、海外版だと4本セットと8本セットがあります。


2つセットです


パッケージ後ろ側

・ブラウンジーニアス9000

Braun Genius 9000に買い替えて少し経ちますが、新しい電動歯ブラシはパワーもあり非常に気に入っています。付属のマルチアクションブラシが今までのブラシの中でも一番よかったので最近はマルチアクションブラシのみを使用しています。それまでは長期間歯間ワイパー付ブラシとOral-Bホワイトニングブラシを交互に使用していました。現在使用しているマルチアクションブラシはカラーがホワイトでGenius 9000を購入した時から色がマッチせず唯一残念な点でした。ブラックあるなら最初からブラックのブラシを付属すべきでしょう。メーカーのウェブを見るとジーニアスXのチタニウムグレーにはブラックのマルチアクションブラシが標準で付属になったようです。

【レビュー】Braunの電動歯ブラシGenius 9000にしたら進化に驚き歯がピカピカつるつるになる


ホワイトの純正ブラシが付いています


ブラシ側から

・ブラックのブラシを見てみる

色違いなだけなので形状は全くホワイトのマルチアクションブラシと一緒です。リングをはめる部分がホワイトになっていますが、ここはリングをはめたら隠れます。マルチアクションブラシはブラシが斜めに出ていてこれが回転するのでよく歯が磨けるようです。


右側は色分け用のリング


ブラシ側から

・純正ブラシ同士を比べてみる

歯ブラシで黒と言うのは珍しいですが、デザインもシックで締まって見えます。もちろん新品なのでホワイトの方と比べるとブラシ部分が広がっていません。数ヶ月使用してブラシ部分の色が薄くなったり広がって来たら替えブラシの交換時期です。


右は使用したブラシです


右側は交換時期です

・替えブラシに色分けリングを取り付ける

色分けのリングを替えブラシ本体に取り付けます。特に取り付けなくても使用可能ですが、このリングはブラシを取り替えて家族で本体を共用する場合にどのブラシが誰の物かわかるようにするためにあります。


リングを取り付けました

・ブラックのブラシを取り付ける

ブラックの替えブラシをGenius 9000本体に取り付けると、本体がブラックなだけに非常にマッチしてホワイトのブラシの時より断然スタイリッシュになりました。ブラウンの電動歯ブラシ用の替えブラシの取付部は昔から変わらないため、数多いブラシが使用出来ます。マルチアクションブラシも本体から取り外したら挿すだけで簡単に取り付ける事が出来ます。この時に必ず電動歯ブラシ本体と替えブラシの根本部分に隙間が残らないようきちんと奥まではめましょう。きちんと挿し込まないとノイズや振動が出てしまい故障の原因になるので取り付け時は気をつけましょう。


ブラックのブラシを電動歯ブラシ本体に取り付けました


ブラシ側から


スイッチを入れるとLEDが光ります

・互換ブラシと比べてみる

インクジェットプリンターの格安互換カートリッジの様にブラウンなどの電動歯ブラシには互換ブラシと格安な物が多くあります。ちょうどマルチアクションブラシの互換ブラシがあったので並べてみましたが、互換ブラシは作りがいまいちでブラシが綺麗に揃ってなく使用前から使用後のような状態です。オンラインショップなどで購入出来ますが、これやっていけるのかと思えるくらい安く純正ブラシの価格の1/10だったりします。欧米ではブラウンの商品は近所の普通のドラッグストアで本体も替えブラシも日本よりかなり安く売っているで、日本でもプリンターインク商売はやめて純正ブラシだけでも安く出してもらいたいところです。

【レビュー】ブラウンの電動歯ブラシ用の互換替えブラシを試してみました


右が互換ブラシでOral-Bのロゴがありません


ブラシ側から


ブラシ部分の比較

・使ってみて

Genius 9000を使用してからマルチアクションブラシをメインにしていてちょうど現在のブラシが交換時期だったのもあり、新しい替えブラシにしたら本体を購入時に磨いた感覚にすぐ戻りました。マルチアクションブラシをメインに使用しているからよいですが、現状ブラックの替えブラシはマルチアクションブラシのみなので、是非他のブラシもブラックを用意してもらいたいところです。

・まとめ

マルチアクションブラシは磨きやすく純正ブラシは比較的長持ちするので、Oral-Bの本体がブラックを使用してる方は道具の見た目もよくなれば磨く意識も増えるのでこの機会にお手持ちの電動歯ブラシをオールブラックにしてみてはどうでしょうか。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA