【レビュー】Arenaのスパッツ水着UROKO SKINマスターズSPで長期間泳いでみました

        

Twitterで最新情報をお届け

– スパッツタイプの水着

アリーナのBoxタイプのタフスーツとSpeedoの競泳スパッツタイプの水着を使用していましたが、今回アリーナのスパッツタイプを追加購入しました。最近は生地や用途によって様々なタイプの水着がありますので、実際に使ってみた感想などを書いていきます。

– アリーナ ウロコスキン

ArenaのUROKO SKINのマスターズSPと言うスパッツタイプの水着になり、モデル番号はSAR-3101Cとなります。(メーカーのリンクはこちら)ずっとどちらが商品名なんだと思ってましたが、どうやらUROKO SKINと言う商品のマスターズSPと言うタイプになるようです。形状は競泳っぽいですがFINAマークは無しの練習用の水着となります。日本記録か世界記録でも出さない限りFINAマーク付きである必要である必要はないので、国内のマスターズなど出る方であれば全く問題ないスペックです。(男性女性用両方のFINAマーク付きのUROKO SKINのリンクはこちら)FINAマーク付きだからと言って値段も大差ないので見た目が好みの方を選んでいいと思います。

arena_masters_sp_002
前から

arena_masters_sp_005
後ろはFINAマーク無し

– カラー

今回は青オレンジにしてみました。アリーナにしては珍しくロゴとマークが小さくていい感じです。

arena_SAR3101C_BUOG
写真は角度がついてわかりづらいので公式の写真

– 素材やサイズ

競泳用の水着は撥水効果が高いですが、これもウロコスキンと言う素材で撥水加工がされています。練習用に厚手とありますが普通のFINAマーク付きの水着と同様の薄さでタフスーツやトレーニング用水着に比べると薄い生地になっています。サイズはタフスーツと同じサイズを選んだのですが、競泳用と言う事もあり若干きつ目です。Speedoのスパッツタイプの同サイズと合わせてみても一回り小さいので、今の練習用水着のサイズがギリギリの方はワンサイズ上を選んだ方がいいかもしれません。私もかなり体重を落としたのであっさり着れましたが、前のままだったらこれを着るのは厳しかったかもしれません。とは言え水着はかなり伸びるので、まったく履けないと言う状況じゃない限り平気だと思います。私自信アリーナのタフスーツであれば1サイズ上も下も問題なく履けます。

arena_masters_sp_003
UROKO SKINとは微妙なネーミングです

arena_masters_sp_004
横から

– 気に入ったらすぐ買おう

水着は色違いが年に数回発売されシーズンが変わると半年〜1年前のモデルは相当な不人気でも無い限り一気に店からなくなってしまいます。セールを待っていてもMやLなどはすぐに売り切れてしまいますし、もしカラーやデザインなど気に入った水着がある場合はなるべく早めに買う事をおすすめします。私もこの水着を買うか結構長く悩んでいる間に在庫がなくりかけていたので急いで購入しました。あとはいつも行くプールに同じSpeedoの水着を購入した人が現れたのも理由のひとつです。

– アリーナの水着セットのレビューはこちら

– スピードの水着セットのレビューはこちら

– アリーナのシリコンキャップとクッションレスゴーグルのレビューはこちら

– アリーナのアクアフォース3Dソフトキャップとスプラッシュゴーグルのレビューはこちら

– まとめ

マスターズを目指している方や普段練習するにもボックスタイプはちょっとと思っている方にはこのスパッツタイプの水着は見た目もいいですしおすすめできます。やはり競泳用の水着ですしタフスーツなどに比べると傷みやすいので、とんでもなく距離を泳ぐ方は試合用にしたり普段の使用回数を減らすとよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA