【レビュー】Arenaの水着 タフスーツとゴーグルとキャップとタオルをまとめてセットで使ってみた

        

Twitterで最新情報をお届け

– アクアフォース3Dソフトキャップ

私は泳ぐ時は練習でもシリコンキャップを使用しています。髪の毛のダメージからまもりたいと言うわけではなく、とくに蒸れる事もなく気にならないので単に好みです。今までSpeedoのAqua-Vキャップを使用してましたが、泳ぐたびにずれるのが気になっていて、それが解消出来ればと思って購入してみました。(メーカのリンクはこちら)

– 最高過ぎるフィット感

最初に被ってみてピタっとする感じが今までのキャップとは別次元で、SpeedoのAqua-Vキャップはちょっと泳ぐとすぐずれるので何度もフィットさせ直してましたが、アリーナのアクアフォース3Dキャップは長時間泳いでも全くズレません。大体のプールが1時間に1回休みがあると思いますが、1時間泳いでいる間に一度もキャップに手をする必要がなくなり、泳ぎだけに集中出来るようになります。しかも超薄手で軽量なので持ち運びも楽です。スイミングショップの方にも良かったと伝えたらこのアリーナとミズノのシリコンキャップはとても良いとの事でした。Speedoのシリコンキャップを買うなら新しいFastskinのキャップをおすすめします。私も買いましたがAqua-Vキャップより全然進化しています。

arena_3d_cap_001
パッケージ


カラーはネイビーです

– サイズが特殊

これがアリーナキャップは頭まわりのサイズでのMとLではなく、深さでMとLにしているとの事で、頭のサイズは小さめでも深めに耳までかぶりたい方はLを選ぶとよいと思います。私もかなり深くかぶる方なのでLを選びました。

– キャップを2枚重ね

競泳試合をテレビなどで見ていると、シリコンキャップをかぶっていた選手がインタビューではメッシュキャップになっていたりする事があります。あれはキャップの中に入れたゴーグルのゴムがずれないようインナーキャップとしてメッシュキャップをかぶり上からシリコンキャップを2枚重ねでかぶっています。(インナー専用のキャップもあります)髪の毛が長い方もシリコンだと絡みついたりするので、一度メッシュキャップで髪の毛をまとめてからシリコンキャップをかぶるのも効果的です。

– 気になる事とまとめ

せっかく性能としては最高な商品ですが、とにかくArenaのロゴがでか過ぎます。メーカーは商品そのものをアイデンティティとするべきで、このよい製品に大き過ぎるロゴは本当に残念です。きっと担当デザイナーはロゴを小さくしたかったのに、デザイン室長に入れてしょうがなく大きくしたと思っておきましょう。FINA対応にするためにはロゴの大きさと数などが決まっているので、テレビ向けにその最大のサイズにしたのでしょう。

追記

新しいキャップを使用した各レビューはこちらです。
– Speedo Fastskinキャップのレビューはこちら
– アリーナの新しいシリコンキャップのレビューはこちら
– アリーナのメッシュキャップのレビューはこちら
– 再度同じキャップを購入したレビューはこちら
– アリーナの2ウェイシリコンキャップのレビューはこちら

次のページはタフストリームゴーグルについてです。(リンクはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA